オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

頼むから iWork ’13 をだしてくれ

頼むから iWork ’13 をだしてくれ

Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC 2013」が6月10日に開催されます。そこでは基調講演がおこなわれ、Appleのエグゼクティブたちがなんらかの発表をおこいます。なにが発表されるかはわかりません。

しかし、ひとつだけ一消費者としていいたいことがあります。。

「頼むから iWork ’13 をだしてくれ」

いま Mac App Store では、Appleのオフィススイート「iWork」が販売されています。

Pages ’09, Keynote’09, Numbers’09の3つです。

どれもいまから4年前のリリースじゃないか!

4年前とは、iPhone 3GSのころです。遥か昔のことのようです。

その間、Appleさんは iOS 向けiWork に力を入れてきました。そして私自身とても便利にiWork for iOS を使っています。

しかし、村上春樹さんが翻訳したレイモンド・カーヴァーの短編集の本のタイトルをなぞらえて、私は次のように申し上げたい。

「頼むから iWork ’13 をだしてくれ」

iWorkシリーズの中でも、私はNumbersを毎日使っています。Numbersは「表計算ライクなワープロ」というのが私の評価です。

Numbers for Mac は、Numbers for iOS との親和性が高いので重宝しています。ドキュメントはiCloud で簡単に同期してくれます。

しかし複雑なスプレッドシートを作成しようとするとExcel for Mac に軍配が上がります。Numbersも悪くないけど、純粋な表計算ソフトの機能面ではExcel for Mac 2011が遥かに優れています。一日の長があるわけです。

だからAppleさんは「表計算はMicrosoftにまかせておけばいい」と思っているのかもしれません。

でもそうはいっても純正の強みというのはやはりあると思います。前回から4年たちましたので、そろそろBack to the Mac, Back to the Numbers していただき、メジャーアップデートを販売していただきたいと願うのであります。

(リンク)
[iWork for Mac] ・Pages for Mac
Numbers for Mac
Keynote for Mac

[iWork for iOS] ・Pages – Apple
Numbers – for iOS
Keynote for iOS

Return Top