オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iPhone 6sで撮る4Kビデオを楽しむならiMac Retina 5Kディスプレイモデルがベスト

iPhone 6sで撮る4Kビデオを楽しむならiMac Retina 5Kディスプレイモデルがベスト

AppleのiPhone 6s・iPhone 6s Plus は4Kビデオを撮影できます。これまでのiPhoneでは「HDビデオ」しか撮影できませんでしたので、これは大きな進歩です。

この記事では、iPhone 6s・iPhone 6s Plus で撮る4Kビデオについて解説します。

iPhone 6s・iPhone 6s Plus で撮影できる「4Kビデオ」ってなに?

4Kビデオとはなんでありましょうか。なかには、そのような疑問をもたれるかたがいらっしゃるかもしれません。

4Kの「K」は「キロ」であり、すなわち1000を意味します。したがって4Kとは4000を意味します。4Kビデオは横4000前後の解像度に対応したビデオを総称した呼び方です。

iPhone 6s・iPhone 6s Plus で撮影できる4Kビデオは、解像度が3,840 × 2,160 です。その前のモデルので撮影可能なHDは1,920 × 1,080 の解像度ですから、縦と横それぞれ2倍、すなわち4倍の画素数を備えております。

  • 4Kビデオの画素数=3,840 × 2,160=8,294,400画素
  • HDビデオの画素数=1,920 × 1,080=2,073,600画素

4Kビデオは超高精細

画素数がHDビデオの4倍である4Kビデオは超高精細です。驚くべき画質のビデオです。被写体の細かい部分まで描写してくれます。

Appleのサイトにサンプル動画がアップされていますので、ぜひご覧ください。このiPhone 6s・iPhone 6s Plusという小さなスマホがここまでのクオリティの動画が撮れてしまうのかと驚嘆せざるを得ません。

家電量販店などでは専用ビデオカメラが販売されています。これらは相当専門的な知識を備えたユーザ向けの機械であるといえましょう。わたしたち普通のひとびとであれば、ビデオカメラはiPhone 6s・iPhone 6s Plusで十分です。

そして4Kビデオに目が慣れてしまったが最後、HDビデオは荒くみえてしまうことでしょう・・・。これはもう残酷な事実ですが仕方ありません。

もしiPhoneでホームムービーを取っているかたが、iPhone 6s・iPhone 6s Plusを手にしたら、前の世代のiPhone を使いたいとは思わないでしょうね。

4Kビデオを楽しむならiMac 5Kがベスト

このiPhone 6s・iPhone 6s Plusの4kビデオは、もちろんiPhone自体のディスプレイで楽しむことができます。iPhoneにはiMovieと呼ばれる動画編集アプリがありますので、撮ったらすぐに編集してYoutubeにアップしたり、SNSに上げたり、友達に送ったりできます。

しかしiPhone 6s・iPhone 6s Plusは解像度がそれぞれ1334 x 750、1920 x 1080です。せっかく4Kで撮影した動画を小さな解像度の画面でみるのは少々もったいない気がします。

もし4kビデオをフルで楽しむためには解像度が4K対応の装置が必要になります。世の中には解像度が3,840 × 2,160以上のディスプレイを備えた装置が多くあります。

私はiPhone 6s・iPhone 6s Plusの4kビデオを楽しむならば、iMac Retina 5Kディスプレイモデルがもっともよいと考えています。iMac Retina 5Kディスプレイモデルは、製品名に5Kディスプレイとあるように、4K以上の解像度を備えており、なんと5,120 x 2,880ものピクセルを持っているのです。

iMac 5Kの圧倒的な解像度に4Kビデオはぴったりだ

iMac Retina 5Kディスプレイモデルの解像感は圧倒的です。写真も細かいところまでよく写るし、字も印刷物のように綺麗に表示できます。まるで別次元のディスプレイです。

iPhone 6s・iPhone 6s Plusで撮影した4kビデオをiMac Retina 5Kディスプレイモデルではフルに楽しむことができます。これはほかのMacではできません。高性能な15インチのMacBook Pro Retinaディスプレイですら、2,880 x 1,800ピクセル解像度ですから4kビデオよりも小さい解像度なのです。

またiMac Retina 5KディスプレイモデルにはiPhoneとおなじく動画編集ソフト「iMovie」があります。この優れたソフトをつかって、iPhoneで撮影した4kビデオをパソコン上で細かく、丁寧に編集できます。

私はiMac Retina 5Kディスプレイモデルの魅力を発売日より当サイトでお伝えして参りましたが、iPhone 6s・iPhone 6s Plus で撮影した4Kビデオをフルで楽しめるということが新たな魅力のひとつとなりました。

iPhone 6s・iPhone 6s Plus で4Kビデオを撮影したら、iMac Retina 5Kディスプレイモデルでビデオを編集する。これが最良の方法です。

iMac Retina 5KディスプレイモデルをApple公式サイトで見る方はコチラ

Return Top