オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

UQ モバイルのiPhone 5s (月額1980円)は本当に購入すべきなのか?

UQ モバイルのiPhone 5s (月額1980円)は本当に購入すべきなのか?

UQコミュニケーションズ株式会社が2016年7月15日、「iPhone 5s」の販売を開始しました。

iPhone 5sは2013年9月に発売されたスマートフォンです。すでに3大キャリアは取り扱いをしておりませんし、Apple自身もSIMフリーのiPhone 5sの販売を中止しています。

しかし、2年10か月経過してなお販売されるというのは、いかにiPhone 5sが優れた端末であるかを示す好例であると言えます。

このiPhone 5s は、UQコミュニケーションズ株式会社のブランド「UQモバイル」で販売されます。「UQ モバイル」はauのMVNOです。いわゆる格安SIMを扱っています。

UQ モバイル版iPhone 5sのメリット

UQ モバイル版iPhone 5sの最大の売りは価格です。月額1,980円でiPhoneが使えます

3大キャリアでiPhoneを買うと少なくとも月額6000円程度はかかってきますから、これは安いということができます。

価格に敏感な消費者には大きくアピールすることでしょう。

またUQ モバイル版のiPhoneの特徴として、テザリングができるということが挙げられます。

やや専門的な話になってしまいますが、これまでau系MVNOでは、iOS 8以降のiPhoneではテザリングに難がありました。

具体的にいうと、auのiPhone 5s で最新のiOS 9を導入している場合、au系MVNO (mineoやUQモバイル)の nano SIMを刺しても、テザリングができませんでした。

しかしUQ モバイルのiPhone 5sであれば、テザリングが可能です。これは大きなメリットということができます。

UQ モバイルはiPhone 5sのために専用のSIMを用意しました。Apple側と何らかのすり合わせを行ったと言えます。

UQ モバイル版iPhone 5sのデメリット

UQ モバイルのiPhone 5sの欠点が3つあります。

UQモバイルのiPhone 5sは高い

1つは端末の高さです。UQ モバイルのiPhone 5sは50,400円(税別)します。これは高いです。

UQ モバイルのiPhone 5sは16GBモデルしか提供されず、色もシルバーとスペースグレーの2色だけです。

またSIMロック解除にも対応しません。

一方、Apple の販売する「iPhone SE 16GB」は47,800円(税別)です。

Apple の「iPhone SE 16GB」を買う方が安いです。

iPhone 5sは今となっては見劣りする性能だ

もう1つは性能です。iPhone 5sは、今となっては見劣りする性能です。

同じ4.0インチの「iPhone SE」の方が性能の面で優れております。iPhone SEはメモリは2GB搭載しており、A9を積んでいます。iPhone SEは今年の3月にでたばかりの機種です。今年秋にリリースされるiOS 10でも快適に使えることでしょう。

しかし、iPhone 5sはメモリは1GBしか積んでいません。また搭載されているA7チップはiPhone SEに比べて2世代も前のものです。見劣りすると言わざるをえません。

iPhone 5sは、iOS 10にアップグレードできる対象とされていますが、快適に使えるかは疑問です。

UQ モバイルのiPhone 5sは2年契約を伴う

最後に、UQ モバイルのiPhone 5sは2年契約の縛りがあることです。UQ モバイルのiPhone 5sは必ず2年契約を伴います。解約すると9500円の違約金が付いてきます。

昨今のMVNOであれば、音声契約を解除する際に違約金が付いてこないMVNOがあります。例えばイオンモバイルがそうです。この点において、イオンモバイルは筋が通っていると思いますね。

三大キャリアのガチガチの2年契約が嫌いで、MVNOを使いたいというユーザさんも多いと思います。しかしUQ モバイルのiPhone 5sは三大キャリアと同等のキツイ縛りがあります。

「auで買うのとあんまり変わらないよね。MVNOらしさがないよね」という印象です。

UQ モバイルが今になってiPhone 5s を出してきた背景

今回のUQ モバイルが、iPhone 5s を出してきた背景には、ワイモバイルのiPhone 5s がすでに出していたことが理由にあります。

ワイモバイルは2016年3月4日よりiPhone 5s を提供しています。ワイモバイルのiPhone は月額1980円で利用可能です。これが今人気を博しています。

その好調なワイモバイルを追いかける格好で、UQ モバイルが、iPhone 5s を出してきました。

ワイモバイルのiPhone 5s には16GBと32GBがあるので、UQ モバイルよりもワイモバイルの方が選択肢が広いということが言えます。

なぜUQ モバイルには32GBがないのかなぁと私は疑問に思っています。

結論!!

以上、UQ モバイルのiPhone 5sをご紹介しました。

UQ モバイルのiPhone 5sには月額1,980円から利用できるという魅力があります。またUQ モバイルが販売するということで、SIMフリー iPhone にいまひとつ抵抗を感じている層にとっては、安心感があります。

一方、2世代前の端末であり、今から新規で買うには高く感じられます。

結論です。私は、UQ モバイルのiPhone 5sを買うのはやめてSIMフリーiPhone SEを買うべきだと考えています。

いまどきSIMロック解除に対応しない、2年前の端末なんてよほどのことがない限り買う必要なんてないです。

Appleが販売するSIMフリーのiPhone SEにドコモ系MVNOのSIMを刺せば、何も困ることはありません。まったく問題なく使えます。

ドコモ系MVNOは様々な競争があり、キャンペーンなども行われています。こちらの方がUQ モバイルのプランよりもお得です。

私のオススメは「mineoのDプラン」です。mineoはMVNOの中でもユーザコミュニティを活性化させる取り組みに熱心です。

mineoユーザーでパケットをシェアできる「フリータンク」機能を提供するなど、ユーザが得する仕掛けがmineoにはあります。

mineoは今なら3カ月間、864円を毎月割引くキャンペーンも行っています。7月31日までのキャンペーンです。

安いiPhoneを使いたいなら、UQ モバイルのiPhone 5sではなく、SIMフリーなiPhone SEと「mineo」のDプランを選んでください

iPhone SEであればiPhone 5sよりも末長く使えます。64GBモデルも選べます。

▶︎▶︎MVNOの「mineo」を公式サイトで見てみる
▶︎▶︎SIMフリーの「iPhone SE」をアップル公式サイトで見てみる

Return Top