オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

【レビュー】Apple Watch Series 3 はiPhoneユーザ必携の時計だ

【レビュー】Apple Watch Series 3 はiPhoneユーザ必携の時計だ

Apple Watch Series 3をレビューします。

Apple Watch Series 3(以下、Apple Watch 3)が発売されたのは2017年9月22日のこと。この新しいApple Watch 3を心待ちにしていた私はすぐに購入し、じっくり試しました。

これまで私はApple Watch を四本購入しました。そして五本目に購入したのが「Apple Watchステンレススチールケースとソフトホワイトスポーツバンド」です。

以来2ヶ月ほどじっくり試してきて感じたことを私の経験をベースにお伝えします。

率直なところ、Apple Watch 3はもう手放すことができないと感じています。iPhone とApple Watch 3の組み合わせは非常に便利です。

Apple Watch 3はデザインが良く、それでいて利便性があります。世の中にはたくさんの時計がありますが、Apple Watch 3で時計で十分だというのが私の今の正直な気持ちです。

私自身ロレックスやグランドセイコーを所有していますが、Apple Watch 3だけで十分だと率直に感じています。

▶︎▶︎ Apple Watch 3をApple公式サイトで見てみる

Apple Watch 3の新しいS3チップでサクサク動く

Apple Watch 3を入手してまず最初に感動したのはサクサク動くことです。すでに述べたように、私はApple Watch 3を使う前に四本のApple Watch を使ってきました。

初代のApple Watchが 3本と Apple Watch Series 2です。(大きさの内訳は、42mmが2本、38mmが2本です。)

以前のApple Watch、特に初代のApple Watchはシングルコアを搭載していました。残念ながら、リリース当時からキビキビ動くとは言えませんでした。OSをバージョンアップしても改善されませんでした。

とてもワクワクして購入した初代Apple Watchはひとに勧めたいレベルではなく、私自身の気分は盛り下がってしまいました。そのため、このサイトで記事にすることはほとんどありませんでした。

2016年に登場した第二世代のApple Watch、Apple Watch Series 2は結構キビキビ動きました。スマートウォッチとして、やっとアプリが使い物になるようになったので、Apple Watch がようやくスタートラインに立てた感じがしました。

初代のApple WatchやApple Watch Series 2と比較して、Apple Watch 3はとてもサクサク動きます。新しいS3チップを搭載しているおかげです。そのため、以前よりもアプリの起動する時間が増えました。

私自身がよく使っているのはWatchに標準で搭載されているアプリです。特にSiri がすぐに動くようになったのが一番大きいです。

またカレンダー・タイマー・リマインダー・天気です。また私のWatch はセルラーモデルなので、電話もよく使います。

以前のモデルとは異なり、Apple Watch 3は待たされることがなくなりました。実に快適です。地味に足回りが改善されたことは私にとってとても大きいと感じています。

明るくなったApple Watch 3のディスプレイ

Apple Watch 3で私が気に入っているのはディスプレイが見やすくなったことです。

Apple Watch 3は、Series 1に比べておよそ2倍の明るさを持っています。そのため視認性が良くなりました。私が試したところ、外に出ても見づらいと感じることはありません

他社のスマートウォッチと比較して、Apple Watch 3はより優れたディスプレイ性能を有しているということができます。

Apple Watchはいつもは暗い状態です。手首を自分の方に向けると、パッと時計の盤面を表示してくれます。センサーの性能が良いといつも感心させられます。

▶︎▶︎ Apple Watch 3をApple公式サイトで見てみる

Apple Watch 3のバッテリーは3日もつ

またバッテリーも改善されています。スペックシートだけを見ていると前モデルと同じなのですが、私のApple Watch 3はバッテリーは余裕で2日は持ちます。

先日千葉の房総半島の先っちょに二泊三日の小旅行に行きました。Apple Watch 3を持って行ったのですが、充電器を1度も使わずにすみました。

Apple Watch 3のバッテリー性能に関して、公式には「最大18時間駆動するバッテリー」とのことです。Apple は控えめに表示している節がありますね。最大3日持つというのが私の実感です。

なお、さすがに三泊四日ならば充電器の携行をお薦めしますが、週末の小旅行ならなんの心配もいらないです。

【注】LTE通信は考慮に入れていません。LTE通信は確かにバッテリーをよく消費すると感じています。LTEモデルを検討されている方で、LTE通信を頻繁に行う予定の方は二泊三日であっても充電器を携行なさってください。

Apple Watch 3でメッセージを吹き込んで送る

私がApple製品全体を通して利用しているアプリがあります。それは「メッセージ(iMessage)」です。iPhoneでもMacでも「メッセージ」を使って、家族や友人とコミュニケーションを取っています。

「メッセージ」はエンドトゥーエンドで暗号化されます。他の誰かが読み取ることはできません。Apple がプライバシーを大切にする姿勢は、とても重要だと私は考えています。Appleは利用者の電話帳を吸い上げたりはしません。だから他社のメッセージアプリよりもAppleのメッセージを私は好んで使っています。

私は腕に巻いたApple Watch 3でSiriを呼び出します。「Hey Siri。妻にメッセージを送って」というとSiriは「どんなメッセージを送りますか?」と聞いてくれます。私は「今日の夜ご飯はなんですか?(はてな)」などと話しかけています。

このようにSiriを利用してメッセージを吹き込んで送っています。

これがめちゃくちゃ便利です。Siriはかなり正確に日本語を聞き取ってくれるので、メッセージを送るのストレスを感じたことはありません。Apple Watch 3のメッセージ機能はちゃんと動くし、信頼できます。

Series 2からかなりエラーが起こる率は少なくなったと思っていましたが、Series 3になっていよいよ完璧になったなぁと感じています。

メッセージを送るのに、いちいち iPhone や iPad を使う必要はありません。Apple Watch 3は時間を大いに節約してくれます。本当に便利です。

▶︎▶︎ Apple Watch 3をApple公式サイトで見てみる

Apple Watch 3でセルラーモデルを試してみた

Apple Watch 3の特徴の一つはLTEです。Apple Watch 3のセルラーモデルを選べば、通信会社と契約することで通話したりデータ通信ができるようになります。

Apple Watchで通信しようと思ったら、これまで iPhone やWi-Fi必要だったのですが、ついにApple WatchだけでLTE通信ができるようになりました。なんだかSFの世界のようです。

私はApple Watch 3のセルラーモデルを選びました。NTTドコモと契約して、Apple Watch 3でLTE通信できるようにしたのです。

Apple Watch で使うLTE通信機能は便利です。ジムで運動するときや、近所のコンビニまでちょっと買い物に行くときなど、Apple Watch 3のみで完結できます。iPhoneを持って行くことは全くありません。

セルラー機能を有するApple Watch 3だけあれば、電話やメッセージ、メールを受け取ることができます。Apple Music も聞けます

ただ、私のやり方が悪かったのか、マップの機能が使いこなせていません。例えば「東京スカイツリーまでの経路は?」とSiriに聞いても、なかなか表示してくれないということがありました。

Apple WatchはWi-Fi接続環境下でもマップが遅いので、これがどうにか高速化してくれないかと思っています。これについては引き続きチェックしていきたいと考えています。

Apple Watch にセルラー機能は必須か?

Apple Watch 3を選ぶとき、特にアルミニウムのボディのものは、GPSモデル(LTE通信機能がないタイプ)かセルラーモデル(通信機能があるタイプ)かを選ぶ必要があります。

私自身は、LTE通信機能はなくても良いと考えています。「絶対にセルラーモデルでなければダメか?!」と聞かれたら、そうでもないと答えるでしょう。Apple Watch 3にセルラー機能があるに越したことはないですが、セルラー機能がなくても十分にWatchを楽しむことができます

ただセルラーモデルは、iPhoneを常時持ち歩かないといけないという強迫観念から逃れられるので、心のゆとりができたなぁと感じています。これはメリットだと感じています。

「ちょっとそこまで散歩に」「ちょっとそこのコンビニまで買い物に」など、ちょっとした時に便利なんです。散歩やコンビニでは Apple Watch のマップや Apple Pay が便利ですよ。

まとめ:Apple Watch 3 はiPhoneユーザ必携の時計だ

以上、Apple Watch 3をレビューしました。Apple Watch が世に出て3代目となるApple Watch Series 3はさまざまなところで機能がアップしています。

最新のwatchOS 4を搭載したApple Watch 3は、高速なS3チップを搭載。ディスプレイはSeries 1に比べて2倍明るくなって見やすくなり、バッテリー性能も向上しています。Siriをはじめとしたアプリは軽快に動きます。セルラーモデルを選べば、LTE通信もできます。

これまでで最強のApple Watchが「Apple Watch 3」といっていいでしょう。

もしいま iPhone をお持ちの方がいらっしゃれば、Apple Watch 3を是非とも手にとるべきです。これほど優れた周辺機器はありません。

Apple Watch 3がハマる人は、いつもiPhoneをそばに置いておきたい人です。常に誰かと連絡したりSNSを見たりしたりしている方であれば、iPhoneの恩恵を大いに受けます。

iPhoneを常時持ち歩いている方は、一度iPhoneをカバンの中に締まってみてください。そして、必要な情報は手首に巻いたApple Watch 3で受け取って見てください。ご自分の時間をより有意義に使えることに気がつきます。

Apple Watch 3は毎日手につけていて気持ちのいいデバイスです。私はApple Watch 3を購入して満足しています。

▶︎▶︎ Apple Watch 3をApple公式サイトで見てみる

なお、Apple Watchの購入を検討されている方は、当サイトの関連記事「Apple Watch購入ガイド:38mmと42mmのどちらを選ぶか(おすすめのモデルはこれ)」を合わせてお読みください。

Return Top