オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、
海外版iPhone、iPad、Apple Watchなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iPhone XS Maxの3週間使用レビュー。画面がデカくてめちゃ速い!

iPhone XS Maxの3週間使用レビュー。画面がデカくてめちゃ速い!

Apple のスマートフォン「iPhone XS Max」についてレビューします。

iPhone XS Maxは Apple が2018年9月21日に発売した最新のスマートフォンです。私は Apple 公式サイトで予約して購入しました。発売日より使用を開始してはや3週間が経過しこの間私はじっくりと使い込んできました。

本記事では、iPhone XS Maxを使ってわかったこと、また気になるところについて詳しくお話しさせていただきます。

■ 良い点

+ 圧倒的な大画面6.5インチ
+ 超高速プロセッサ
+ バッテリー持ち
+ 美しいデザイン

■ 残念な点

– ポートレートモードはコツがいる
– 日本版はシャッター音がうるさい
– 急速充電を楽しむには追加購入が必要

▶︎▶︎ iPhone XS MaxをApple公式サイトで見てみる

iPhone XS Maxは圧倒的大画面6.5インチが魅力

今回私が購入したiPhone XS Maxは、容量が64GBで色はゴールドを選びました。

iPhone XS Maxはいったい何が魅力でしょうか。真っ先にあげたいのは大きなディスプレイです。狭額縁なディスプレイはユーザの没入感を高めます。

ウェブを閲覧するのも、メールを書くのも、メッセージングアプリでスタンプをつけるのも、iPhone XS Maxの大画面の上ではやりやすいです。

写真やビデオを観るのも大きなディスプレイは実に有効です。これほどわかりやすい価値を提示しているのものはありません。大画面は正義なのです(笑)。

iPhone XS Maxは6.5インチの有機ELディスプレイを搭載しています。有機ELはもはやハイエンドスマートフォンにはなくてはならない部品といっていいと思います。有機ELディスプレイを積んでいてこそないと、ハイエンドとは言えません。

iPhone XS Maxを実際に触ってみて、その命名の意味がよくわかりました。これはPlusではありません。「Max」という名付けが実にふさわしいです。

iPhone XS MaxのもつA12の圧倒的な速さが魅力

iPhone XS MaxはA12 Bionicチップという高速なプロセッサを搭載しています。このプロセッサのおかげで、iPhone 全体の操作感がめちゃくちゃ向上しているのです。吸い付くようにアプリが起動するのは圧巻です。

iPhone XS Maxはさまざまなベンチマークアプリで他機種を圧倒しています。今販売されているスマートフォンの中で最も高速なスマートフォンがA12 Bionicチップを搭載した iPhone であると言えると思います。

思い返してみると、先代の A11 自体が優秀でした。iPhone 8や 8Plus、X をお使いになったことがある人はそのA11の高速さに驚いた経験があると思います。

Apple 自身は、A12 Bionicを「最大で15%高速な2つの性能コアと最大で50%効率的な4つの効率コアからなる6コアアーキテクチャ」と評していますが、これは実際には体感できるレベルであると感じています。

私自身、AppleのiLifeスイート、Microsoft Office、Adobe の Lightroom などといったアプリをiPhone XS Maxで利用しているのですが、とても軽快で全く不満がありません。

スマートフォンを選ぶ際に、どのようなプロセッサ(SoC) が搭載されているかを重視するユーザはとても多いと思いますが、これからはA12 Bionicというプロセッサがモバイル市場において大きな存在感を示すであろうということができます。

iPhone XS Maxでプレイするゲームが超快適

私は40過ぎのおっさんになってしまい、だんだんゲームで遊ぶ時間がなくなってきてしまいました。そんな状況でも「Minecraft」はやめられません。Minecraftは本当によくできたゲームです。基本的には買い切り型で、一度購入すればずっと遊べます。マルチプレイが楽しく、私は家族みんなで Minecraft をプレイしているのです。

iPhone XS MaxでプレイするMinecraftは実に快適です。すでにお伝えしたように、A12 Bionicが優秀なためでしょう、プレイ中のラグもすごく少ないと感じます。

「モバイルデバイスでゲームをするならば、OSはiOSを選べ」とはよく耳にするところかと思いますが、ぜひそこにA12 Bionicも加えてほしいです。ゲームするなら高速プロセッサを搭載した iPhone か iPad が一番いいです。

昨今、リソースをふんだんに利用するモバイルゲームが増えています。プロセッサ性能はどんなにあっても困ることはありません。可能な限り最新のプロセッサを選ぶと幸せになれます。

またすでに指摘したことですが、iPhone XS Maxのディスプレイ性能もゲームをより楽しくしてくれます。

iPhoneはすでに超優秀なゲーム機なのです。モバイルゲームを楽しみたいならば、iPhone XS Maxは有力候補といって間違いありません。

iPhone XS MaxのFace ID と 1Password の組み合わせが超優秀

私たちの日常生活の中でパスワードを求められる瞬間は頻繁にあるといってよいでしょう。ユーザアカウントとパスワードがなければ、楽しいサービスが受けられません。

そんな折、パスワードをいまだに使い回している人がいるそうです。確かに、私たちの身の回りには多くのサービスが存在し、それらを利用するためにユニークなパスワードを覚えるのはとても大変です。

しかし、パスワードの使い回しは絶対に避けてほしいです。使い回しをすれば、ハッキングに遭う可能性が飛躍的に高まることです。

そのためにパスワードマネージャが便利です。パスワードマネージャがあれば、たくさんのユーザIDとパスワードの組み合わせを記憶させておくことができます。Apple 自身、iCloud に「iCloud キーチェーン」という仕組みを持たせており、ハッキングに対して策を講じています。

私のことを言えば「iCloud キーチェーン」を使っていた時期もあるのですが、しかし今は全面的に「1Password」に切り替えました。iPhone でも iPad でも Mac でも「1Password」のみを使っています。

この 1Password がiPhone XS Maxと親和性バツグンなのです。正確に申し上げるならば、iPhone XS Maxが搭載しているiOS 12 でパスワード周りに機能刷新がありました。iOS 12のPassword Manager APIをサポートすることで、1Passwordから自動入力がとても簡単になったのです。

もし旧バージョンのiOSで1Passwordをお使いの方は、ぜひとも iOS 12 にアップデートしていただく価値があると断言できます。

私が驚いたのは iPhone XS Max の Face ID です。これ、iPhone X の Face ID よりも進化していますよ。高速になって認証に失敗する確率が格段に少なくなりました。Apple自身はそうはいってはいないのですが、私は「Face ID 2」などと呼んでも差し支えないのではないか、と考えております。

要するに、iOS 12 のPassword Manager APIと、それに対応した1Password、さらにiPhone XS Max の高速な Face ID の組み合わせは驚嘆に値します。おそらく現存するパスワード管理の中で最も優れたソリューションではないでしょうか。

iPhone XS Maxはぜひとも 1Password などのパスワードマネージャを利用して、日頃からセキュリティ対策を行ってほしいと思います。もし対策しなければ、とんでもないことを招いてしまうかもしれません。

iPhone XS MaxはiPad miniのかわりにはならない

我が国では、小さなデバイス・持ち運びしやすいデバイスが好まれる傾向があるようです。iPad miniは7.9インチのタブレットデバイスですが、日本では大きな支持を集めています。7.9インチ級のデジタルデバイスは、もうほとんど市場にはありません。かつては流行った時期もあったのですが、しかしいっときのブーム、時代の徒花であったようです。

Apple自身もiPad miniを久しくアップデートしておりませんし、またiPad mini 5などといった新機種の噂も全くありません。

私はiPhone XS Maxのもつ6.5インチディスプレイは、iPad miniのかわりになるのではないかと若干期待していたところがあります。

しかし、それは全くの勘違いでした。iPhone XS MaxはiPad miniのかわりにはなりません。大きさが全く異なります。電話は電話、タブレットはタブレットです。ここには明確な溝があるということをiPhone XS Maxを手にして、わかりました。7.9インチデバイスには7.9インチの役割、6.5インチデバイスには6.5インチの役割があります。

現在、iPad mini 4 や その前のモデルをお使いの方が「iPad miniのかわりとしてiPhone XS Maxに・・・」とお考えでしたら、全くオススメしません。最新のiPad mini 4 をお使いになることをオススメします。

▶︎▶︎ iPad mini 4をApple公式サイトで見てみる

iPhone XS Max のポートレートモードは秀逸だが、不自然な点も。シャッター音がうるさい

iPhone XS Max はカメラが2個搭載されています(デュアルカメラシステム)。これにより被写界深度をコントロールできるようになりました。ポートレートモードは、iPhone XS Maxのウリの一つです。

私自身試してみたところ、ポートレートモードは楽しい機能です。

ただ、中には好ましくない描写のものもありました。ポートレートモードを上手に撮影するには、被写体と背景について、iPhone XS Max ならではの工夫が必要ではないかと思います。

また、日本版iPhone XS Max に関してですが、ポートレートモード撮影時にシャッター音が鳴ります。このシャッター音を無音にすることはできません。これは好ましくないといえます。

従来、LivePhoto を利用することでシャッター音を動画モードの音にして、音控えめにすることができました。

しかし、残念なことにiPhone Xシリーズの ポートレートモードは LivePhoto モードが使えないので、シャッター音が鳴ります。

カメラがウリの iPhone Xシリーズでシャッター音がなってしまうのは、本当に、本当に残念で仕方ありません。

いまでは「スマートフォンのカメラはシャッター音が出るのが当たり前」になっています。けれど、これは日本及び一部の国だけのガラパゴス仕様です。このことは、iPhoneが好きなだけにずっと指摘していきたいです。

やっぱり iPhone を買うならば香港版ではないか・・・という気持ちがいまだにあります。またiPhone X以降は海外版でもSuicaが使えます。

もし香港版の iPhone XS Max の購入を検討しているならば、当サイトのこちらの記事が参考になります。シャッター音に悩まされている方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

iPhone XS Max のバッテリーの持ちはまぁまぁ

最後に、iPhone XS Max のバッテリーについて述べたいと思います。

iPhone XS Max のバッテリーは、現在のスマートフォンの中では良い方です。調査によると、3179mAhであると言われています。

私個人の経験ですが、最初に買って使っていた時は、「それほどバッテリーの持ちは良くないな」と感じました。

しかし、その後いったん放電させ、バッテリーをからっぽにしてやりました。その後充電し、再度完全放電し、充電をしたら、バッテリーの持ちが良くなりました。これはプラセボでしょうか(笑)。

リチウムイオン電池はこのような「儀式」は不要と言われていますが、もしバッテリーの持ちが悪いなと感じているiPhone XS Max ユーザの方はお試しいただければと思います。

充電機器に不満あり

iPhone XS Max にはいくつかの同梱物があります。その中には、「Lightning – USBケーブル」「USB電源アダプタ」が入っています。これを用いて、iPhone XS Maxを充電することができます。

この「USB電源アダプタ」とは、Apple 5W USB電源アダプタのこと。5V、1A の電源アダプターです。

iPhone XS Maxは急速充電に対応していますが、標準の5W USB電源アダプタではそれはできません。急速充電するためには、別途「Apple USB-C電源アダプタ(30WモデルA1882と87WモデルA1719)」と「USB-C – Lightningケーブル(1 m)」を購入しなくてはいけません。

これはなんともケチくさい・・・。最初から「USB-C電源アダプタ」と対応ケーブルを入れておいて欲しいです。

多くの人が、買ってきたままの同梱物を使うはずです。「USB-C電源アダプタ」を買ったら、重複する機能を持つ「5W USB電源アダプタ」は要らなくなってしまいます。この点は、私は理解に苦しみます。

iPhone に限らずスマートフォンで最も重要な部分の一つが電源周りです。

▶︎▶︎ 30W USB-C電源アダプタをApple公式サイトで見てみる

▶︎▶︎ 87W USB-C電源アダプタをApple公式サイトで見てみる

▶︎▶︎ USB-C – LightningケーブルをApple公式サイトで見てみる

iPhone XS Max:圧倒的所有感に満足です

以上、iPhone XS Max についてレビューしました。

iPhone XS Maxの大画面6.5インチは圧倒的で美しいです。A12のおかげでiPhoneがキビキビ動き、ゲームも快適です。大きな筐体に大容量バッテリーを搭載しています。

一方、カメラ機能については、ポートレートモードはちょっとコツが必要です。またシャッター音がうるさいです。急速充電をするためには、別途、高出力なアダプターを購入する必要があります。

一言で言うと、iPhone XS Maxにとても満足しています。高価だったので最初は躊躇したのですが、買ってよかったと思っています。

他方、香港版あるいはマカオ版を買えばよかったという思いがあるのも事実です。香港版であれば、シャッター音が消せるし、何より nano SIM が2枚刺せるからです。

とはいえ総合的に見れば、iPhone XS Maxは「ベストバイ」と太鼓判を押すことができます。この新しいiPhone XS Maxを私のこれからの生活のなかで活用してやろうとワクワクしています。

▶︎▶︎ iPhone XS MaxをApple公式サイトで見てみる

Return Top