オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iPhone 6sでLive Photos (ライブフォト)をiPhoneの壁紙にすると楽しい

iPhone 6sでLive Photos (ライブフォト)をiPhoneの壁紙にすると楽しい

AppleのスマートフォンiPhone 6s・iPhone 6s Plus には、Live Photos (ライブフォト) という機能が搭載されています。

このLive Photosを使うと、撮影した静止画に加えて、前後の様子を短い動画にすることができます。いわば動く写真です。

この短い動画はたった3秒です。しかし、この3秒間の中には、たくさんのストーリーが入っていることに気がつきます。

すべてがすべてではありませんが、中には感動するLive Photosを撮影することもできます。

iPhone 6s・iPhone 6s Plusを使っている人に最もオススメしたい機能がこのLive Photosなのです。

Live Photos (ライブフォト)で撮影しよう

下は子どもと公園に遊びに行った時、ブランコの乗っている様子です。iPhone 6s で撮影しました。

20160221livephotos1

20160221livephotos2

冬の夕暮れ時、子どもが楽しそうにブランコを漕いでいるところを撮影しました。こどもがきゃあきゃあいいながら遊んでいる様子です。

上記の2枚の写真は、実際には3秒間の動画になっています。この2枚の写真を補間していただければ、これがどのようなLive Photosであるかはきっとご想像いただけるかと思います。だいたいブランコ1.5往復の動画です。

Live Photos を撮影する方法は簡単です。カメラを起動して、画面下部または右側から「写真」を選択。その反対側に目玉のようなアイコンがあるので、これが黄色いことを確認します。それで撮影するだけです。ビデオを撮影するときになるやわらかい音が撮影の合図です。

Live PhotosをiPhoneの壁紙にする方法

私はこの撮影したLive Photosの写真をiPhoneの壁紙にしています。iPhone 6sのロック中の画面に設定しているんです。iPhoneの画面をぐいっと押し込むと、iPhone 6sに搭載されているタプティックエンジンが反応し、アニメーションするというわけです。

方法は下記のとおりです。

 設定→壁紙→壁紙を選択→カメラロール からLive Photosにて撮影した写真を選択し、[設定]をタップ

古いiPhoneなどから機種変更などでアップデートしたひとは、Live Photosがオフになっている可能性があるので、ぜひオンにしてみてください。

Live PhotosはiPhone 6sの目玉機能

私はiPhoneで写真を撮るならLive Photos が一番いいと思います。Live Photos は、iPhone以外の他のカメラでは撮影することができません。iPhone だけの独自撮影機能です。

このまったく新しい写真形態であるLive Photos は撮影者を刺激します。静止画に比べて、見る人の感情を揺さぶる表現が簡単にできるようになったと私は考えています。

Live Photos はたった3秒の動画です。技術的にはなにもたいしたことはありません。写真に、たんなる3秒間の動画を足しただけ。やろうと思ったら他社もかんたんにマネできます。

しかし、このLive Photos 機能にAppleらしさをとても感じます。写真を身近にするLive Photos はAppleの優れたバランス感覚により設計されたと私は考えています。

上でブランコのLive Photos をご紹介しましたが、そんな何気ない写真のなかにじーんと来るものがあります。Live Photos 、いいなぁと率直に思います。

このLive Photos は、iPhone 6s や 6s Plus でしか撮影できませんが、iOS 9を搭載したiPhone であれば再生できます。古いiPhoneをお使いのユーザにも送ってみてもらうことができます。また、Macでも再生できます。

私自身、これからLive Photos でもっともっと撮影して、iPhoneの壁紙に設定し、周りの人にみせたいと考えているんです。

Return Top