オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

iPhone のパケット料金が高すぎると感じる私にはSIMフリーiPhone発売は朗報

iPhone のパケット料金が高すぎると感じる私にはSIMフリーiPhone発売は朗報

11月22日、Appleは突如SIMフリー iPhone 5s/5c の発売を開始し、受注を開始しました。

私は驚きと興奮を禁じ得ませんでした。ついにこの日がきたか!!

SIMフリー iPhone 5s/5cが我が国においても販売されるということは、さまざまな方面への影響があると考えられます。SIMロック版を販売しているNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルへは当然影響しますし、またMVNO事業者にとってはこの動きは追い風となります。

ニッチなエリアではありますが、海外からSIMロックフリーなiPhone 5s/5cを販売している輸入業者へも影響がありましょう。ただ、これらの影響がどれほどのインパクトがあるかについては、実は未知数であるともいえます。ふたを開けてみないとわからないことも多いと思います。

私のiPhone 利用状況をご紹介します

しかし私個人レベルにとっては、SIMフリー iPhone 5s/5cの販売は非常に大きな意味を持っています。ここでiPhone 5cの利用状況をご紹介したいと思います。 下記はau のサポートページからの抜粋です。

今月の通話料・通信料照会

20131124ip01

 

今月はもう24日ですが、パケット利用量はざっと59MBです。なぜこの程度なのかというと、Wi-Fiが自宅でも職場でも整備されているからです。

またNexus 5を併用しているということもあります。外出先で、モバイルデータ通信はメールチェック程度にしか使っておりません。

20131124ip02

モバイルデータ通信をほとんど使用していないにもかかわらず、パケット料金は5700円請求されています。実際にはLTEネット300円が加わり、また毎月割-1,939円、LTEフラットの割引-500円があるので、賞味のパケット料金は3740円(税込、11月請求分実績)です。

モバイルデータ通信をちょっとしか使わないユーザにとってiPhoneの月額料金は高すぎる

現時点で59MBしか使っておらず、今月末日においてもせいぜい100MBも使わないであろう当方にとって、3740円のパケット料金は高すぎると感じるのです。

またこのパケット料金は毎月割などの特典が加味されての話です。たとえば持込機種での契約の場合特典がありませんから、パケット料金はもっと高くなります。

私はauを使っていますが、iPhone の料金はドコモ、au、ソフトバンクモバイルはほぼ横並びです。まるで話し合って決めているのかとさえ思わされるような価格設定です。

だからこのパケット料金の話は3社に共通していえます。

私にとって一番良いのは、携帯電話キャリア各社が100MBいくら、と100MB単位でパケット料金を決めてくれることです。でもそんなことを望んでも絶対に叶わないでしょう。

「iPhoneは、LTE 7GBで月額6000円をいただきます」というのがキャリア各社のスタンスです。この料金設定のおかげで、携帯電話キャリアは莫大な利益を獲得できています。

であるならば、現実的にはMVNOの格安SIMを利用することが私にとっては良い選択肢に思えるのです。SIMフリーiPhone +格安SIM月額980円は私の理想でしたが、それが現実になると思って私の財布は喜んでいるというわけなのです。

まとめ

携帯電話の利用方法は様々です。外でモバイルデータ通信をガンガンする人にとっては「7GB 6000円」でも安いかもしれません。

でもあまり使わない人にとっては6000円は高く感じます。iPhone で通話はいらないという人もいます。iPhone でモバイルデータ通信はいらないという人もいます。そんな様々なひとのニーズに応えるのがSIMフリー iPhone 5s/5cです。

このスマホ時代において、SIMフリー iPhone 5s/5cを歓迎しているのはけっしてマニア層だけではないと確信しています。コストに敏感な層に必ず響くと思います。

Apple StoreでSIMフリーiPhone を買って、イオンで格安SIMを買う、などという流れができてくるのではないかと予想しています。 たとえばMVNO事業者であるIIJのサービス「IIJmio」は、

「現在は複数のデバイスを使いこなす、ITリテラシーが比較的高い30~40代の男性が利用者の中心。 (「IIJmio」、“情強”に受けてユーザー拡大 今後は「“安いスマホ”を求めるライトユーザーにも」 – ITmedia ニュース)」

とのことです。

しかし日本でもっとも人気のあるスマートフォンであるiPhone が格安で利用できるとなったら、IIJmioがターゲットとする層が大きく変わってくるのではないでしょうか。

「iPhoneを使うなら月額980円で十分だよね。通話は安価なガラケーでいい」と考える人が増えてもまったくおかしくありません。

Sohはこう思う (^ー゜)

iPhone をお使いの方はいちどご自身のパケット利用量をご確認されたら良いと思います。毎月7GB近く使っているならばよいでしょうが、1GBも使わないよ〜という方はMVNOを選ぶことによって家計の負担を小さくできるかもしれません。 Apple公式サイトのSIMフリーiPhone 5sはこちらSIMフリーiPhone 5cはこちら

Return Top