オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

Macの標準機能で複数のPNGファイルを一気にJPEG変換する

Macの標準機能で複数のPNGファイルを一気にJPEG変換する

たくさんあるPNGファイルをJPEGに一気に変換したいというときがありませんか?

PNGファイルをひとつひとつ開いてJPEGにてちまちま書き出していくと言う方法ももちろんあります。

ファイルが少なければそれでもいいです。

しかしたくさんある場合はおそろしく時間がかかるでしょう。

Mac の標準機能「フォルダアクション機能」を使えば、ドラッグアンドドロップだけでPNGファイルをJPEGを変換してくれます。ファイルはひとつでも複数でもOKです。

このMacのフォルダアクション機能はとても簡単で便利です。

以下、スクリーンショットを用いて、フォルダアクション機能をご説明します。

Mac のフォルダアクション機能

まずデスクトップに新規でフォルダを作成します。名前は任意です。

20150202folderaction1

次にコンテキストメニューを出します。出し方は Control + クリック、またはマウスの副ボタンです。

下から二番目に「フォルダアクション設定」がありますので、これを選びます。

20150202folderaction2

さまざまなフォルダアクション設定が出現します。

スクリプト「Image – Duplicate as JPEG.scpt」を選ぶ

今回の設定の肝がここです。

20150202folderaction3

Image – Duplicate as JPEG.scpt を選び、[関連付ける]を押します。

20150202folderaction4

設定は以上で出来上がり。簡単です。

このスクリプトがユーザに変わって、JPEGにファイルを変換してくれます。

20150202folderaction5

フォルダアクション機能を用いてPNGファイルをJPEGファイルに変換する実例

さて、ここで何か適当なPNGファイルを作成します。

たとえば、Shit + Command + 4 を押してスクリーンショットを撮ってみます。Macの標準状態では、スクリーンショットはPNG形式で作成されます。

20150202folderaction6

スクリーンショットのPNGファイルがデスクトップに生成されました。このファイルを、さきほどのフォルダアクション設定を施したフォルダにドラッグアンドドロップします。

20150202folderaction7

するとPNGファイルは見えず、2つのフォルダが生成されていることに気がつきます。ひとつは JPEG Images フォルダ、もう一つはOriginal Images フォルダです。

20150202folderaction8

オリジナルのPNGはOriginal Images フォルダに格納され、JPEGフォルダはJPEG Images フォルダに格納されるという挙動を示します。

20150202folderaction9

この例ではひとつのPNGファイルを取り上げましたが、複数のPNGファイルでもOKです。ぜひたくさんのPNGファイルをこのフォルダにドラッグアンドドロップしてみてください。

まとめ:Macの標準機能で複数のPNGファイルを一気にJPEG変換する

以上、Macの標準機能で複数のPNGファイルを一気にJPEG変換する方法をご紹介しました。

同じような作業を行うのに、中にはオンラインソフトを利用したくなる人もいるかもしれません。じじつ、今回ご紹介した方法を実現するオンラインソフトはたくさん思いつきます。

しかし、私は Mac OS の標準機能であるフォルダアクション機能を活用したいのです。この機能はとてもわかりやすいし、クリーンなソリューションです。Mac OSであればだれでも同じことを行うことができ、汎用性があります。

OSの機能を活用すると Mac のスキルが上がったような気がします!(笑)

Return Top