オーケーマック

【レポート】新型コロナウイルスで休業中のApple 銀座の様子

【レポート】新型コロナウイルスで休業中のApple 銀座の様子

Apple CEO ティム・クック氏のステートメントによると、コロナウイルスにより中華圏以外のApple Storeを2020年3月27日まで休業します。

まさに前代未聞の事態です。

これまで Apple Storeは1月1日がお休みなのが恒例で、1月2日から12月31日まで年中無休で影響を続けていました。

新型コロナウイルスの影響で、一部の地域で短期間休業したり、短縮営業を実施したり、Today at Apple を中止したりはありました。

しかし、全世界のApple Storeが2週間一斉休業することになるとは想像だにしませんでした。

私は新型コロナウイルスで休業中のApple 銀座を訪れました。

▼ 2020年3月15日、Apple 銀座の様子

▼ 店員さん(マネージャクラス?)がお客さんに応対しています。

▼ Apple に掲げられた張り紙

張り紙にはこのように書かれています。

誠に勝手ながら、当店は3月27日まで休業いたします。

Appleはお客様に優れたサービスをお届けできるよう常に努めております。製品のご購入については、apple.com/jp にアクセスするか、App Store からApple Store アプリケーションをダウンロードしてください。修理やサポート、Genius Barのご利用についてはsupport.apple.com/ja-jp または 0120-993-993 にお問い合わせください。

営業再開後のご来店を、心よりお待ちいたしております。

▼ 店員さんたちは店内にいます。お客さんがいないストアはなんとも寂しい。

Apple にとって、全世界の従業員を守ることは重要です。

そのため、2週間営業を停止するという決断をしました。

Appleのスタッフにとっても仕事ができない、もどかしい2週間になるのではないでしょうか。

私も一顧客としてAppleに遊びに行けないのがとても残念です。

2週間後、事態が好転して再びApple Storeを訪れ、Appleのお兄さんやお姉さんたちに会いに行けることを心待ちにしています。

▶︎▶︎ Apple公式サイトで見てみる

この記事が気に入ったら「いいね!」


いいね!を550件いただきました。ありがとうございます!
Return Top