オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

東京ディズニーランドの「ワンス・アポン・ア・タイム」はD3300で綺麗に撮れる。

東京ディズニーランドの「ワンス・アポン・ア・タイム」はD3300で綺麗に撮れる。

東京ディズニーランドで新しく始まったナイトエンターテイメントショー「ワンス・アポン・ア・タイム」。

今年2014年5月29日から始まったばかりだというのに、ゲストが連日押しよせる大人気のショーです。

今回、私はニコンのD3300を携えて、「ワンス・アポン・ア・タイム」の撮影にいってきました。20140710nikond3300

「ワンス・アポン・ア・タイム」が始まる直前のシンデレラ城

20140710onceuponatime1

美しい光がシンデレラ城に灯ります。

20140710onceuponatime2

今回私はレンズはレンズキットとして添付されてきたAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II – 概要 | レンズ | ニコンイメージングを用いました。DXなので、35mm換算で27-82.5mmです。

今回は広角27mm相当で撮影しました。ISO6400まで上がるように設定して、絞りは開放です。

20140710onceuponatime3

D3300の優れたポイントのひとつはExpeed 4を搭載しているところです。高感度に強くなりました。今回掲載した写真はEXIFをつけておりますので、気になる方はご確認いただいてもよいかと思います。

20140710onceuponatime4

なおシャッター速度は1/30よりも遅くならないようにしました。今回掲載したものの中では1/10のものもありますが、ギリつかえるという感じです。

20140710onceuponatime5

特筆すべきは、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIの手ぶれ補正です。これに救われています。

20140710onceuponatime6

AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIは見た目はショボイし、プラスチッキーだし、「所詮キットレンズでしょ?」と思っていました。

20140710onceuponatime7

しかし、このレンズ、すごくよく映るんですよ!! 軽くて、小さくて、写りがよい。しかも、ボディと一緒に買えばお安い。

こんなにいいこと尽くめはないと思うんです。重たいレンズは遊園地にはしんどいんですよ。

20140710onceuponatime8

こちらは等倍にて切り出した画像です。シャッター速度1/20とかなり厳しい条件ですが、秒針もはっきり写っています。VRに助けられましたね。

20140710onceuponatime0

驚くべきことは、このD3300はかなり露出をうまくコントロールしてくれるということです。今回の撮影ではどの写真も夜のショーの雰囲気をとらえることに成功しました。

20140710onceuponatime9

使ってみてわかるのは、D3300 も、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II の改良点。地味にニコンの技術者の方々の意気込みが感じられるのです。私はそこが気に入りました。

20140710onceuponatime10

20140710onceuponatime11

さて、こちらは「ワンス・アポン・ア・タイム」のフィナーレです。野獣とガストンが死闘を繰り広げるシーンです。

20140710onceuponatime12

ここからは遠慮なくガシガシシャッターを切ります。

20140710onceuponatime13

20140710onceuponatime14

20140710onceuponatime15

20140710onceuponatime16

20140710onceuponatime17

ナイフにさされた野獣をまえに、ベルがいいます。

「お願い、死なないで。私を置いていかないで。愛してるわ」

20140710onceuponatime18

すると奇跡が起きて、野獣は王子様へと変わりました。

20140710onceuponatime19

20140710onceuponatime20

20140710onceuponatime21

20140710onceuponatime22

「ワンス・アポン・ア・タイム」には「アナと雪の女王」のキャラクターエルサとオラフがちょっとだけ出てきます。

20140710onceuponatime23

このシーンは絶対に撮りたい!!

20140710onceuponatime24

20140710onceuponatime25

20140710onceuponatime26

20140710onceuponatime27

20140710onceuponatime28

そしてショーはクライマックスへ。

20140710onceuponatime29

20140710onceuponatime30

物語はいつもおなじ。「そして二人はいつまでも幸せに暮らしました」とさ。

20140710onceuponatime31

20140710onceuponatime32

D3300があれば「ワンス・アポン・ア・タイム」を簡単に撮影することができます。

設定はほとんどがカメラ任せ。

私がしたのは、「ISO感度自動制御」をオンにし、ISO感度の上限を6400にしたこと。シャッタースピードの下限を1/10秒にセットしたこと。絞りは開放にして、あとはで1/30を下回らない程度でシャッターを切る。それ以外はD3300の優れたオートモードに任せて撮影すればOKです。

D3300とキットレンズAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIは遊園地にもってこいの最新型カメラです。

Return Top