オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

比較写真:iPhone 6・iPhone 6 Plusは他のiOSデバイスとどのぐらい大きさが異なるのか

比較写真:iPhone 6・iPhone 6 Plusは他のiOSデバイスとどのぐらい大きさが異なるのか

2014年9月19日より、Appleが新しいiPhoneである「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の発売を開始しました。

昨年までのモデルといったいどこが異なるのか。さまざまなところで相違点があるのですが、最も大きな特徴はそのディスプレイサイズです。

ことしAppleが発売した新型iPhoneは4.7インチ・5.5インチのディスプレイサイズを備えています。 20140923iOSdevicesCompare14 上記は iPhone 6 (ゴールド、64GB、SIMフリーモデル)に「iPhone 6 Plusレザーケース – (PRODUCT)RED」を装着している写真

とはいえ、このような写真1つではいまひとつどれぐらいのサイズ感なのかは分かりかねます。

本エントリーでは私の手持ちのiOSデバイスを用いて、iPhone 6、iPhone 6 Plusがどの程度大きいのかを比較する写真を掲載します。

比較対象があるとだいたいの大きさが掴めるのではないでしょうか。 iPhone 6、iPhone 6 Plusのおおよそのサイズ感がこれらの比較写真で分かるのではないかと思います。

比較1: iPhone 6とiPhone 6 Plusとの比較

まず第一に iPhone 6とiPhone 6 Plus の比較の写真です。

iPhone 6は4.7インチディスプレイ、iPhone 6 Plus は5.5インチディスプレイを搭載しています。

20140923iOSdevicesCompare13 下記はiPhone 6とiPhone 6 Plusの背面の写真です。横幅がまるで違うのがわかります。

20140923iOSdevicesCompare11 一口に「4.7インチだ」「5.5インチだ」といってもその大きさはけっこう違うのです。

私がこれらを実際に持って感じることは、その差0.8インチは手のひらにとり大きいということ。スペック上の数字ではなく、手のひらでの感触が重要だと思います。

比較2: iPhone 6・iPhone 6 PlusとiPhone 5s・iPhone 5cの比較

次に iPhone 6・iPhone 6 Plusと、iPhone 5s・5cの比較の写真です。

iPhone 5s・5cはディスプレイサイズが4.0インチです。 iPhone 6とiPhone 5s・5cのディスプレイのサイズの差0.7インチです。写真を見ると一回り大きくなったかんじがわかります。
20140923iOSdevicesCompare10
じじつiPhone 5s・5cに慣れた身にとっては、iPhone 6はすぐに慣れることのできる大きさだと私は思います。(依然としてiPhone 5s・5cの4インチ、あるいは過去の3.5インチのiPhoneが一番手に収まると主張されるかたももちろんいらっしゃるとは思います。)

いっぽう、iPhone 6 Plus とiPhone 5s・5cの比較では、これらはもうまったく違います。著しい違いとでもいいましょうか。まったく別物である、という印象が写真を通じてもわかるかと思います。

比較3: iPhone 6 PlusとiPad Airの比較

つぎにiPhone 6 PlusとiPad Airの比較の写真です。

iPhone 6 Plusは5.5インチであり、iPad Airは9.7インチ。その表示面積はまったく異なります。

20140923iOSdevicesCompare5
iPad AirのヨコがiPhone 6 Plusのタテとほぼ同じぐらいです。iPhone 6 Plusが2、3個あればiPad Air全体を覆うことができそうです。

20140923iOSdevicesCompare9

比較4: iPhone 6 とiPad miniの比較

つぎにiPhone 6 とiPad miniの比較の写真です。

iPhone 6 Plusは4.7インチであり、iPad miniは7.9インチ。その表示面積はまったく異なります。

20140923iOSdevicesCompare6
iPad miniのヨコがiPhone 6 のタテとほぼ同じぐらいです。iPhone 6 が2,3個あればiPad mini全体を覆うことができそうです。

20140923iOSdevicesCompare8

比較5: iPhone 6・iPhone 6 PlusとiPad mini・iPad mini Retinaディスプレイとの比較

つぎにiPhone 6・iPhone 6 PlusとiPad mini・iPad mini Retina ディスプレイの比較の写真です。

iPad mini・iPad mini Retina ディスプレイはおなじ7.9インチです。

20140923iOSdevicesCompare7
上の比較4で述べました通り、iPhone 6 とiPad mini (iPad mini Retinaディスプレイ)の大きさは全く違います。

しかし、iPhone 6 Plus をひとまわり、ふたまわり大きくしたら、iPad mini (iPad mini Retinaディスプレイ)の大きさになりそうです。

iPhone 6 Plusは、解像度がいわゆるフルHDの1920 x 1080です。

たほうiPad mini Retinaディスプレイは2048 x 1536です。結構似てます。

私の見方

iPhone 6 PlusとiPad mini (iPad mini Retinaディスプレイ)はそれぞれiPhoneとiPadという異なるカテゴリに属する製品ですが、両者はけっこう近しいです。

もしかしたら iPhone 6 Plus を「iPad nano」と呼びたくなるiPadユーザがいらっしゃるかもしれませんね〜。

ただ私の個人的な感想としては、iPhone 6 PlusがiPad mini Retinaディスプレイを兼ねるとかその代わりになるとかまで言うのは保留したいです。

なぜならたとえば電子書籍などではiPhone 6 PlusよりもiPad mini Retinaディスプレイのほうが快適な閲覧性を持っているからです。

まとめ: iPhone 6・iPhone 6 Plusは他のiOSデバイスとどのぐらい大きさが異なるのか

20140923iOSdevicesCompare2
iPhone 6及びiPhone 6 Plusは「4.7インチ」「5.5インチ」とのことですが、数字だけではかなり抽象的な印象を受けます。

しかしなじみのあるiOSデバイスと比較することで、かなりサイズ感が掴めたのではないかと思います。

iPhone 6

  • iPhone 5s/5cのユーザには素直に受け入れられる大きさ。
  • 手のひらに乗せると、iPhone 6 Plusのサイズとは大きな壁がある。
  • iPadシリーズとは全く被らない。

iPhone 6 Plus

  • iPhone 5s/5cのユーザは要注意。もしかすると携帯電話の大きさではないと思うかもしれない。
  • iPad miniユーザは iPhone 6 Plus を「iPad nano」とみなせばすぐに受け入れられるだろう。
  • iPad Airとは全く被らない。

私自身はいまのところ上記のような印象を抱いております。

今後iPhone 6及びiPhone 6 Plusを使い込むうちに、もっと違った印象を抱くかもしれません。あるいは今後のiPadの製品ラインナップの変更で、また違った感想を持つようになるかもしれません。

以上、私の手持ちのiOSデバイスを用いて、iPhone 6、iPhone 6 Plusがどの程度大きいのかを比較する写真を掲載しました。ご参考になれば幸いです。

Return Top