オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

【レビュー】MacBook Airの11インチと13インチを比較してわかること

【レビュー】MacBook Airの11インチと13インチを比較してわかること

先日購入した「MacBook Air 13インチ (Early 2014) 」を、手持ちのMacBook Air 11インチ (Mid 2012)と自宅で並べてみました。

そこでわかったことは、 MacBook Air 11インチと13インチは全く異なる印象だということです。

20150118macbookair2

これまでMacBook Air 11インチと13インチは違うということは、Apple Storeや家電量販店でわかっていましたし、スペックシートでも明らかです。

しかし、実際に家で開封してみて、普段使っている机の上に置いてみると、その差は際立っていることにいまさらながら気がつきました。ほんとうにいまさらなんですけど(笑)。

まず最初に指摘しておきたいのは、MacBook Airのフットプリントの違いです。

11インチと13インチは、一回り、あるいはふた回り違うとさえ言っても良いでしょう。このサイズの差は特にモバイルシーンでは大きく感じられるでしょう。

20150118macbookair5

つぎに私が気がついたのは、MacBook Air 11インチと13インチはキーボードの大きさがほとんど一緒であるということ。

20150118macbookair4

キーボードだけの写真を切り出してみました。ファンクションキーの列、スペースキーの列に違いがあります。しかし、それらに挟まれた2段目〜5段目は同じ大きさのように見えます。

20150118macbookair3
MacBook Air 11インチと13インチの大きな違いの一つはSDスロットです。13インチのデジカメから写真を取り込んだりするとき、このスロットは大変役立つでしょう。

あるいは昨今安くなっている大容量SDカードを外部ストレージとして使う、などということができます。20150118macbookair6

 最後に:MacBook Air: 11インチと13インチは全く異なる形状だ

じっさいに手にしてみて、頻繁にモバイルするなら11インチのMacBook Airだという思いがさらに強まりました。11インチのMacBook AirはSDが削られていたり、一部のキーは小さくなっていたりします。

しかしそのフットプリントはちいさく、紛れもなく超ポータブル Mac です。これは使い勝手があると思いました。

いっぽう、MacBook Air13インチは11インチにくらべて大きいです。大画面は複数のアプリケーションのウインドウを表示するのに都合がいいし、あるいはDVDを見たりするのに迫力があると感じました。

20150118macbookair1

これからも2台のMacBook Airのレポートをしたいと考えております。

(最終更新:2016年11月23日)
Return Top