オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

森山大道写真展「1965~」にいって観てきた (Gallery916)

森山大道写真展「1965~」にいって観てきた (Gallery916)

本日、東京都港区海岸にある「ギャラリー916」にて、森山大道写真展「1965~」を観てきました。すげえ良かったです。

日本を代表する写真家・森山大道は1938年に大阪生まれました。1960年、彼が22歳のときに写真の世界へ飛び込むやいなや、1964年に写真家として独立しました。それから現在に至るまで、意欲的な作品を発表し続けています。代表作は『写真よさようなら』(72)、『光と影』(82)、『Daido-hysteric』(93-97)、『新宿』(02) など。

201306mor1

また森山さんは、リコーのGRのイベントにも出席されたことも記憶に新しいです。

同氏は、「シャッターレスポンスが速くて良い。暗がりがスカッと撮れるのがずいぶん違う。僕のように都市をスナップするものにはうれしい」と話した。

 森山氏は銀塩GRの初代からずっとGRシリーズを買って使っているという。「GRを使う一番のモーメントは、パッと手に馴染むのが体感できるところ。ファーストインプレッションのようなものでパッとくるものがある。もう50年以上ストリートスナップを撮っているが、色々使った中でGRシリーズがストリートスナップに最も適している」とした。
 デジカメWatch「「GR」の発表会に森山大道氏が登場

そんな森山さんの展覧会があるということで、私は駆けつけました。

201306mor2

森山大道写真展「1965~」では、森山さんの作品が82点展示されていました。森山さんが写真家として独立した1964年から、現在に至るまでの作品群だそうです。

201306mor3

森山さんの白と黒の作品に圧倒されました。写真集で森山作品を観るのとは異なります。

若い女の後ろ姿

ヒールを履き、きれいな洋服に身をまとった女がこの汚い入り口へ入っていくのはなぜだろうか。

201306mor4

年老いた猫。やせて眼光が鋭くなっている

「ギャラリー916」は写真専門のギャラリー。600平米のギャラリー内は広々としていて、作品鑑賞にもってこい。気に入りました。
201306mor5

広々とした会場にて、私はじっくりとこの展覧会にて森山作品を鑑賞し、堪能しました。

ギャラリーからはこんなすてきな夜景も見れます。
201306mor6
ギャラリーでは、スタッフの方と二、三言葉を交わす機会がありました。

森山さんは、どちらかというとやはりファッションという文脈で捉えられがちではないかといい、今回の展覧会では森山作品のなかでも写真としてきれいなものを中心に展示している、とのことでした。

森山大道写真展「1965~」は、ギャラリー916において、2013年7月20日までやっております。とてもおすすめなのでぜひ!!

ギャラリー916
住所:〒 105-0022 東京都 港区 海岸1-14-24 鈴江第3ビル6F
TEL:03-5403-9161
最寄駅:(1)新交通ゆりかもめ竹芝駅 / (2)JR山手線浜松町駅 / (3)都営大江戸線大門駅
行き方:新交通ゆりかもめ竹芝駅から徒歩1分、JR山手線浜松町駅から徒歩5分、都営大江戸線大門駅から徒歩5分
開館時間:11:00 – 20:00
土曜・祝日は18:30まで
休館日:月曜日・日曜日
観覧料:有料(800円)

201306mor7
(ギャラリー916のあるビル。青が目印です)

***

森山大道さんの写真集「THE TROPICS」を購入しました。

201306mora1

2010年発行ですが、1980年から90年に森山さんが東南アジアで撮影された写真のかずかず。
201306mora2
こちらも写真の持つディープな力に、圧倒されました。黒・黒・黒!!

次回、こちらの写真集「THE TROPICS」をレポートします。

Return Top