オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

SIMフリー iPhoneを日本のApple Storeで買ってはいけない

SIMフリー iPhoneを日本のApple Storeで買ってはいけない

【2017年3月1日更新】

SIMフリーのiPhoneが欲しいと思ったとき、Apple公式サイトで購入しようと思っていませんか?

たしかにApple公式サイトではSIMフリーのiPhoneが豊富に販売されております。なにかあったときのサポート体制はばっちりです。

けれど、SIMフリーのiPhoneを購入するならばApple公式サイト以外にも入手できる場所があることをご存知でしょうか。せっかく高いお金を出して買うのですから、選択肢は多いほうがいいですよね。

この記事ではApple公式サイト以外でSIMフリーのiPhoneを入手する方法をお伝えします。

買う買わないは別にして、まずはこの記事を読んでSIMフリーのiPhoneについて知識武装してください。

日本版iPhone 7 はシャッター音がうるさい

iPhone 7 は最新の Apple A10を搭載。レンズも明るくなっており、素晴らしい性能です。iPhone 7 Plusに至っては、レンズが2個ついており、望遠撮影も可能になりました。

ところが日本版iPhone 7・iPhone 7 Plusはシャッター音がうるさいのです。

それもそのはず、iPhone 7にはステレオスピーカーが内蔵されております。2個のスピーカーからシャッター音がなるため、前のモデルよりもうるさくなっています。閉口するレベルです。

せっかくカメラがウリのiPhone 7なのにこんなにうるさいのでは、楽しく撮影できません。

一体、どうしてこんな仕様なんでしょうか?

シャッター音が強制的に鳴る日本のiPhoneと、ミュートできる海外のiPhone

iPhone には左サイドに「着信/サイレントスイッチ」が付いています。着信/サイレントスイッチを切り替えることによって、iPhone の着信モード とサイレントモード を切り替えることができます。

サイレントモードでは、iPhone のすべての音を消すことができます。(ただしバイブレーションする場合はあります。)静かにしたい時、サイレントモードはとても有効ですね。

ところが例外があります。

それは日本のiPhoneです。日本のキャリア(NTTドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル・UQモバイル)やApple公式サイトが販売するiPhoneは、サイレントモードにしてもシャッター音が必ず鳴ります

日本のiPhoneはガラパゴス仕様なんだ・・・。

一方、日本とは異なり、アメリカやカナダ、ヨーロッパ、香港、台湾などの大多数の諸外国のiPhoneはミュートを完全に行えます

着信モード サイレントモード
日本のiPhone iPhoneのすべての音が鳴る シャッター音が強制的に鳴る
海外のiPhone iPhoneのすべての音が鳴る iPhoneのすべての音が消える

写真を撮るときミュートをするのは世界の常識です。観光地などでは、周りの人の迷惑になるからです。

iPhoneで本当に写真やビデオ撮影を楽しみたい人は、日本のApple Storeで買わないで、シャッター音が鳴らない iPhone を選んでください。iPhoneを利用して、快適に写真撮影・動画撮影を楽しむことができますよ!

海外版iPhoneをゲットする方法

日本にいる私たちが海外版iPhoneを購入する方法が3つあります。

  • 海外に行って、現地のApple Store でiPhone を購入する方法
  • 海外のApple 公式サイトから転送業者を利用してiPhone を購入する方法
  • 通販サイトを利用して、iPhone を購入する方法を使ってiPhone を購入する方法

私自身は、カナダのApple StoreでiPhone 7 (ジェットブラック、256GB) を購入しました。素晴らしい買い物でした。

ただiPhoneのために海外に行くのはお金と時間がかかります。日本から一番近い海外のApple Storeは香港でしょうか。格安航空会社を使っても数万円はかかってしまいます。

また、海外の転送業者もメジャーどころはApple Storeが出荷しなかったりするので、抜け道を考えるのは面倒です。

けっきょく、一番手っ取り早いのは、通販サイトを利用してiPhone を購入することです。

香港版SIMフリーiPhone、最新価格表

海外版のSIMフリーiPhone を入手できるサイトをご紹介します。幾つかの通販サイトがあります。

各サイトの価格を表にしました。

*2017年3月1日現在 Apple公式サイト エクスパンシス イートレン イオシス
iPhone 7 32GB ¥78,624 ¥88,500 ¥88,586
iPhone 7 128GB ¥90,504 ¥102,300 ¥101,291 ¥105,300
iPhone 7 256GB ¥102,384 ¥107,400 ¥109,912 ¥115,300
iPhone 7 Plus 32GB ¥92,664 ¥99,305 ¥106,622
iPhone 7 Plus 128GB ¥104,544 ¥120,500 ¥125,225 ¥130,300
iPhone 7 Plus 256GB ¥116,424 ¥129,400 ¥131,918 ¥145,300
iPhone SE 16GB ¥48,384 ¥50,100 ¥51,624
iPhone SE 64GB ¥53,784 ¥57,300 ¥64,584

こちらは消費税、輸入消費税、送料をすべて加味した金額で表示しています。サイトごとに消費税を含んでいたり、含んでいなかったりするので、最終的に支払う金額の合計を元に総額ベースで比較しています。

なので、各サイトで表示されている金額よりも実際に支払う金額は多いことに注意してください。

この表を見てわかるように、iPhone を最もお安く購入するならば日本のApple公式サイトです。iPhonewを買うならここが一番安いです。

それに多少上乗せすると、シャッター音が鳴らない海外版iPhoneが購入できます。

香港の通販サイト「エクスパンシス」・「イートレン」について

日本に住む私たちにとって、なじみと実績があるのが通販サイト「エクスパンシス」と「イートレン」です。

iPhoneに関しては、エクスパンシスのほうが全般的に安めですが、一部の機種はイートレンのほうが安くなっています。

エクスパンシスもイートレンも日本人スタッフがいますので、基本的に困ることはありません。問い合わせも日本語でできます。

エクスパンシス・イートレンともに、ウェブから発注すれば、すぐに海外版iPhoneを送ってくれます。

▶︎▶︎iPhone7・iPhone 7 Plus をエクスパンシスで見てみる
▶︎▶︎iPhone7・iPhone 7 Plus をイートレンで見てみる

日本の通販サイト「イオシス」のiPhone 7の価格

海外版iPhoneを購入するならば、エクスパンシスもイートレンを使うのが定番です。

ただ、なかには海外の通販に抵抗があるという方もいらっしゃることでしょう。

実は、日本の通販サイトでも香港版iPhone 7を扱っているところがあります。秋葉原のスマホショップ「イオシス」がおすすめです。イオシスは白ロムの分野では定評のあるお店です。

イオシスは未使用の香港版iPhoneを仕入れて販売しているのです。

ただし、イオシスの未使用の香港版iPhoneはエクスパンシス・イートレンよりもお高めです。高いぶんの差額は「安心料」でしょうか。

もし海外通販が不安なら、日本に実店舗を構えるイオシスをご検討いただくのがいいでしょう。イオシスで香港版 SIMフリーを見てみる方は下記のリンクをご参照ください。

▶︎▶︎ 香港版iPhone7・iPhone 7 Plus をイオシスで見てみる

香港版SIMフリーiPhoneのメリット・未使用の香港版iPhoneを

メリット1 SIMフリー!

香港で一般に販売されているスマートフォンはすべてSIMフリーです。香港版iPhoneもSIMフリーです。周波数さえ合えば、どの携帯電話キャリアの電波も使うことができます。

メリット2  シャッター音がない!

日本のiPhoneとは異なり、海外のiPhoneはシャッター音・スクリーンショット音を完全に切ることができます。

では、香港版SIMフリー iPhone のデメリットはあるのでしょうか?

デメリット1 修理すると日本版に交換対応となる場合がある

iPhoneは割と丈夫に作られていますが、うっかり壊してしまうこともあるでしょう。

そんなとき、日本のAppleで修理してもらうと日本版のiPhoneに交換対応となる場合があります。

こうなると、シャッター音をオフに出来るメリットが無くなってしまいます。

ですから、海外版iPhoneを購入したら絶対に頑丈なケースを付けてください。

デメリット2 充電器が香港仕様のもの

充電器が香港仕様のものであることがデメリットとして挙げられます。気になる人は気になるかもしれませんが、念のため。ただ、USB充電器は100円ショップなどでも入手が可能です。

デメリット3  au の3G回線が使えない

香港版SIMフリーiPhone7 はauの3G回線が使えません。

香港版SIMフリーiPhoneの使い方

香港版SIMフリーiPhone 7は、nano SIMというサイズを利用することができます。

もし、現在NTTドコモやソフトバンクでiPhone 5以降のiPhone をお使いでしたら、そのSIMを取り出して香港版SIMフリーiPhone 7にさせば、すぐにご利用いただけます。

そのさい、NTTドコモやソフトバンクなどキャリアに届け出る必要は一切ありません。

またMVNOの nano SIMをご利用でしたら、同様にて香港版SIMフリーiPhoneにてご利用が可能です。

香港版iPhoneは日本でAppleからサポートを受けられるの?

香港から輸入した SIMフリーiPhone が初期不良だったり、故障したりした場合、Appleはサポートしてくれるでしょうか?

答えはイエス。Appleはグローバル企業ですので、香港版iPhoneをサポートしてくれます。これはとても大きなメリットです。

また香港版iPhoneはAppleの延長保証サービス「AppleCare+」にも加入することができます。

Appleに電話すれば簡単に契約できます。電話番号は 0120-27753-5 です。クレジットカードをご用意ください。

AppleCare+は購入後30日以内に入る必要があります。香港版SIMフリーiPhoneが手元に届いたらすぐに手配したほうがいいです。

201508original

結論:シャッター音の鳴らないiPhone 7は香港版を通販ショップで買うのが一番お手軽!

結論!!

もし静かな iPhone を希望されているのでしたら、日本版のiPhone を買ってはダメです。海外版のiPhone を購入することを検討してください。

海外版の中でも香港版 iPhone は、私たち日本のユーザにとっても入手しやすいです。

海外のiPhoneを買えばうっとおしいシャッター音が鳴らなくなります。静穏を好むiPhoneファンにとってうれしいことです。

赤ちゃんやペットの写真を撮ったりする時、海外版のiPhoneはシャッター音が一切鳴りません。これは素晴らしいです。

私も「海外版iPhoneを入手して撮影が楽しくなった。気持ちが軽くなった」と実感しています。

ぜひ海外版iPhoneを入手して、シャッター音の鳴らないiPhoneで撮影を楽しんでください。

▶︎▶︎iPhone7・iPhone 7 Plus をエクスパンシスで見てみる
▶︎▶︎iPhone7・iPhone 7 Plus をイートレンで見てみる
▶︎▶︎iPhone7・iPhone 7 Plus をイオシスで見てみる

シャッター音は鳴るけれど、やっぱり安い方がいいという方は、日本版iPhoneをApple公式サイトでご検討ください。

▶︎▶︎ iPhone7・iPhone 7 Plus をApple公式サイトで見てみる

 

Return Top