オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

Apple、わずか3日間でiPhone6s/iPhone 6s Plusを1300万台以上を販売

Apple、わずか3日間でiPhone6s/iPhone 6s Plusを1300万台以上を販売

Appleが本日2015年9月28日、iPhone6s・iPhone 6s Plusをわずか3日間で1300万台以上を発売したと発表しました。

iPhone6s・iPhone 6s Plusは9月25日金曜日に発売されました。

そして土曜日の26日、日曜日の27日の3日間だけで、1300万台もの新型iPhoneを販売してしまいました・・・。これは驚くべき数字です。この新しいiPhoneの第一次販売国は、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、プエルトリコ、シンガポール、英国、米国です。これらの国々の販売台数です。

さらに10月9日(金)からは40の国と地域が追加されます。

全世界で iPhone 旋風が巻き起こっていると言っても過言ではありません。

***

今回、Appleはその技術をふんだんにiPhone6s・iPhone 6s Plusに取り込んできました。

新しいA9チップ、12MPのカメラ、新しいTouch ID、セルフィーに使えるRetinaフラッシュ、MacBookやApple Watchでおなじみの3D Touch。

これらさまざまな技術を一台のスマートフォンにまとめあげ、なおかつ1300万台もの台数を3日間で販売しました。これは並大抵のことではありませんよ。つくづく、Appleは優れた人材を雇っているなと思わされます。

私の知る限り、世の中で最も優れたスマートフォンが iPhone 6s であります。

これまでも当サイトで述べてきたことではありますが、なにか買い物をするならiPhone 6sを優先順位の筆頭にすべきです。

世の中、消費の対象がいっぱいあります。スマホやタブレット、パソコン、スマートウオッチなどなど・・・。そしてデジタルガジェット以外にも、レストランでの食事やら旅行やら洋服やらクルマやら旅行やら漫画やらゲームやらソシャゲやら・・・。

私に言わせれば、そんなものは全て後回しですよ。財布にはいっているお金はまっさきにiPhone 6sの購入費用とすべきです。

iPhone 6sを手に取りじっくりと触ってみれば、この製品の満足度がハンパないことに気がつくでしょう。

そして「ああ、Sohは正しいことを言っていたな」と思われること、間違いありません。

この秋冬のベストバイはiPhone6s・iPhone 6s Plusです。

(最終更新:2015年10月21日)
Return Top