オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

ええっ! iPhone 6s・iPhone 6s Plusはメモリが2GBだって?!あー、これで買わない理由がなくなったわ

ええっ! iPhone 6s・iPhone 6s Plusはメモリが2GBだって?!あー、これで買わない理由がなくなったわ

Appleが2015年9月25日に販売する新しいiPhone、「iPhone 6s」・「iPhone 6s Plus」の内蔵メモリが2GBであるということがわかりました。

これはXcodeから明らかになったと下記のウェブサイト 9to5 macは伝えています。

現行機iPhone 6・iPhone 6 Plusはベンチマークアプリ等から1GBのメモリであることが明らかになっていましたが、新しいiPhone、「iPhone 6s」・「iPhone 6s Plus」がいったいどれだけのメモリを積んでくるかは不透明でした。

iPhone 6s・iPhone 6s Plusは現行機とおなじ1GBか。それとも2GB(以上)か。

メモリをたくさん積むことは基本的にはメリットといえます。メモリを積めばキャッシュが効いてくるので、Safariなどでのウェブサイトの再読み込みで威力を発揮します。ゲームアプリやクリエイティブアプリでも恩恵を受けられます。

いっぽうデメリットとしては、メモリを積むことで消費電力に影響したり、あるいはiPhone製品群の断片化が行われたりすることです。iPhoneのユーザ体験を断片化するのはAppleが嫌うところです。

私個人的には、そういったデメリットに対しては理解はするものの、iPhone 6や、とくにiPhone 6 Plusではメモリ2GBは必須ではないかと不満を抱いておりましたので、今回のニュースは歓迎します。

メモリを2GB搭載したiPhone 6s・iPhone 6s Plusは、既存のiPhoneユーザを大いに魅了することでしょう。そしてこのメモリのおかげで、iPhone 6s・iPhone 6s PlusはiPad Air 2がそうであるのと同じ理由で、長寿命の商品となるでしょう。

iPhone 6s・iPhone 6s Plusは、価格を無視すれば、買わない理由を探すほうが難しくなっていますね。

 

Return Top