オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

【活用法】iPhone 6sを私はこのように楽しんでいる

【活用法】iPhone 6sを私はこのように楽しんでいる

2015年9月に私は「iPhone 6s SIMフリーモデル 128GB ローズゴールド」を購入しました。

このiPhone 6sを3ヶ月使い続けてきましたが、私はとても気にいっています。

本エントリではiPhone 6sを私がどのように使っているかをお伝えします。

iPhone 6sは手のひらの表計算マシンだ

iPhone 6sには様々な魅力があります。私は特にMicrosoft の表計算アプリ「Microsoft Excel」をiPhoneで動かすことが好きです。おそらく今まで出てきたモバイル用表計算アプリの中で、iOS版Excelは最も安定して使いやすいと考えています。

Excelは私にとって欠かすことができないアプリです。勤務先の職場では Windowsマシンに Excel がインストールされておりますし、ブラウザからオンライン版のExcelを利用して、OneDriveに格納してあるファイルにアクセスし、編集することもできます。

また自宅では「Microsoft Office Mac Home Business (Office for Mac 2016)」をiMac Retina 5KディスプレイモデルとMacBookにインストールし、特にExcelを多用しています。

そのExcelをiPhone 6sの上で動かすことができます。正直、これは感動するレベルです。昔話をしてもなんですが、昔のポケット版Excelは出来が悪かったのです。

この表計算アプリを用いて、体重の記録をつけたり、買い物の計算をしたり、あるいはデータベースのように使ったりしています。このExcelがiPhone 6s上で軽快に動作します。

iPhone 6sは高性能ゲーム機だ

またiPhone 6sは優れたゲーム機でもあります。わたしは小学生と幼稚園の子どもたちと iPhone 5sや iPhone 6でマインクラフトをマルチプレイするのがとても好きです。

マインクラフトは3Dゲームです。そもそもマシンスペックを要求する種類のゲームです。このマインクラフトのモバイル版は熱心に開発されており、バージョンがどんどん上がっています。それにつれ、だんだん重くなってきております。Google Nexus 7 ではちょっとラグることがあるようになってきました。

しかし、iPhone 6s ではまったく問題なく快適にプレイできます。これは、iPhone 6sに搭載されている Apple A9チップとメモリ2GBのおかげといっても差し支えないでしょう。

iPhone 6sは優れたポケットカメラだ

また iPhone 6sには優れたカメラ機能がついています。もともと iPhone のカメラは伝統的に優れています。Appleの優秀なエンジニア・スペシャリストが800人がかりで開発しています。

iPhone 6sでは画素数が12メガピクセルに増えました。さらに Live Photos機能が付き、Facebookもサポートしています。SNSに動きのある写真を投稿することができます。これは実に楽しい、愉快な機能なのです。私がiPhone 6sで撮影する写真はほとんどすべてLive Photosです。

iPhone 6sで撮影した写真をiCloudで共有することができます。これも気に入っている機能です。

iPhone 6sから音楽がどんどん流れてくる

また私はApple Musicを契約し、iPhone 6sで聞いています。Apple Musicはジャケットを見て、新しいアルバムを探して聴いています。このサービスのおかげで、かつて私がシコシコとiTunesライブラリにAACやAppleロスレスで取り込んだライブラリがすっかり無用の長物となってしまいました。もはやパソコンのiTunesでは、ムービーの管理ぐらいしかしていません。Apple Musicは私にとってそれぐらい重要な存在になっています。

またiPhone 6sで再生するApple Musicは、ダイニングルームではAirMac Express経由のAirPlayを利用して食事中に聞いたり、寝室ではBluetoothスピーカー「Bose SoundLink Mini Bluetooth Speaker II」で寝しなに聞いたりしています。

Apple Musicを、私は家族で楽しんでいます。私はファミリープランを契約しているので、家族を登録すれば6人まで楽しむことができます。我が家では妻と長男がApple IDを持っていて、それぞれのiPhoneでApple Musicを楽しんでいます。

iCloudでファミリーを組んでおくと、家族とApple Musicや購入した映画・App・写真を共有できるほか、位置情報を共有できます。iOS 9から友達を探すがプリインストールされるようになりました。これがとても便利です。家族が出かけていても、いちいち「今どこ?」などときかずとも場所がわかります。

iPhone 6sでポッドキャストを楽しむ

また私はiPhone 6sをポッドキャストを聞いています。私は週に3日ジムに通っているのですが、その帰り道に聞いています。iPhone 6sには標準でポッドキャストアプリが入っています。こちらも悪くないのですが、もうちょっと使い勝手のいいアプリ「Downcast」を使用しています。有料ですが、とてもオススメです。無料の「Overcast」(正確にはパトロンアプリ。アプリを気に入ったら支払う)よりもDowncastの方が日本語の対応がいいので、愛用しているのです。ジムから自宅まではそこそこ歩くので、有酸素運動と思ってポッドキャストを聞きながら、少し心拍数を上げる気持ちで、ちょっと早めに歩いているのです。

iPhone 6sでニュースを楽しむ

iPhone 6sで私はニュースを読んでいます。私が気に入っているのは2つあります。一つはアプリ「SmartNews」です。よくできたキュレーションアプリです。もう一つはFeedlyです。Feedlyは購読したRSSを閲覧するサービスです。「Byline 5」がよくできており、クリーンなインターフェイスです。こちらのアプリは毎日読んでいます。

最後に:iPhone 6sを私はこのように楽しんでいる

以上、iPhone 6sを私がどのように使っているかをお伝えしました。iPhone 6sでExcelを使用して表計算ファイルを閲覧・編集したり、高速なA9チップを活用してゲームを楽しんだりできます。iPhone 6sには優れたカメラ機能があり、簡単に周りの人と共有できます。Apple Musicを利用して知らない音楽を聴いたり、ポッドキャストを聞いたりできます。SmartNewsやByline 5を使用することで最新のニュースを知ることができます。

iPhoneはわかりやすく作られているので、私のように知識がない人でも毎日楽しく使えています。

私たち一般の普通の人が買うべきスマートフォンは何でしょうか? 私は「iPhone 6sである」と答えます。

(最終更新:2017年8月19日)
Return Top