オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

MacのインターネットアクセスはWi-Fiよりも有線のほうが平均1.54倍速かった

MacのインターネットアクセスはWi-Fiよりも有線のほうが平均1.54倍速かった

Mac を自宅からインターネットに接続するとき、Ethernet ケーブルを介した有線インターネットアクセスか、 Wi-Fi (ワイヤレス) インターネットアクセスが一般的です。

最近ではノート型 Mac である、MacBook Airも MacBook Pro RetinaもEthernet ケーブルの差し込み口を排しており、Wi-Fi が主流であるかのように思えます。

20131210ns01
これはApple Thunderbolt – ギガビットEthernetアダプタ。MacBook Pro Retinaで有線でネットにつなぐためにはこれが必要。

そこで有線が速いか、Wi-Fiが速いか、実際に私の自宅の環境で計測してみました。

テストの前提

上記のサイトで有線接続、Wi-Fi接続でそれぞれ計5回テストしてみました。なおテストを各回の開始前にキャッシュをクリアして行っております。

テスト結果

テストの結果は下記の通りです。

Wi-Fi 最高 (MBPs) 平均 (MBPs) 転送時間 (秒)
1回目 36.84 25.56 5.531
2回目 37.70 26.44 5.438
3回目 39.00 28.72 5.465
4回目 38.17 28.65 4.964
5回目 39.29 27.07 5.297
38.20 27.29 5.339
有線
1回目 62.18 38.78 5.785
2回目 54.03 38.78 4.304
3回目 55.67 38.56 4.330
4回目 56.30 34.00 4.687
5回目 66.83 35.51 5.292
59.00 37.13 4.8796

※太字は平均を表す。

結論:有線が圧倒的に速い。最高速度での平均は1.54倍。転送時間は8%短縮された。

とりわけ転送速度が最高速度であるサーバーでは、有線を選ぶ効果はかなり大きいと言えます。

Sohはこう思う (^ー゜)

iPhone や iPad がWi-Fiでつながるいま、パソコンもまたWi-Fiを選ぶのがスタンダードであるように思われます。Apple 自身 TimeCapsuleやらAirMac ExpressやらAirMac Extremeを販売しております。

けれど、私は有線を使える環境であるならばできるだけ有線を選んだ方がよいと考えています。

住環境の都合上、各部屋に有線LANのくちを巡らせるというのはなかなか難しいですが、可能であるならば有線の方がより速い速度を楽しむことができます。

また、一部の新しいMacには802.11acが搭載されています。こちらの速度もテストしてみたいです。
(テスト結果のスクリーンショット)
20131210ns02 20131210ns03 20131210ns04 20131210ns05 20131210ns06 20131210ns07 20131210ns08 20131210ns09 20131210ns10 20131210ns11

Return Top