オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

和室Macさん「iPhone 6 Plusを使ってる現状がiPhone 3Gを買った時と似すぎ」

和室Macさん「iPhone 6 Plusを使ってる現状がiPhone 3Gを買った時と似すぎ」

ブログ「和室Mac」さんに、iPhone 6 Plusにかんする面白い感想が載っていました。

和室Macさんは、iPhone 6 Plusをご利用中です。iPhone 6(無印)のコンパクトであるメリットに理解を示しながら、いっぽうで「漫画、本、ゲーム、等もうiPadを必要としないレベルの表現力が」iPhone 6 Plusにはあると述べています。和室Macさんのエピソードが面白かったので、ここで引用したいと思います。

個人的な現状ですが僕がPhoneを触っていると周りの人が「デカすぎ」と言ってくるんですね。

「もう携帯じゃ無いよそれ。それで電話するの?(笑)」ってね。

この感じが実は僕的に凄く大好きでして、言われるほどにニヤニヤしてしまうんですよ。

単なる変態かと言われれば否定できない自分が大好きだったりするのですが、

そうでは無くてPlusを使ってる現状がiPhone 3Gを買った時と似すぎてニヤついちゃうんですよ。

6年前の当時、僕の周りはiPhoneなんて日本では流行らんみたいな感じで僕一人でiPhoneiPhone言ってて、

結局iPhoneはご存知の通り日本でも大フィーバー。今度はそういう人達が「iPhoneは、スマホはこういうもんだ」って既存の価値観でまた否定してくる。

[via 和室Mac「日々iPhone 6 Plusの虜になっていく。」]

あははは。本当にそうだなとおもいましたよ(笑)。

2008年における我が国のiPhone 3G の状況

2008年7月11日、iPhone 3G が我が国で発売されました。私も和室Macさんと同様、iPhone 3Gを買い求め「iPhone 3Gは素晴らしい!」と楽しんでいました。

じつは当時のiPhone OS(現在のiOS)バージョン2が搭載されたiPhone 3Gには不便さもけっこうありました。Flashは使えないわ、絵文字はないわ、文字入力は遅いわ、単語登録はできないわ、ワンセグはないわ、赤外線通信はないわ、動画は撮れないわ・・・。コピペすらできなかったんですよ! ありえないですよ!

しかし、その当時おかれていた現状のなかでiPhone 3Gをなんとか工夫して便利に使えないかとあれこれ考えたりしました。ネットのブログやコミュニティでiPhone 3Gユーザ同士でうまい使い方を話し合ったりしたた時期がありました。

今振り返るとそんな創意工夫が楽しかったんです。(もちろん便利なこと、それ自体は否定はしません)

電気屋に行けば安くて綺麗なデザインのラジオが売ってますが、秋葉原のパーツ屋さんで部品を買ってきて、電子工作でへたくそなハンダ付けながらも、自分でラジオを組み立ててみる中学生の心理がそこにはあった、というとちょっと大げさですかねw

iPhone 3G は当初メディアには受け入れられなかったが、後に大ヒットした!

ところが我が国のメディアは2008年当時、iPhone 3Gにたいして敵意というか、奇異の目でみるというか、そんなネガティブな感じが一貫してあったようです。

UBS証券の乾牧夫シニアアナリストが2008年9月、次のように述べました。

乾氏は「新しい提案のある製品だが、日本向けに手直しせず発売した点で市場を見誤っていた。一定のヒットはしたが、戦後処理も必要な段階だ」とアイフォーン商戦を総括。携帯が電話とメール機能にとどまっていた欧米と異なり、「日本はすでにネット閲覧や音楽再生機能を盛り込んでいる。アイフォーンの新規性は薄い」と市場環境の相違を指摘した。

FujiSankei Business i「【クローズアップ】どうなる スマートフォン戦線異常あり」より引用

この乾氏の発言は、この2008年当時のiPhoneの状況を端的に示すものとして、今でも取り上げられる発言として有名です。iPhone 3Gに対してかなり突き放した評価をしています。

たしかにiPhone 3Gはフィーチャーフォン用のサイトを普通には見れなかったり、当時の着うたなどに非対応だったりしたので、アナリストにはアナリストの言い分があるのでしょう。

ところがiPhone 3GS、iPhone 4 と世代を重ねるにつれ、iPhone は日本でも大ヒットしました。いまやiPhoneは人気スマートフォンランキングの常連です。

2014年における我が国のiPhone 6 Plus の状況

今年2014年9月19日、AppleがiPhone 6 Plusを発売しました。昨年までとは異なり、今年のiPhoneは 4.7インチ、5.5インチの異なるスクリーンサイズという2つのラインナップで市場に投入されました。

とくにiPhone 6 Plusに関しては、その大きさに批判が集まっています。タレントの伊集院光さん、慶應義塾大学特別招聘教授・夏野剛さんのiPhone 6 Plusへの批判は当サイトでも取り上げました。

伊集院光さんがiPhone 6 Plusに機種変して後悔している訳

“老眼フォン”と揶揄されたiPhone 6 Plusだが、アプリが高解像度にどんどん対応しつつある。

伊集院光さんも夏野剛さんも、iPhone 6 Plusに対してかなり厳しい目で見ています。

iPhone 6 Plusの5.5インチという大きさは、携帯電話として見た場合大きすぎるよ!ということなのでしょう。

iPhone 6 Plus の状況は日々変わっている

iPhone 6 PlusはこれまでのiPhoneをデカくしただけと批判されることがあります。

しかしiPhone 6 Plusにはさまざまな改良点があります。カメラについていえば光学ぶれ補正機能が向上しています。ビデオの撮影機能は、スローモーションビデオがベラボーに面白いです。また、iPhone 6 Plusには映画レベルのビデオ手ぶれ補正が搭載されております。iPhone 6 Plusで撮影したディズニーの夜景はとても綺麗です!

今年のiPhone 6のストレージは先代の倍の128GBが選べます。ファイルサイズの大きなフルHD動画コンテンツはガンガンは入りますし、我が家の子ども達を撮影するホームビデオにもうってつけなんですよ。

とりわけスマートフォンの性能で最も大事な箇所といっても過言ではないバッテリー駆動時間についてですが、こちらが大幅に延長されております。このバッテリー性能については当サイトでもご紹介しました。

【参考】iPhone 6及びiPhone 6 Plusのバッテリーテスト結果が掲載された (phoneArena.comより)

私はもはやモバイルバッテリーを持ち歩かなくなりましたよ。非常に満足できるバッテリー性能です。

なにより、iPhone 6 Plusは5.5インチを採用しており、解像度は1920×1080です。Retina HDと呼ばれています。iPhone 6 Plus 発売以降、既存のiPhoneアプリが高解像度画面へどんどん対応しています。私はこんなに早いスピードで開発側が対応してくるなんて思いませんでしたよ!

このことについては当サイトの次のページで最新の対応状況をまとめております。

【参考】iPhone 6・iPhone 6 Plus画面サイズに最適化済みアプリ最新情報
【参考】iPhone 6・iPhone 6 Plus画面サイズに最適化済みゲームアプリ最新情報

私の一押しアプリは日記アプリの「Day One」です。Appleのデザイン Awardを受賞したこのアプリはiPhone 6 Plusに既に対応。優れたアプリにつけられる「Essentials」のマークが付与されています。しかも通常価格500円のアプリがいまなら特価200円です。

【参考】iPhone・iPad用日記アプリ「Day One」が特価200円にて販売中

有力デベロッパによるアプリが日々高解像度に対応しております。発売当初「らくらくフォン」と揶揄されたiPhone 6 Plus ですが、けっしてそこにとどまってはおりません。着実に進化していることを毎日、iTunesのアプリの「アップデート」欄で実感しています。

たんに「デカすぎ」と切って捨ててはもったいないと私は感じます。

iPhone 6 Plus を楽しみたい!

私はiPhoneが携帯電話市場でどのような役割を果たすべきかなどという大きな話はよくわからないし、語る資格も持ち合わせていません。iPhoneが勝ち組だとか負け組だとか、あるいはAndroidがシェアがどうとか、あんまり興味もありません。

しかしいちiPhoneユーザとして、せっかくiPhone 6 Plusという面白いデバイスがでてきて、せっかく私の手のひらに載っているのだから、「iPhone 6 Plusをこんなふうに使ったら私たちの生活がもっと楽しいものになるのではないか。仕事が楽にこなせるのではないか」ということをあれこれ考えてみたいと思っています。

私自身は私の「オーケーマック」や私の音声ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」で、iPhone 6 Plusを実際に自分の手を使ってあれこれ動かして遊んでみたけっか、わかったこと・楽しかったことなど、率直な感想をお伝えしたいと思っているんですよ。

【参考】ガジェット系ポッドキャスト番組「ミリオン・ドッツ」がiTunes「ニューリリースと注目作品」にピックアップされました!

他の方々にとってiPhone 6 Plusがどのような意味を持つかは私は想像するしかありません。それよりも、私は自分にとってiPhone 6 Plusとはなにか。それをしばらくのあいだ考えたいと思っています。

そのけっか「やっぱり、iPhone 6 の 4.7インチサイコー!」って思うかもしれないし、「いやいや、5sの4.0インチでしょ」と思うかもしれません。

まずは自分の手でiPhone 6 Plus に触れてみて、動かして、その魅力を実感するところから始めたいのです。5.5インチのiPhoneが大ブレイクするかもしれませんよ!私はそんな予感がしています。

Return Top