オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

デジモノステーションの無料SIM「0 SIM」をiPhoneで運用してみた結果

デジモノステーションの無料SIM「0 SIM」をiPhoneで運用してみた結果

2015年12月の暮れ、雑誌の付録にとんでもないSIMがつくという企画がありました。雑誌の名前は「デジモノステーション」。

So-netの nano SIM が付録に付いてくるまでは理解できます。しかし「月に500MBまでは無料」という契約内容には驚かされました。

この「デジモノステーション」はすでに完売状態のようです。特に東京圏ではまず見当たりません。SIMフリースマホ、格安スマホを普段から使い慣れている、目ざとい人にはうってつけのSIMです。

当サイトでもこの神SIM「0 SIM」をiPhoneで運用する方法を詳細にレポートしました。

あれから20日ぐらい経ちましたので、使用感をレポートします。

この「0 SIM by So-net」は、私の小学校1年生の息子が利用しています。使用機種は、NTTドコモ版のiPhone 5s。ストレージは32GBで、スペースグレイのモデルです。OS は最新のiOS 9.2を入れております。このiPhoneはドコモの白ロムです。安く買いました。

息子を含めた家族で、週末に外出します。その時に「0 SIM」を刺した iPhone 5s を息子に携帯させるのが目的です。迷子になる可能性がありますので、Facetime オーディオで受発信できることを事前にテストしたり、iMessage を相互で送れるようにしておくことを確認したりします。

また重要な機能は「友達を探す」機能です。これがあれば、iPhone を持っている息子がどこかに行ってもすぐに場所がわかります。

このiPhoneを導入したおかげで、いつでも子どもと連絡が取れるため、親としては大きな安心感を得ることができました。

息子がわからないことを外出先でiPhone 5s のSiriを使って調べ物をしたりしているのを見ると、すげえなぁと思わされます。ただ、YouTubeやAmazonビデオ、Apple Musicといったストリーミングのサービスは外では使わない約束にしています。(もしパケットをたくさん使うと最大1600円が課金されます。)

息子はSNSをやっているわけでもなく、またSafariを頻繁に見たりするわけでもないので、月に500MBまで余裕で収まりそうです。月額料金がかからずに iPhone が使えてしまうということに驚きを感じます。

一つ気になる点は、iPhone 5s ではアンテナピクトが立たないこと。おそらくこれはSMS対応SIMではないからだと思います。もしSMS対応のオプションが出たならば、有料であったとしてもぜひ加入したいと思います。

20160116iPhone5s-0sim-1

息子とはもう一つ約束をしました。それはiPhoneは休日だけ使うということ。

「iPhone を使っていいのは休日だけだよ。平日はダメだよ」と私は言いました。

「はい、パパ、わかりました」

「物分かりのいい子だね〜」

翌朝、学校に行く直前まで息子が、iPhoneにインストールしたAmazonビデオでプライム映画「クレヨンしんちゃん」の映画を見ながらゲラゲラ笑っているのを目撃して、約束があっさり反故にされたことに私は気がつきました・・・。

iPhoneはゲームもでき、写真も撮れ、YouTubeもAmazonビデオも観れるデバイスです。子どもにとっても魅力的な存在なのでしょう。

家庭にいる時間が長い主婦や子どもこそMVNOを使うべきだ

以上、「0 SIM」の使用レポートでした。MVNOを使えば、安価にiPhoneが楽しめるという良い例だと思います。

ゴリゴリ使うならば、大手キャリアの契約でもいいでしょう。サラリーマン・OLなどはドコモやau、ソフトバンクといった3代キャリアと契約して iPhone を使えばいいと思います。サラリーマン・OLなら、お昼休憩の通信速度がかなり気になるはずです。

しかし、主婦や小学生など家庭内のWi-Fiがあるところに長時間いる人の場合は、大手キャリアをやめて、MVNOを選んでも使用感は大して失われないはずです。

もし中学生・高校生がドコモやau、ソフトバンクと契約して iPhone を使っているならば、親御さんは家計における通信費について改めて考え直したほうがいいでしょう。

デジモノステーションの無料SIM「0 SIM」の入手は現時点では難しいですが、So-net以外にもMVNOはたくさんあります。ドコモやSIMフリー iPhoneを入手して、それらMVNOのnano SIMをさせば、低価格で運用できるiPhoneの出来上がりです。

通信サービスの最適化を行って生活防衛するのは、今後ますます重要なことだと私は考えています。

なおドコモの白ロムiPhoneは秋葉原の中古ショップ「イオシス」がオススメです。程度の良い中古がたくさん販売されています。

▶︎▶︎イオシスでドコモのiPhoneを見てみる方はコチラ

Return Top