オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

Macを定期的に清掃しよう。気分が良くなる

Macを定期的に清掃しよう。気分が良くなる

Macを清掃する方法をご紹介します。

Macを使っていると、ホコリ・皮脂の汚れなどが気になることがありませんか?

私は週に一度ぐらいの頻度で Mac を清掃をしています。

ついでにMacを置いている机、床も雑巾掛けをします。

Macや机の周りの掃除が終わると、とても気分が良くなりますよ〜。気持ちがすっとします。

清掃は5分もあれば終わります。とてもお勧めです。

Macを清掃するのに必要なもの

まず最も大事なことは「糸くずの出ない柔らかい布」を用意することです。これがMacの掃除に必要です。具体的には東レの「トレシー」をお勧めします。これが使いやすいです。

次に大事なことは、ケーブルを全部外すことです。清掃中にうっかりケーブルを引っ掛けてしまったりすることがあるかもしれません。

下はケーブルを取り外した私のiMac 5K。ケーブルをがんがん抜きます。

Macの電源を落として、繋がっているものは全部取り外してください。

Macを清掃する方法は簡単です。

上で用意した「糸くずの出ない柔らかい布」を水で少しだけ湿らせて清掃します。水だけでいいですからね!余計な洗剤などは入りません。

これだけでMacはとても綺麗に見えるようになります。Macの外側もディスプレイ部分も慎重に清掃します。

2分もあれば終わってしまいます。

周辺機器も清掃する

Mac本体の清掃が終わったら、周辺機器も清掃しましょう。

キーボード・マウス・AirMac製品のホコリを落とします。ケーブルに案外ホコリがついていることに気がつくはずです。

清掃方法はMacと一緒です。電源を落として、ケーブルを全て取り外します。Mac同様湿らせた布を用意して、清掃します。

Macを清掃する上でやってはいけないこと

Macを清掃する上で決して使ってはいけないのは、ティッシュペーパーです。これは使ってはいけません。

時々、ティッシュペーパーでiPhoneを清掃している人を見かけますが、絶対にしてはいけない行為です。ティッシュの繊維はセルロースからできています。電子デバイスのようなものの清掃に使用すると傷がつきますから、全く向きません。

注意!

Macは水滴に弱いです。湿らせた布から水が垂れないことを十分に確認してください。もし水が垂れてしまうとキーが認識しなくなるなど、思わぬトラブルになってしまいます。

私自身、かつてキーボードをダメにしてしまった苦い過去があります。こうなるとAppleにサポートを依頼するしかありません。良かれと思ってやったことが面倒を引き起こすとは本末転倒です。

なので、絶対に水滴に注意してくださいね。きっちり絞ってください。

終わりに:Macを定期的に清掃する

Macを清掃する方法をお伝えしました。

Macであれなんであれ、道具にとって必要なことは「定期的なメンテナンス」です。

ホコリを払って、汚れを拭っておけば、毎日気分良く道具を使うことができます。これにより道具を末長く使うことができます。

私自身は週に1度行っています。ついでに机の周りも雑巾掛けをします。

知らず知らずのうちに溜まった書類・小銭・小物なども整理・整頓します。

そうすると、とても気分が良くなるのです。

Macをいつまでも大切に使うために、ぜひMacとその周りを定期的に清掃し、片付けてみてください。

なお東レの「トレシー」は、MacでもiPhone/iPadでも清掃するのに向いています。私はここ10年ほど愛用しています。Amazonで購入できます。iPad用の大きいサイズのものがおすすめです。

Return Top