オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iPhone 6s のカメラ機能に期待する 〜 iPhone で写真を撮影する楽しみ

iPhone 6s のカメラ機能に期待する 〜 iPhone で写真を撮影する楽しみ

世の中にはたくさんのスマートフォンであふれています。高価なものもあれば安価なものもあります。デザインの良いものもあれば、かっこよくないものもあります。

そのたくさんのあるスマートフォンのなかで、なぜ iPhone を選ぶのか。それは iPhone のカメラ機能が優れているからです。

Appleは2015年9月25日にiPhone 6s・iPhone 6  Plusを発売します。そのiPhone 6sで撮影された写真がAppleのホームページで公開されています。ぜひとも御覧ください。

素晴らしい写真のオンパレードです。iPhone 6sの撮影能力の高さに驚きました。

Appleのホームページには、iPhone 6sかiPhone 6s Plusで撮影された写真がそのまま掲載されているとのこと。いわゆる、JPEG撮って出しというやつです。なんら調整を加えていません。

このギャラリーを見ればiPhone のカメラ機能は、単なる携帯電話のカメラ機能のオマケの範疇を越えています。Appleの優れた技術者たちがすごいカメラを作ったということがよくわかります。

iPhone 6s・iPhone 6s Plusのカメラの性能について

iPhone 6s・iPhone 6  Plusのカメラには12メガピクセルのiSightカメラ(外部カメラ)が付いています。先代の8メガピクセルから大きくなりました。またƒ/2.2の開口部を備え、5枚構成のレンズです。iPhone 6s Plusのみの機能ですが、光学式手ぶれ補正がつきます。

ビデオに関して言うと、iPhone 6s・iPhone 6  Plusのカメラでは4Kビデオを撮影することができます。これは動画の仕様は3,840 x 2,160、30fpsです。これまたiPhone 6s Plusのみの機能ですが、ビデオ撮影時の光学式手ぶれ補正がつきます。

いっぽうFaceTime HDカメラは5メガピクセルの写真を撮影できます。これは先代の1.2メガピクセルから進化しました。自撮り用カメラとしては十分な画素数です。また、720p のHDビデオも撮影ができます。

面白い機能として、Live Photosがあります。Live Photosは写真だけではなくその前後の映像や音声を同時に記録してくれるというもの。私はこのLive Photosがとても気になっています。これまでの写真の楽しみ方が少し変わるのではないかと予感しています。

はやくiPhone 6s・iPhone 6  Plusのカメラ機能を試したいという気持ちでいっぱいです。

iPhone をメインで使っている写真家たち

さて、iPhoneのカメラ機能ですが、プロのカメラマンも注目しています。ちょっと古い記事ですが、日経トレンディに「Appleが選んだ4名の写真家 デジカメよりiPhone 6を使い続けるわけ」という記事が掲載されました。このなかで4人の写真家が、デジカメではなくiPhoneをメインで使っているということが紹介されていました。これは驚くべき事実です。

写真家の宮瀬浩一さんは次のように語っています。

「iPhoneで撮影する自分のスタイルは、レンズ交換ができない分、被写体との距離感が命なんです」

カメラやレンズなどの機材に注意を傾けるのではなく、被写体を注視し、撮影者との距離感をずっと大事にするのが写真家・宮瀬さんのスタイルです。

私は宮瀬さんのことばに勇気付けられる思いがします。

iPhone はいつでも持ち運べるカメラ。だからベストなカメラ

iPhone は携帯電話ですからいつでも持ち運んでいます。いつも身につけているから、写真を撮りたいときにすぐに撮れる。これはとても重要なことです。

「この被写体を撮影したい!」という感情をすぐにiPhoneを使って表現できます。

もちろんセンサーサイズや画素数などでは最新のフルサイズデジタル一眼レフカメラには、iPhoneは機能面では敵わないかもしれません。けれど、大きなデジタル一眼レフカメラは、常に持っているわけにはいきません。

その点、iPhone ならいつでもポケットに忍ばせておくことができます。iPhoneがあればいつでも撮影の準備ができているというわけです。だから、iPhoneはベストなカメラだと私は考えています。

iPhoneはカメラとしてはいじれるところはほとんどありません。設定画面を開ければいじれるのですが、少なくとも表に見えているところはすごく少ないです。

iPhoneはシンプルなカメラです。だからこそ、撮影者は対象物をより見るようになり、対象物の優れた点をより見出すようになり、こんな風に撮ったらすばらしいんじゃないかというより想像力を働かせるようになるのではないか。そんなふうに私は考えております。

iPhone 6 Plus で撮影してみた

さて iPhone 6 Plus で私も撮影してみました。いくつかをご紹介します。(クリックすると大きくなります。)

20150915iphone6scamera2


20150915iphone6scamera5 20150915iphone6scamera4 20150915iphone6scamera3

20150915iphone6scamera6

すべて「撮って出し」です。iPhone 6 Plusで綺麗に撮れてると思います。

iPhone ほどわかりやすく、そして綺麗に撮れるスマートフォンのカメラはないのではないか、というのが私の考えです。

iPhone 6s を持って撮影旅行に出かけたい〜iPhone 3G発売のときのように

Appleが2015年9月25日にiPhone 6s・iPhone 6  Plusを発売するのを心待ちにしています。新しいiPhoneを入手したら、私は撮影旅行に行きたいと思っています。

2008年7月11日、日本で初めての iPhone 「iPhone 3G」が発売されました。私は原宿にあるソフトバンク表参道で iPhone 3G 16GBモデルを入手しました。入手するのに16時間ほど並びました。

その1週間後、iPhone 3Gを握りしめ、京都に遊びに行ったのです。京都では、買ったばかりの iPhone 3Gで撮影を楽しみました。そのときの様子を下記のブログ記事にて掲載しています。

iPhone 3Gは、今から見ると画質的にはしょぼいです。しかし、私にとっては大切な思い出なのです。

iPhone 3Gの登場から7年が経ちました。iPhoneもアメリカで発売された初代から数えて8代目となりました。

私はこの秋、iPhone 6s を入手したら、モバイルバッテリーをカバンに詰め込んで、旅に出かけたいと思っています。ふたたび旅の思い出をブログにアップできたらいいな。

(最終更新:2015年10月21日)
Return Top