オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

iMac 5K時代、高解像度なデジカメを選ぶべきだ

iMac 5K時代、高解像度なデジカメを選ぶべきだ

デジタルカメラを購入しようと思った時、消費者にとっては画素数が重要なファクターであるといって間違い無いでしょう。

「8メガピクセルよりは10メガピクセルがいい。16メガピクセルよりは24メガピクセルがいい。」

画素数が大きければ大きいほど画質が良いと考える消費者は多いです。

しかしこの考えは、一つの単純な事実によって反論されます。

プロカメラマンが使用するカメラの代表格はキヤノンの「EOS-1D X」です。これはキヤノンのフラグシップモデルです。「EOS-1D X」の画素数は約1810万画素です。いっぽうで製品のヒエラルキーが下位であるモデル「EOS 5D Mark III」は、約2230万画素です。

いっぽうニコンに目を転じれば、同じくフラグシップである「D4s」は1661万画素です。いっぽうエントリーモデルの「D3300」は2400万画素。APS-Cセンサーの5万円のカメラである「D3300」がフルサイズセンサーの50万円の「D4s」よりも画素数が多いです。

画素数が大きければ大きいほど画質が良いのであれば、「D4s」を買わないで「D3300」を買うでしょう。しかしそうではありません。「D4s」のほうが画質は良いです。

このことは、画素数が増えると受光面積は小さくなるため、ダイナミックレンジが低下するためと説明できます。したがって「デジタルカメラは高画素だからといって高画質だとは言えない」ということがわかります。

けれど、私は解像度にこだわりたいと思っています。それはiMac Retina 5Kディスプレイモデルの存在です。

驚異の解像度を持ったiMac Retina 5Kディスプレイモデル

iMac Retina 5Kディスプレイモデルは、5,120 x 2,880ピクセルという驚くべき解像度を持っています。一般的なコンシューマー向けパソコンとしては孤高の存在ともいってよいスペックです。

このRetinaディスプレイで見る写真は圧巻です。これまで見えなかった細かい部分が緻密に表示されるからです。

けれど、この5,120 x 2,880ピクセルという解像度で手持ちの写真を表示させると、いささかがっかりした結果が出てくるかもしれません。例を挙げてご説明したいと思います。

iPhone 6 Plusの写真をiMac Retina 5Kディスプレイモデルで表示する

下は、iPhone 6 Plusで撮影した写真を Aperture で 100%表示で表示したものです。

20150126imac5kcamera2
*クリックすると大きくなります。

iPhone 6 Plus の iSightカメラは 3,264 × 2,448ピクセルで撮影することができます。

いっぽう、iMac Retina 5Kディスプレイモデルは5,120 x 2,880ピクセル。上の画面では、大きな黒いフチができてしまっていることがわかります。なんとも寂しい感じです。

リコー「GR」の写真をiMac Retina 5Kディスプレイモデルで表示する

下は、リコーのコンパクトデジタルカメラ「GR」で撮影した写真を Aperture で 100%表示で表示したものです。
20150126imac5kcamera3
*クリックすると大きくなります。

「GR」は 4,928×3,264ピクセルで撮影することができます。だからiMac Retina 5Kディスプレイモデルで表示させた時、縦は十分にあります。

しかし、横が192ピクセル、わずかに足りません! この192ピクセルに意味があるかと言われればないような気もしますが、ちょっと悔しいですw

ニコン「D3300」の写真をiMac Retina 5Kディスプレイモデルで表示する

下は、ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D3300」で撮影した写真を Aperture で 100%表示で表示したものです。

20150126imac5kcamera1
*クリックすると大きくなります。

「D3300」は 6,000 x 4,000ピクセルで撮影することができます。

したがって、iMac Retina 5Kディスプレイモデルで等倍で画面いっぱいに表示させることができます。性能をフルに使っているみたいで気持ちいいですw

まとめ:iMac Retina 5Kディスプレイモデル時代のデジカメ選び

以上、iMac Retina 5Kディスプレイモデルで各カメラで撮影した写真がどのように表示されるかを考察しました。

等倍で表示させたとき、iPhoneは大きな枠ができてしまいます。GRはわずかに横のピクセル数が足りません。D3300は十分に表示することができます。

この事実を持って、iPhoneやGRがD3300に劣るなどと主張するつもりはありません。

けれど、iMac Retina 5Kディスプレイモデルの驚異的な高解像度を楽しもうと思ったら、5,120 x 2,880ピクセルよりも大きな解像度の写真を撮れるカメラを選んだほうがいいと私は考えています。

「解像度は画質には関係がない。しかし、iMac Retina 5Kディスプレイモデルで、その解像度以上の大きな写真が撮れるカメラで、写真を等倍で楽しみたい!」

これが私の結論です。

Return Top