オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

Appleの最上位モデル「iPhone X」は次世代のiPhone。その魅力を詳しく紹介します

Appleの最上位モデル「iPhone X」は次世代のiPhone。その魅力を詳しく紹介します

Appleが2017年9月13日、 iPhone X (テン)を発表しましたよ! さらに iPhone 8、iPhone 8 Plusまで発表されました。

今年は iPhone の最新機種が3つも出るなんて!大豊作の年になりました。

従来、iPhone は「S」型番がありました。例えばiPhone 3Gが出たらiPhone 3GSが出ました。iPhone 4が出たらiPhone 4sが出ました。

そのため、昨年iPhone 7が出たので、2017年の今年はきっと「iPhone 7s」が出ると予想していた方も多いのではないでしょうか?

しかし、初代 iPhone の登場から10年目の節目となる今年、Appleは予想を裏切り iPhone X ・iPhone 8・iPhone 8 Plusの3機種を出してきたという次第です。

「iPhone X」というネーミングには「未来の、次世代」の iPhone という意味が込められています。Apple の最新のテクノロジーがふんだんに使われています。

▶︎▶︎iPhone XをApple公式サイトで見てみる

iPhone Xは全面スクリーンのデザインが素晴らしい

iPhone Xでは5.8インチのディスプレイを採用しています。これは大型ディスプレイと分類してよいでしょう。

ウェブを見たり、映像を見たりするのに役に立ちます。没入感のある全面スクリーンを採用したiPhone Xはガラスをふんだんに採用しています。

iPhone X のベゼルは小さくなり、没入感が大きくなっています。これは、昨今のスマートフォンのトレンドといっていいでしょう。

色は、シルバーとスペースグレイの2色から選ぶことができます。

iPhone Xには、iOS 11が採用されています。中でも iOS 11 で採用されているARKitは注目に値します。ARとは拡張現実のことです。Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)と呼びます。

私たちにとって、最も身近なARKitの話題といったら「ポケモンGO」でしょうね。およそ1周年を迎えたこの大ヒットゲームのおかげで、ARが身近に感じられるようになりました。

このARを楽しむのに5.8インチのディスプレイが役に立ちます。iOS 11時代、「ポケモンGO」のように社会現象を引き起こすようなARゲームが登場するかもしれないと期待しています。

これからARというキーワードがゲームのみならず、ソーシャルを含めた様々な方面に出てくることはまず間違いありません。

なおiPhone Xの重量は174gです。iPhone 7 が138g、iPhone 8が148gであるのに比べて重いと言えます。

一方、iPhone 7 Plus が188g 、iPhone 8 Plus が202gですので、これらよりは軽いです。

重くなっている理由はガラスの採用に伴うと考えられます。

iPhone XのSuper Retinaディスプレイがやばい

iPhone Xの最も大きな特徴はそのディスプレイです。従来の液晶ディスプレイではなく、OLEDを採用しています。次世代のiPhoneは根本的なところを変更してきたのです。

OLEDには様々なメリットがありますが、私個人としては「コントラスト比が高く、黒がより映える」という点をまずあげたいと思います。

OLEDで見る黒の表現力は素晴らしいです。この記事を読んでくださっている方は、スマホで見る「本当の黒」を知っていますでしょうか。ぜひOLEDを採用したスマートフォンを手に取っていただきたいです。具体的には Galaxyです。

従来の液晶ディスプレイではその発光の仕組み上、なし得なかった黒をきちんと正確に表現しています。

iPhone Xの5.8インチのディスプレイをAppleは「Super Retina ディスプレイ」と呼んでいます。

従来の解像度が iPhone 7 では1,334 x 750 ピクセル、iPhone 7 Plus では1,920 x 1,080 ピクセルであったのに対して、2,436 x 1,125  ピクセルになっています。

これを3で割ってやると812 x 375 になることがわかります。

Retina ディスプレイでは縦横2倍のピクセル数で1ピクセルを表現していたのですが、Super Retina ディスプレイでは縦横3倍で1ピクセルを表現します。ここに Super と名付けられた意味があります。

iPhone Xは新しいセキュリティ「Face ID」が登場! TouchIDは廃止

iPhone Xの最も大きな特徴の一つが、Face IDです。3Dセンサーを搭載しており、人の顔でアンロックや認証するようになりました。

セキュリティの点からも1,000,000分の1とAppleは言っているので、安心できます。

Face IDはかなり未来的な機能ですよね。かなり実用的であると言っていいかと思います。

私は Galaxy S8 を使っております。 Galaxy S8にも顔認証が付いているのですが、それほどセキュアではありません。写真で認証をパスできてしまいますw このこと自身、サムスンも認めており、虹彩認証を使って欲しいといっています。

なおFace IDに導入に伴い、iPhone XにはTouch IDは搭載されておりません。Touch IDは過去のものとなりました。

Touch IDは iPhone 5s で初めて搭載され、スマートフォンのロック解除機能に衝撃を与えました。あまりにも便利だからです。

そしてiPhone 6s では第二世代 Touch IDが採用。こちらは認証にかかる時間がもっと短いです。比較すると、第一世代Touch IDのiPhone SEはちょっと遅いですね。

Appleはそのような革新的なTouchをついに過去のものと追いやってしまいました。新しい世代のiPhoneにふさわしいのがFace IDです。

iPhone Xの先進のカメラ機能

iPhone Xの背面には、二つのカメラが搭載されています。広角 (f/1.8)と望遠(f/2.4)の2種類です。iPhone 7 Plusのようですね。

iPhone Xの背面カメラはどちらも12メガピクセルです。どちらのカメラも光学手ぶれ補正に対応しました。iPhoneで写真を楽しむ人にはこの2つのレンズをありがたいと思うことでしょう。

iPhone 7 Plusは、望遠側には光学手ぶれ補正がついていませんでした。「望遠側こそ、光学手ぶれ補正がついていて欲しいよ!」と思ったユーザさんは私だけではないでしょう。

iPhoneで写真を撮ることは楽しいです。なぜでしょうか?

それはAppleはカメラのソフトウェア機能に命をかけているからです。私たちの身の回りにあるデジタルデバイスで最も重要なのがソフトウェアであることをAppleは良く理解しています。

逆に言いますと、ソフトウェアがないがしろにされたデジタルデバイスは無価値です。このことはデジタルカメラに言えます。ソフトウェアの重要性を理解していないカメラメーカーに待っているのは市場からの退場です。

Appleは画像処理用のプロセッサをiPhone Xに積んでいます。このプロセッサのおかげで、先進的な画像処理が行えたり、光の少ない環境下でオートフォーカスが早くなったりします。

またiPhone Xのビデオ機能に目を移しますと、4Kビデオを60fpsで撮れるようになりました。これまで60fpsで撮りたいのに、1080pまでしか対応していないよー、と不満だったユーザさんも満足なはず。

さらに、1080pで240fpsのスローモーションビデオも撮影できるようになりました。

iPhone Xでビデオを撮るのが本当に待ち遠しいですよ!

iPhone Xはアニメーションする絵文字が楽しめる

iPhone Xには、優れたカメラ機能が付いていることはお伝えした通りです。

このiPhone Xのカメラを利用して、絵文字をアニメーションさせることができます。これをアニ文字と呼びます。

アニ文字は、ユーザの表情を捉えてアニメにしてくれます。実に楽しい機能です。

iPhone Xのテクノロジーがこういう形で人間の気持ちを伝えてくれるというのは、実にいい使い道だと思いました(笑)

私の家族は皆 iPhone を使っています。メッセージのやり取りは、iMessageしか使っていません。

ぜひともこのアニ文字を利用して、家族とのコミュニケーションを活発にしたいなぁと思います。

ワイアレス充電でより便利に

iPhone Xはワイアレス充電に対応しています。ワイアレス充電の規格は Qi (チー)です。

Qi は業界標準の充電規格です。すでに Qi に対応した機器をお使いの方もいらっしゃるのではないかと思います。

すでに市場には Qi 対応の製品が出ておりますし、Apple自身はベルキンやモーフィーの製品をApple公式サイトで案内しています。

なお Apple 純正のワイアレス充電機器「AirPower」は来年2018年に出てくるそうです。「AirPower」でiPhone Xのみならず、Apple Watch や AirPodsを充電できます。

iPhone Xは2017年11月3日より発売

以上、iPhone X を紹介しました。iPhone X は、iPhone登場からこれまでの10年を総括する記念すべき製品に仕上がっており、これからの10年を方向づける未来志向の製品です。

新技術がふんだんに投入されており、多くの iPhone ファン・スマートフォンファンを満足させることでしょう。

iPhone X (テン)を発表。11月3日発売予定です。

「iPhone X」の価格は、64GBモデルが112,800円、256GBモデルが129,800円です。

iPhone Xの予約注文は10月27日午後4時01分に開始予定です。11月3日に発売されます。

日本国内においてはApple 公式サイトで販売されるほか、大手3キャリアであるドコモ・KDDI・ソフトバンクも扱います。

iPhone Xは、Apple 公式サイトで購入することを私はおすすめしています。大手3キャリアでiPhone Xを購入すると2年間の総支払額が大変大きな額になるからです。

▶︎▶︎iPhone XをApple公式サイトで見てみる

 

Return Top