オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

【レビュー】iPhone 6sのLive Photosは心を写す

【レビュー】iPhone 6sのLive Photosは心を写す

米国Apple社が2015年9月25日、iPhone 6s・iPhone 6s Plusをリリースしました。

私は iPhone 6s を、購入した発売日から本日まで約3週間じっくり使いました。iPhone 6s は見た目は先代とほぼ同じですが、中身はガラリと変わっています。

iPhone 6sを触って感じることは、すべてが高速であることです。新しいプロセッサ、より高速なワイアレス、刷新されたTouch ID等により、iPhoneの「S」型番世代のスピードを実感できます。

Apple A9は十分に速く、日本語入力時にも遅延がなくなりました。またメモリを2GB搭載しており、こちらも遅延解消に役立っています。

iPhoneの筐体はより強固なアルミニウムを採用し、新しい3Dタッチ機能を有するディスプレイを搭載しています。

そして特筆すべきは、iPhone 6sのカメラ機能が大幅に改善されていることです。私はこのカメラ機能に感動しました。

本記事では、iPhone 6s のカメラ機能について詳しくレビューします。

iPhone 6sは次世代のカメラだ

今回私が購入した iPhoneは下記の通りです。

・iPhone 6s
・ストレージ 128GB
・色 ローズゴールド
・SIMフリー(契約なし)
・価格 132,624円(消費税込)
・AppleCare+ 15,984円(消費税込)

20151020-iphone6s-order

私は初代iPhone 3Gを使って以来、毎年 iPhone を更新してきました。そして iPhone の最も魅力的な機能はカメラであるという結論に至りました。

iPhone 6s を手にした今、その思いは一層強固なものとなっています。iPhone 6sは「次世代の新しいカメラだ」と考えています。たくさんの機能強化が図られているからです。

大きく変化した iPhone 6s の撮影機能。特筆すべき Live Photos

先代までのiPhone 6 と比較して、iPhone 6s はカメラ機能が刷新されました。背面にあるカメラ(iSightカメラ)はこれまでの800万画素から1200万画素となり、前面にあるカメラ(FaceTimeカメラ、セルフィー)は120万画素から500万画素となりました。

中でも私がもっとも気に入っているのは、iPhone 6sの「Live Photos (ライブフォト)」機能です。

「Live Photos」とは、撮影した写真の前後1.5秒、計3秒の動きを、音とともに記録する写真のことです。

私はこのLive Photosに大いに感動しました。Live Photosは写真にストーリーを与えます。Live Photosで撮った写真を見れば、撮影時の記憶がまざまざと蘇ってきます。

メリーゴーランドで遊ぶ子どもをLive Photosで撮影した

ここで私自身が撮影したLive Photosを紹介します。

先日、東京ディズニーランドに小学校1年生の息子と二人で行きました。遊園地内をぶらぶらと散歩していたところ、息子がメリーゴーランドを見つけました。

「メリーゴーランドに乗りたい!」と息子が言いました。

20151020-iphone6s-livephoto1

息子と私は白馬に隣り合って乗りました。

20151020-iphone6s-livephoto2

メリーゴーランドを楽しみながら、iPhone 6sのLive Photosで息子を撮影しました。iPhoneの画面上部に太陽のように黄色で丸くなっているアイコンが Live Photos の印です。

20151020-iphone6s-livephoto3

Live Photosは、デフォルトで設定されています。iPhone 6s で写真を撮影するといつもLive Photosになります。(任意でオフにすることも可能です)

20151020-iphone6s-livephoto4

回るメリーゴーランドに乗りながら、息子が言いました。

「本当に馬に乗っているみたいだ!」

20151020-iphone6s-livephoto5

はしゃぐ息子の姿を iPhone 6s でシャッターを切りながら、私は自分の息子がこんなにも大きくなってしまったことに改めて気がつきました。ほんの数年前までよちよち歩きの小さな赤ん坊だったのに・・・。

20150915iphonehistory-11

知らず知らずのうちに子どもはどんどん大きくなっていきます。

私はこの子の成長に対してどれだけのことをしてあげることができたのだろう? 急にそんな思いが出てきました。

「ねえ、きみ。頼むから、このまま大きくならないでいてくれないか」

私はそう心の中でつぶやきながら、iPhone 6sのシャッターを切りました。

20151020-iphone6s-livephoto6

Live Photosで撮った写真は、撮影したiPhone 6s で楽しめるほか、iOS 9を搭載した他のiOSデバイスや、OS X El Capitanを搭載したMac、そして Watch OS 2 を搭載した Apple Watchに送って再生することができます。

下記は Mac の写真アプリで Live Photos を見ているところ。左下に [LIVE]と書かれたアイコンがあり、マウスオーバーすると写真が動き出します。撮影した時の自分の心の動きがすぐに蘇ってくるのです。

20151020-iphone6s-livephoto7

Live Photosで撮影した写真は iCloud で共有することも可能です。コメントをつけることも可能です。

20151020-iphone6s-livephoto8

Live PhotosはApple流「枯れた技術の水平思考」だ

昨今、私たちは写真をスマートフォンの上でみることがとても多くなっています。パソコンで写真を見ている人はもしかするとほんの一握りの人々ではないでしょうか。

4.7インチや5.5インチというiPhoneのディスプレイの上でLive Photosがどんなに活き活きと再生されることか。

そしてもし持っていれば、MacやApple WatchでもLive Photosを楽しむこともできます。

Live Photosは、いってしまえば単なる3秒のムービーです。既存の技術で簡単にできることです。

しかし、この3秒のムービーが楽しいのです。AppleはLive Photosにおいて新たな価値を産み出すことに成功したと私は考えています。任天堂の技術者、横井軍平風に言うならば「枯れた技術の水平思考」に基づく製品が Live Photosです。

従来の写真をLive Photosというかたちに仕上げたところに、Appleの写真にたいする並々ならぬ意気込みを感じます。AppleはLive Photosというフォーマットを繰り返し繰り返しテストして、練り上げて世に出してきたに違いありません。

Live Photosには画質以上の魅力がある

iPhone 6sでの撮影経験を通して、私はもう Live Photos でしか家族を撮りたくないと思うようになりました。Live Photos が他のカメラよりずっとずっと楽しいのです。

私はリコーのGRというコンパクトカメラを持っています。これは購入当時10万円弱したそこそこ高級なコンデジです。これは iPhone に似ていると言えます。これまでたくさんGRで家族写真を撮ってきました。

GRは焦点距離 28mm (35mm換算)です。いっぽう、iPhone 6s は焦点距離 29mm (35mm換算)で、両者はほぼ同等だからです。

決定的な違いは、GRにはAPS-Cという大きい部類に入るセンサーが搭載されていることです。これは、ニコンのD3300やキヤノンのEOS Kissシリーズのようなデジタル一眼レフに搭載されるような大きさのセンサーです。

一方iPhone 6s は小さなセンサーを積んでいます。APS-Cとは比較にならないほど小さいです。だから、GRとiPhone 6s の写真を比較すると、圧倒的にGRのほうが画質がよいです。iMac 27インチで拡大するとよくわかります。

でも私は、画質よりも、写真に対して新たな価値を与えているiPhone 6sのLive Photoの方により心惹かれます。

写真において画質はいいに越したことはありません。しかしより重要なのは被写体の何を撮ったかです。もし写真が優れているかどうか、楽しいかどうかの基準が画質にあるとしたら、それは誤った考えだと私は感じています。

Live Photosで私たちのお母さんを撮影しよう

Live Photosは写真でありながら、撮影時の様子をも活写する優れた技術です。iPhone 6s で、私たちの家族や友達を撮影してみるのはとても楽しい行為です。

私はこの記事をお読みいただいている方に一つオススメしたいことがあります。それは、あなたご自身のお母さんをLive Photosで撮ってあげるということです。

もしかしたら、お母さんをしばらく撮影していない方も多いのではないですか。そんな方は是非 iPhone 6s の Live Photos で撮影してあげてください。

iPhone 6s の説明なんかして。ちょっとライティングを意識して撮影して。そして撮影後に、3D TouchでLive Photosが動き出すところを見せてあげて。

お母さんを撮影することは必ずよい思い出になります。数年後、「Live Photosで撮っておいてよかった!」と思うようになるでしょう。

下記は私と私の母。40年ほど前の写真です。 ^_^;
20151021livephoto

iPhone 6sのようなデジタルカメラがこの世にある存在意義は、家族や友人、そして何よりお母さんを撮影するためにあるとさえ私は思っています。

Live Photosは写真史に残る優れた技術だ

以上、Live Photosの持つ利点について述べてきました。

iPhone 6sは単なるスマホではありません。写真史に残る優れたカメラであります。Appleは偉大なカメラを製造したと私は捉えています。

常に肌身離さず持っていられる優れたカメラ。それが iPhone 6s です。

iPhone 6s のLive Photosは、被写体だけではなく撮影者の心も写します。

iPhone 6sはシャッター音が鳴らない海外版を買うべきだ

なお一つ後悔していることがあります。それは日本の iPhone 6s を購入したことです。すぐに手に入れたいと思って、日本の Apple Storeで予約して、購入しました。しかし日本の iPhone 6sが発するシャッター音が気になります。

iPhone 6sで撮影するとけたたましい、不愉快なシャッター音が鳴ります。しかもボリュームを調節できません。なんでAppleはこんなに素晴らしいカメラに不愉快なほど大きなシャッター音を鳴らすのか。いまだに良くわかりません。

ご承知かとは思いますが、海外版のiPhoneはシャッター音が鳴りません。ミュートにスイッチを入れれば、音が消えます。

Live Photosがこれだけ素晴らしいのだから、シャッター音のならない海外版iPhoneを買っておけばなあという後悔の気持ちが少なからずあります。

いまエクスパンシスでは、香港版のiPhone 6s・iPhone 6s Plus が販売されています。こちらはシャッター音はならないiPhoneです。価格は、こちらは日本のApple Storeで買うのとほぼ同等です。輸入にかかる税金を込みで考えても、決して高くありません。(エクスパンシスのほうが2000円程度高い)

iPhone 6sのLive Photoを心の底から楽しみたい人は、私のように後悔しないために、日本のApple Storeやキャリア版のiPhone を買うのはおやめください。そしてエクスパンシスで海外版iPhone 6s・iPhone 6s Plus を購入されることをオススメします。

>>エクスパンシスで香港版iPhone 6s/6s Plusを見てみる方はコチラ

Return Top