オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、
海外版iPhone、iPad、Apple Watchなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

【レビュー】Apple Watch Series 3 にセルラー機能は必要か

【レビュー】Apple Watch Series 3 にセルラー機能は必要か

Apple Watch Series 3 は Apple Watch の最新モデルです。

このApple Watch Series 3 には、GPS + CellularモデルとGPS モデルのふたつがあります。要はセルラー機能(携帯電話通信機能)があるかないかです。

Apple Watch Series 3は前モデルと比べてプロセッサがより高速になったり、Siriがしゃべるようになったりしましたが、中でもこの携帯電話通信できる機能は目玉の一つとも言ってよいでしょう。

Apple Watch Series 3 セルラー機能を5ヶ月使ってみた

私自身、Apple Watch Series 3 のセルラーモデルを約5ヶ月間つかってきました。そこでApple Watch Series 3 にセルラー機能は必要かについて率直なところを述べます。

Apple Watch Series 3 の最大の特徴はセルラー機能といってもよいでしょう。Apple Watch Series 3と、通信契約があればこのWatch単体で電話を受けることができます。これはかなり画期的なことと言えるでしょう。

これまでは iPhone があって通話やFaceTimeオーディオが使えていましたが、Apple Watch Series 3 は単体で電話ができます。ある意味でApple Watchは「スマートフォン」と呼んでも差し支えないかもしれません。

さらにモバイルデータ通信も可能ですから、メールを受信したり、ストリーミング音楽を流したりできます。これもApple Watchのみで完結できるわけですから、驚くべきデバイスと言えましょう。

Apple Watch Series 3:実際に使ってわかったセルラー機能のメリットはこれ!

私は iPhone をNTTドコモの契約で使っています。NTTドコモの「ワンナンバーサービス」を利用すると、iPhone の電話番号がApple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)でも使えるようになるのです。

まず最初に私が便利だと感じたシチュエーションを挙げます。

どこでも Siri が使える

Apple Watch の Siri はネットワークに繋がっていないと使えません。iPhone や Wi-Fi がないと使えないのですが、Apple Watch Series 3 のセルラーモデルであれば iPhone がなくても Siri が使えます。これは便利です。私はスポーツジムで重宝しています。

Siri には例えばカレンダーや天気など、様々なことを聞くことができます。トレーニングしながら、さっと Siri にアクセスできるのは実に便利です。

Siriは徐々に賢くなってきていると感じます。まだまだだなぁという部分もあるのですが、2年ぐらいまえに比べるとかなり使いやすくなってきています。

Apple Watch と Siri の組み合わせはとても有効です。

どこでも Twitter の DM が受けられる

多くの方がTwitterを楽しんでいらっしゃることと思います。特にTwitter純正の iPhone アプリに関しては、Apple Watch だけでDMを受けることができます。

DMに関しては、そのまま返信することができます。返信はマイクを通じて音声入力で行います。とても便利です。

私はTwitterのDM機能をよく使っています。これも上で挙げた例と同じで、特にスポーツジムですぐに着信できてありがたいと感じています。

最初は「トレーニングに集中しているのを妨げられて嫌かも」と思っていたのですが、急を要する用事がある時などは、手首にてDMを受けることができて、「あってよかった」と思うようになりました。

なお、通知を受けるのを避ける方法も Apple Watch には用意されています。邪魔されたくない、と思ったときは簡単に通知をオフにできます。

どこでも 「友達を探す」 が使える

Apple Watch のアプリで私がよく使うものの一つは 「友達を探す」です。私の場合、友達とは家族のことなのですが、このアプリで家族の居場所を確認することがしばしばです。

「友達を探す」も iPhone なしで使えます。「友達」の位置はマップに表示されるのですが、モバイル通信であってもそこそこ早く表示されます。これはApple Watch Series 3の最新のチップのおかげ、とも言えるでしょう。

▶︎▶︎ Apple WatchをApple公式サイトで見てみる

Apple Watch Series 3:そこまで便利と感じられなかったセルラー機能はこれ

次に、Apple Watch セルラー機能について、私がそんなに便利だと感じられなかったシチュエーションをお伝えします。

もはや電話はそんなに使わない。っていうか、全然使わない。

こういっては何ですが、電話機能自体を私は使いません。私が電話するのはレストランと散髪屋さんの予約だけ、といってもいいです。また電話がかかってくることも皆無です。

私のようなおっさんだけではなく、若い人もそうだと思うのですが、まずはメッセージングサービスがコミュニケーションの手段ですよね。メールを使っている人もあるかもしれませんが、もはやメールはフォーマルだったり、あるいは広告だったりします。

Apple Watch の電話機能は宝の持ち腐れ状態です。一度も使ったことがありません。過去5カ月そうだったので、今後も電話を使うことは皆無でしょう。

2. Apple Watch でApple Music をそんなにストリーミングさせない

Apple 製品をお使いで、音楽に関心のある方ならApple Music はおすすめです。Apple Musicは Apple のストリーミング音楽配信サービス。全世界で4000万人の人たちが楽しんでいます(2018年3月時点)。驚くべき数字です。

私自身、家族プランに加入しており、家族みなでApple Musicを楽しんでいるんです。

このApple Music は、Apple Watch のモバイルデータ通信だけで再生することができます。かなり画期的なことです。

Apple Watch から例えば AirPodsなどのBluetoothヘッドホンに飛ばしたりすることで、iPhone なしに音楽を楽しむことができます。

ただ、実際にApple Watch のみでストリーミングさせるシチュエーションがあまりないのです。

私の通っているジムでは、室内に音楽が流れているため、わざわざApple Musicを聞こうという欲求がありませんでした。

もしかしたら外でランニングする方ならば、Apple Watch のみでストリーミングさせることに意義が感じられるかもしれないですね。

私の場合に限っては、Apple MusicはiPhone や Mac で再生できればそれでいいと感じています。

終わりに:Apple Watchを選ぶときに必要な視点は「見た目」だ

以上、私がApple Watch Series 3 GPS + Cellularモデルを利用して、感じた携帯電話通信のメリット・デメリットについてお伝えしました。

Apple Watch Series 3 にとってセルラー機能は目玉機能と言って良いです。iPhone から独立して、電話ができたり、メッセージを受けたり、Siri を利用できたり、アプリの通知を受けられます。

Apple Watch Series 3 GPS + Cellularモデルは、iPhoneを持たないシチュエーションが頻繁にある人にとって、メリットを大いに享受できるでしょう。

いっぽう、「iPhone をいつも肌身離さず持ち歩いているよ」という方にとっては、セルラー機能が利便性を大いに発揮できるとは言えないでしょう。

私自身、この5カ月を振り返ってiPhone を持たないのはスポーツジムの場ぐらいであると改めてわかりました。

もし Apple Watch を検討されている方は、セルラー機能は一旦無視していただいてOKです。

では重要なことは何でしょうか。セルラー機能よりも大事なのは「見た目」です。Watch の「ケースの素材」は何が良いか。バンドは何が良いか。この2つの好みをまずは重要視してください。

特にバンドはWatch自体の印象を決定的なものにします。メタルバンドが良いか。それとも革バンドが良いか。あるいはスポーティなバンドが良いか。バンド自体は単品でも販売されています。バンドにも様々な色が用意されていますよ。

まずはWatch をよくお使いになるシチュエーションを思い描いてください。これが最良のWatchを選ぶコツです。

▶︎▶︎ Apple WatchをApple公式サイトで見てみる

さて当サイトではApple Watchを選ぶために役立つ記事をお届けしております。Apple Watchはどのモデルがいいか、次の記事をぜひご一読ください。

▶︎▶︎Apple Watch購入ガイド:38mmと42mmのどちらを選ぶか(おすすめのモデルはこれ) をApple公式サイトで見てみる (当サイト記事)

Return Top