オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

【レビュー】iPhone 7 のスゴイところを3つお伝えします

【レビュー】iPhone 7 のスゴイところを3つお伝えします

Appleが2016年9月16日に発売した新型 iPhone 7 を私は購入しました。

購入場所:Apple 銀座
購入端末:iPhone 7
ストレージ:256GB
カラー:ブラック(ノーマルブラック)
SIMロック:なし

発売当日から本日まで、iPhone 7を触り倒してきました。

20160919iphone7-review

本記事ではiPhone 7の使用感レビューをお届けします。iPhone 7のスゴイところを3つ取り上げます。

iPhone 7にはさまざまなスゴイことがありますが、今回3つのみを厳選してお伝えいたします。iPhone 7の購入を検討している方はぜひ読んでいただきたいと思います。

iPhone 7は「速いのがスゴイ!」

iPhone 7を触ってまず最初に感じること。それはスピードです。

iPhone 7がとてもキビキビしていることは誰もが気がつきます。そしてこれは最も重要な項目であると私は考えています。

思い返すと iPhone 6s は神機でした。この神機種をさらに上回っている感じがあるのは、A10 Fusionのおかげでしょう。AppleによるとA10はiPhone 6より最大2倍高速とのこと。

ベンチマークによると、AppleのA10 FusionチップはA9Xを上回っているそうです。A9XはあのiPad Proに搭載されているチップですが、iPad Proと同等のものが4.7インチのスマートフォンに搭載されているというのは驚きです。

一説にはA10 FusionチップはMacBook Airの速さを上回っているとか・・・。モバイルがコンピュータ業界を牽引しています。

iPhone 7のこのキビキビ動く様を触ってしまうと、もう後には戻れないことに気がつきます。

通信が速い! ストレージが速い!

iPhone 7はさらにLTE通信が速いです。このことについては下記の記事で触れました。

この記事を端的に言いますと、私の試したau回線では iPhone 6sより2倍以上速くなっています

またストレージも高速なものが使われていると聞きます。

これらすべてがiPhone 7の高速化に寄与しています。

私は Microsoft Officeを iPhone で毎日使っているのですが、重たいアプリもサクサク、軽々と動きます。こういうとき、

「iPhone 7に買い換えて本当によかったな〜」

と実感します。スピードはユーザビリティに直結します。

iPhone 7はフェリカだ、ステレオスピーカーだ、Lightning接続のオーディオだ、などと言われますが、そんなことよりもまず、パワフルなパフォーマンスを備えているという基本性能が評価されるべきだと思います。素晴らしい点です。

▶︎▶︎iPhone 7をApple公式サイトで見てみる

iPhone 7は「ホームボタンがスゴイ!」

iPhone 7にして真っ先に気がつくことは、ホームボタンが変更されていることです。iPhone で従来採用されていた物理ボタンが廃止されました。

そのかわり、ホームボタンの箇所に「Taptic Engine」が搭載されるようになりました。この「Taptic Engine」は、MacBookシリーズやMagic Trackpad 2に搭載されているので、Macユーザにはおなじみの機能です。

「Taptic Engine」により、ホームボタンは擬似的な押し込みを再現しています。

iPhone 7のホームボタンは、ホームを押し込むと跳ねっ返りを感じます。この強さを設定で3段階の中から決めることができます。私はいちばん弱いボタンが好みで、こちらを選択しています。

中には「前の物理ボタンの方がいい」というひともいるかもしれません。しかし、私はこのホームボタンにすぐに慣れることでができました。

むしろ「Taptic Engine」によるホームボタンのほうが自然な動きであるとさえ感じます。

ホームボタンが痛むことがなくなったのはすばらしい

従来、iPhoneユーザの中には、ホームボタンをできるだけ使わず、代わりにAssistive Touchを活用するという現象が多くみられたそうです。この日本だけではなくアジア全体に共通するとのこと。

私の記憶では、iPhone 4sあたりまでホームボタンを使っているとユルユルになってしまう傾向がありました。これは本当に残念な経年劣化でした。

iPhoneが高価なアジアの国々ではiPhoneを大切に使う必要があるので、このようなホームボタンの劣化を嫌って、Assistive Touchを使うようになったそうです。

実を言えば、私も物理ボタンが好きでありませんでした。物理ボタンを押す度に緩々になっていくのではないかという心配もさることながら、押し込んだ際の「カチッ」というスイッチ音が好きになれませんでした。

そのため、Assistive Touchを多用しておりました。またAssistive Touchはホームボタンよりも機能的な面があります。iPhoneを使いこなすために、Assistive Touchを活用するのは有効です。

今回のiPhone 7で、Appleが物理的なホームボタンを排除してくれたので、私は喝采を叫びたいほどです。

私個人的な好みを言わせていただければ、もっと柔らかいタッチで反応して欲しいですね。

Taptic EngineはiOS 10全体にも使われれている。

iPhone 7の「Taptic Engine」はホームボタンだけに活用されているのではありません。iOS 10全体で利用されています。

たとえば、設定などのときにスイッチをオンにいれるとき、「トン」という跳ね返りの音がします。

また、さらに画面上部から下部に向かってスワイプすることで、通知を表示させた時も同様のエフェクトがします。

さらに凝っているのはタイマーの設定です。時間を設定する時カラカラまわすのに「トコトコトコ・・・」と振動します。
これらはすべて「Taptic Engine」のおかげです。

iPhone 7 のハードウェアとソフトウェアの融合を実現することで、ユーザエクスペリエンスを高めています。

▶︎▶︎iPhone 7をApple公式サイトで見てみる

iPhone 7は「カメラがスゴイ!」

Apple はもともとはコンピュータを製造する会社としてスタートしました。現在でももちろんパソコン「Macintosh」を作っています。

しかし、スマートフォン「iPhone」の方が大きく認知されていることでしょう。会社全体の売上に占める割合を考えると、Appleは「スマートフォンの会社である」と呼んで差し支えありません。

そして、Appleは世界ナンバーワンのカメラの会社であるという事実は見過ごされてはなりません。このナンバーワンとする根拠は flickr を見てみればいいです。

20160915flickr

https://www.flickr.com/cameras より引用

Flickrコミュニティーにおいて、最も使われているカメラが「iPhone 6」です。そして「iPhone 6s」「iPhone 5s」が続きます。4位にやっと「Galaxy S6」が出てきます。

すなわち、Flickrコミュニティーで最も存在感のあるカメラが iPhone であるということが言えます。

iPhone 7のカメラの新機能について

2016年9月、Apple が発表したiPhoneのなかで力を入れた機能は何かと問われたならば、その一つは「カメラ機能」です。iPhone 7・7 Plus のカメラは劇的に進化しています。

新型 iPhone のカメラ機能は、ポイントが3つあります。

iPhone 7 カメラのポイント1 ƒ/1.8の開口部

iPhone 6sやiPhone6s Plus、iPhone SEではレンズのF値は2.2でした。

新しいiPhone 7と7 Plus ではF値は1.8となり2倍明るくなりました。

iPhone 7と7 Plusは明るいレンズを備えているので、具体的には暗いところでもISOを上げずにシャープな写真を撮影できるようになりました。

「iPhone 7はF1.8のレンズを備えたコンパクトデジタルカメラ」と言い換えてもいいでしょう。

ちなみに他社のコンパクトデジタルカメラに目を向けますと、キヤノンの「PowerShot G5 X」「PowerShot G7 X Mark II」、SONYの「サイバーショット DSC-RX100M3」などがF1.8を備えています。これらは市場で高く評価されているコンデジです。

iPhone 7と7 Plusはこれらを同等の明るさを持つレンズを備えています。F1.8のレンズにより、夜でも綺麗な写真が撮れるようになりました。

iPhone 7 カメラのポイント2  光学式手ぶれ補正

iPhone 6シリーズまでは、光学式手ぶれ補正は Plusモデルにしか搭載されていませんでした。

しかし、iPhone 7からは4.7インチのモデルにも光学式手ぶれ補正が搭載されます。これは大きいですよ〜。

さらに動画撮影時、光学式手ぶれ補正がiPhone 7でも7 Plusでも利用できます。

iPhone 6s Plus の光学式手ぶれ補正はかなり優秀でした。iPhone 6s Plusユーザがとても羨ましかったです。

今年、この補正機能が4.7インチさいずのiPhone 7に降りてきて、私はメッチャ嬉しいです!

私はこの週末、iPhone 7を携えて家族と箱根に旅行に行きました。そこで家族のビデオを撮影したのですが、光学式手ぶれ補正がじつによく効くのです。撮影中も補正効果がよくわかります。

iPhone 7 カメラのポイント3 ディスプレイがキレイ

iPhone 7には、Retina HDディスプレイが搭載しています。これが実に綺麗なのです。旧機種ユーザはすぐに気がつくことでしょう。

Appleは、「iPhone史上最も明るく、最もカラフル」であると呼んでおります。広色域により映画レベルの色、より鮮やかな彩度をユーザに提供しているとしています。

これは決して誇張ではないように思われます。

このディスプレイがキレイであるということは、色に敏感なひとにとってはとても大事なことです。

写真にとって最も大事なことは、撮影者の意図通りの色を表示することです。いかに撮影者が優れた写真を撮っても、見る側のディスプレイがおかしかったら、全く意味がありません。

iPhone 7は質の高いディスプレイを備えており、カラーマネジメント機能を有しております。スマートフォンとして、写真を楽しむのに最も適した環境といって間違いないでしょう。

結論!iPhone 7はスゴイ!

以上、Appleの新型iPhone「iPhone 7」のレビューをお届けしました。

  • iPhone 7はA10が採用されており、キビキビ動きます。その速さはパソコンと同等です。
  • iPhone 7は Taptic Engineにより、ホームボタンやシステム全体が効果的に反応します。
  • iPhone 7は f1.8というハイエンドコンデジに匹敵するような明るいレンズを備え、また光学手ブレ補正機能を搭載しています。さらにRetina HDディスプレイは広域色な色を再現します。

iPhone 7は、近年のAppleの歴史の中でひとつの到達点とでもいうべき製品です。

私の評価は五つ星(★★★★★)です。

久しぶりに興奮する製品に出会うことができました。

このレビューを読んでくださった方がiPhone 7を購入して後悔することはないでしょう。オススメです。

▶︎▶︎iPhone 7をApple公式サイトで見てみる

 

 

(最終更新:2017年9月18日)
Return Top