オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

エディタScrivener使い歓喜!書籍『考えながら書く人のためのScrivener入門』が発売

エディタScrivener使い歓喜!書籍『考えながら書く人のためのScrivener入門』が発売

何かしら意味のある文章、まとまりのある文章をパソコンで書きたいと思った時、どのソフトウェアがいいでしょうか。

もっとも普及しているソフトウェアはもしかするとMicrosoft Office の「ワード」かもしれません。企業におけるデファクトスタンダードである「ワード」は多くのユーザがいます。私も「ワード」を職場で使用しています。

しかし、私は自宅ではScrivenerを主として使っています。ScrivenerはMac/Windowsで使えるエディタソフト。単なるエディタではなく、文のまとまりを簡単に入れ替えたり、資料を同梱したりすることができます。ワードよりも軽快に動きます。

文章を書くことをプロジェクトとして捉えるような人にとってScrivenerは極めて強力なツールです。

そのScrivenerに、なんと日本語のガイド『考えながら書く人のためのScrivener入門』が販売されました。

考えながら書く人のためのScrivener入門 20160320scrivener

Scrivenerは大変人気のソフトウェアであり、英語の解説書はすでに幾つか出ておりました。

けれど、日本語のものは、雑誌記事を除き、『考えながら書く人のためのScrivener入門』がおそらく初めての書物ではないでしょうか。

Scrivenerは小説・論文・レポート、長文を書きたい人にうってつけのソフトウェア

『考えながら書く人のためのScrivener入門』には副題に「小説・論文・レポート、長文を書きたい人へ」と添えられています。本気で文章を書きたい人であるとはっきり述べています。

ちょっとした文章を書くならば、OSに標準で添付する「テキストエディット」や「メモ帳」で十分かもしれません。

しかし、まとまった文章を長い時間かけて書くならば、高機能なエディタが助けになってくれます。Scrivenerはその決定版です。

大学生や研究者、企業で働く人など知的な長文を書く必要のある方々はもちろん、ブロガーさんにもScrivenerは、うってつけのソフトウェアです。

ScrivenerはMac版のソフトウェアの価格が5,400円です。『考えながら書く人のためのScrivener入門』はKindle版が2,430円です。

Mac用のScrivenerは下記からダウンロードできます。

ScrivenerScrivener
価格:¥5,400(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, 教育

アプリをダウンロードする

WindowsのScrivenerはこちらからダウンロードできます。

Scrivenerは試用版があります。

Return Top