オーケーマック

【レビュー】iPadOS 13.4はiPadの歴史を変える、とんでもないアップデートだ

【レビュー】iPadOS 13.4はiPadの歴史を変える、とんでもないアップデートだ

iPadOS がバージョン13.4へアップデートされました。2020年3月24日(現地時間)のことです。

このアップデートを私は手持ちの iPad mini 5 と iPad Pro 12.9 (第二世代) にすぐにインストールしてみました。そして、このバージョンアップが驚くべき変更点を含んでいることがわかりました。

もしかしたらiPad OS 13.4は、2019年秋にリリースされた13.0よりもはるかに重要だと言っていいかもしれません。

iPadOS 13.4での新機能

iPadOS 13.4ではさまざまな昨日刷新が図られています。一部分、iOS 13 と共通するものがあります。

たとえばミー文字ステッカーの追加や、iCloud Driveファルダ共有、さらにユニバーサル購入対象にMacが含まれたことなどです。

iPadOS 13.4の独自機能としては、トラックパッドサポート、マウスサポートがあります。

もともと2019年秋にリリースされたiPadOSでは、新機能としてマウスサポートが用意されていました。このマウスサポートはあくまでアクセシビリティの一つとして用意されていたもの。大々的にアピールはされませんでした。

実際のところ、iPadOSがリリースされた当時は、「そこまで使いやすくはないな」という感じがありました。マウスサポート自体に目新しさはあったものの、マウスカーソルはあまり馴染みがあるものとは言えず、あくまで「アクセシビリティ対応のもの」という位置付けでした。

iPadOSリリース当初から、マウスサポートを一般ユーザ向けとして出さなかったのはAppleの狙いでもあったのだろうと思います。ユーザがどれだけマウスサポートを求めているのか。そのニーズを見極めたいとAppleが考えていたのではないでしょうか。

そのiPadOS がリリースされてから半年が経ちました。最新バージョンのiPadOS13.4では、トラックパッド(マウス)サポートを大いに進化させました。

iPadOS 13.4の発表とともに、iPad Proの後継機がリリースされました。12.9インチモデルとしては第4世代、11インチモデルとしては第2世代となります。

これらに合わせて、iPad向けMagic Keyboardが発表になりました。トラックパッドを備えたこの純正キーボードは、まるでMacBookのようではないですか! iPadOS 13.4においてハードウェアキーボードとiPadが大きく融合します。

iPadOS 13.4でタッチを前提とした設計からトラックパッド、マウスを意識した設計へと大きな変化を遂げたこと。これはiPadにとって歴史的な大転換点であると言えます。

2019年秋まで iPadもiPhoneも同じ「iOS」という名前でした。機能はほぼ一緒です。

しかし、iPadOSと名前を変えたいま、iPad はその性格を大きく変更したのです。

誕生から10年を迎えたiPadは大きな変革期を迎えた

iPadが誕生したのは2010年のことです。それから10年の歳月が流れました。

AppleはiPad初代モデル発売時点から純正キーボードを用意するなど、iPadの持つ生産性のツールとしての面を大きくアピールしてきました。

2015年にApple Pencil もまた生産性ツールの1つです。

そのようなメーカー側の思惑とは別に、「iPadは大きな iPhoneに過ぎない」というようなあしらわれかたをされてきたのもまた事実であろうと思います。「iPadはコンテンツ消費マシンだよ」と悪口を言われるのを聞いてきたこともあります。

そんなとき、私はいつもiPadを擁護したい気持ちに駆られました。

単なる消費ツール、暇つぶしツールではない。私たちユーザのクリエイティビティを実現するデバイスがiPadなのだ」と声を大にして言いたかったのです。

今でもその思いは変わりません。これからのAppleの未来を形作っていくのは iPad だと確信を持っています。

生産性ツールとしてiPadのマウスサポートは必須だ

ただ、そんな私でもiPadに対して切実な要望がありました。

要望は2つです。

第1の要望はマウスサポートです。モバイルデバイスが飛躍的な進化を遂げていくなか、外付けキーボードを利用して入力したいという欲求が私には常にありました。

iPad mini が出たとき、「これで講演会のメモを取る道具になる! ノート型Macは要らなくなるはず」と興奮したのを覚えています。

しかし、実際のところiPad mini に外付けキーボードを接続してメモを取っていると、カーソルをいちいち画面に指で合わせなくてはならないのが、もどかしく、かったるく感じられたのです。

マウスがあれば、手を画面に伸ばさずにカーソルを簡単に移動できるのになぁ

そんな切実な想いがもう何年も抱えていました。

いうまでもないことですが、ハードウェアキーボードのホームポジションから手を画面をタップするなんて、ナンセンスです。

Android スマートフォンやタブレットではマウスが使えるのがあたりまえです。それを横目にしながらも、羨ましい気持ちがあったのも事実です。

しかし、2020年3月のiPadOS 13.4でiPadがついにトラックパッド(マウス)に正式に対応しました。

Apple純正のMagic TrackPad 2やMagic Mouse 2、また来るべきiPad用Magic Keyboardのトラックパッドが使えるようになったのです。

iPadOS 13.4で利用するトラックパッドにはジェスチャー機能があります。これを使えば、iPadがますます操作が容易になります。しかも画面を触ることなしに。実に嬉しいことです。

外付けキーボードを用いたiPadの日本語入力が高性能になった

第2の要望は、ハードウェアキーボードを用いた日本語変換性能の向上です。

iOSはiPhoneの小さな画面であれば日本語入力は全く問題ありません。フリック入力でガシガシ打てます。

もしかしたら、「iPhoneの日本語入力は気に入らない」という方がいらっしゃるかもしれません。そんな時はお馴染みのジャストシステムの「ATOK」を入れたり、「Google日本語入力」を入れたりして、お好みのサードパーティ製日本語変換アプリを導入できます。

しかし、これまでのiPadでは、ハードウェアキーボードを用いたとき日本語入力がどうもよろしくありませんでした。所詮モバイルデバイスの変換品質であり、デスクトップクラスの変換品質ではありませんでした。要するに仕事で使える品質とは言い難かったということです。

iPadは2010年に登場して10年経つのに、日本語入力性能はいまひとつだよな。これで生産性と言われても、英語圏の人たちはいいかもしれないけど、日本語圏の人たちにとっては『だったらMacでいいじゃん』ってなるよ。

そんな忸怩たる想いがありました。

しかし、Apple は iPadOS 13.4にて「日本語ライブ変換」を導入しました。

この日本語ライブ変換を1週間ほど試してデスクトップ水準の変換品質であることがわかりました。変換性能は賢くなり、Macライクな日本語入力操作がほぼ実現できるようになったのです。

私が日本語で文章やメールを執筆する分には全く問題ないです。他のユーザさんも試していただければ品質が向上したことを実感いただけることでしょう。

日本語ライブ変換を用いると、例えば日本語入力時において、Controlキーを組み合わせて平仮名やカタカナに変換できるようになりました。(Windows ですと、F6、F7キーのショートカットに相当)。

さらに修飾キーとして、Control、Command、Alt、Esc、Capsキーがユーザの好みに合わせて割り当てられるようになりました。

そうそう、これこれ!Macみたいな操作感がいいんだよ!

日本語変換については語り出したらきりがないのですが、iPad上で使える日本語変換は明らかな向上が見られます。iPadOS 13.4で、iPadにおける日本語変換問題については終止符が打たれたといって良いのではないでしょうか。

まとめ

以上、iPadOS 13.4 での革新的な進化についてお伝えしました

iPad は10年の歴史の中で、さまざまな進化を遂げてきました。

Retinaディスプレイ化、軽量化、小型化、大型化、Apple Pencil対応、Smart Connect対応、LTE対応などなど・・・。

その10年に渡る歴史の中で、iPad の方向性を大きく変えることとなったのはiOSからiPadOSとして分離したことです。そして、iPadOS 13.4は歴史的な結節点として評価されることでしょう。

Magic Keyboard を携えて、iPadは iPhone とは違った進化をますます遂げることとなります。

その一方で、Macにセルラー機能が乗ることはないとはっきりわかりました。

かつて私は、Surface のように MacBook Air にSIMスロットを載せて欲しいと考えていたこともありましたが、そんな未来はやってきません。未来は iPad + Magic Keyboard にあります

来るべき、Apple の開発者会議「WWDC2020」において、iPadOSについてより強固で、具体的なビジョンが Apple のエグゼクティブから発表されるのは明らかなことです。iPadファンは絶対に見逃すことができない内容になると言えましょう。

さて、困ったことがあります。それはiPad Pro と Magic Keyboard が欲しくなってしまったことです。

オレ、第二世代の iPad Pro 12.9 インチと iPad mini (第5世代) しか持っておらず、Magic Keyboard対応機種のiPad Proは持っていないんですよ。どうしよう。。。

もう、乗るしかない。ビッグウェーブですもんね!

▶︎▶︎ Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 128GB) – シルバー (第4世代)をAmazon.co.jpで見てみる
▶︎▶︎ Apple Magic Keyboard (12.9インチiPad Pro – 第3世代と第4世代) – 英語(US)をAmazon.co.jpで見てみる

▶︎▶︎ Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) – スペースグレイ (第2世代)をAmazon.co.jpで見てみる
▶︎▶︎ Apple Magic Keyboard (11インチiPad Pro – 第1世代と第2世代) – 英語(US)をAmazon.co.jpで見てみる

この記事が気に入ったら「いいね!」


いいね!を550件いただきました。ありがとうございます!
Return Top