オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

au版iPhone 5c、iPhone5、iPad mini の通信速度を比較: 5cの驚異的な速さ!

au版iPhone 5c、iPhone5、iPad mini の通信速度を比較: 5cの驚異的な速さ!

現在発売中の iPhone 5s及び iPhone 5c は、日本国内ではソフトバンクモバイル・KDDI・NTTドコモが取り扱っています。なかでも KDDI の iPhone 5s/5c は、ほかの2社に比べて通信速度が速いといわれています。これはKDDIがプラチナバンド 800MHz 帯を提供しており、人口カバー率 97% を誇っているからです。iPhone 5s/5cは800MHz 帯に対応しています。

では、iPhone 5s/5c は iPhone 5 とどれだけ通信速度に差があるのか。じっさいに自分で計測してみました。

通信速度テストの前提条件

今回用意したのは、昨日購入した au 版のiPhone 5c、また昨年購入した au 版 iPhone 5、そして参考用として Verizon 版 iPad mini です。(iPad mini はSIMフリーで、au の nano sim が使えます。)

計測地は 2箇所です。計測地A: 私のオフィス (東京都中央区) で見通しの良いところ (電波の入りが良い)と、計測地B: 私のオフィスの自席(入りが悪いところ)です。

それぞれアプリ Speedtest を用いて、それぞれの場所で3回計測しました。

通信速度テストの結果は・・・

結果は次の通りです。

計測地A: オフィスの見通しの良いところ (電波の入りが良い)

ダウンロード iPhone 5c iPhone 5 iPad mini
1回目 28.74 4.48 3.04
2回目 29.10 4.41 3.37
3回目 28.65 4.91 3.70
平均 28.83 4.60 3.37
アップロード iPhone 5c iPhone 5 iPad mini
1回目 6.16 2.58 1.55
2回目 6.03 2.82 1.59
3回目 5.86 2.97 1.67
平均 6.02 2.79 1.60
PING iPhone 5c iPhone 5 iPad mini
1回目 40 37 92
2回目 39 40 66
3回目 31 33 68
平均 37 37 75

計測地B: オフィスの自席(電波の入りが悪い)

ダウンロード iPhone 5c iPhone 5 iPad mini
1回目 6.06 0.85 2.82
2回目 9.79 0.79 3.18
3回目 9.57 0.62 2.91
平均 8.47 0.75 2.97
アップロード iPhone 5c iPhone 5 iPad mini
1回目 6.12 0.40 1.82
2回目 5.21 0.60 2.21
3回目 5.92 0.46 1.91
平均 5.75 0.49 1.98
PING iPhone 5c iPhone 5 iPad mini
1回目 40 37 71
2回目 40 40 72
3回目 32 33 49
37 37 64

(単位はMbpsです。)
20130925c17

au 版iPhone 5c の圧倒的な速さ!

結果はiPhone 5cの圧勝です。驚異的な速度と言ってもいいです。

計測地A: 電波の入りの良いところでは、iPhone 5c はダウンロードの速度が平均28.83Mbpsをたたき出しています。いっぽう iPhone 5 はダウンロードの速度が平均4.6Mbps、iPad mini は平均3.37Mbpsです。iPhone 5c はざっと6倍から8倍速いという結果になりました。体感でもビシバシ感じます。

いっぽう、計測地B: 私の自席はビルの真ん中らへんに位置し、あまり電波が入りません。悪条件でもiPhone 5c はダウンロードの速度が平均8.47Mbpsであるのに対し、iPhone 5 はなんとLTEが入らず、3Gがやっとこさつながって、ダウンロードの速度が平均0.75Mbps、iPad mini は2.97Mbpsです。いやはや、私の席ではiPhone 5はお話しになりません。席替えを申し出なくてはならないレベルです・・・!

さて下の画像は 計測地A: 電波の入りの良いところに置ける、iPhone 5c のテストの一例です。非常に安定してパケットが流れていることがわかります。
2013092606

テストを終えて〜所感〜

いままで、au の Android 機をお使いの方が「800MHz帯は快適だ」というのを聞かされてきたのですが、今回のテストを実際に自分で行ってみて、そのあまりの違いに驚かされています。プラチナバンドたるゆえんを思い知りました。

今回au版 iPhone 5c でテストしましたが、800MHz帯に対応している au版 iPhone 5s でも同じ結果が得られることでしょう。

お金のことをいえば、au のiPhone 5s/5c でも iPhone 5 でも、LTEフラット料金は定額5985円/月です。どちらのiPhone ユーザも等しくLTEフラット料金を支払っているのに、端末が800MHz帯に対応しているか否かでここまで通信速度が違うことについて、私は割り切れなさを感じてしまうというのが偽らざる心境です。

私個人としては、au版 iPhone 5 ユーザの方はauが配っているクーポン、下取りを利用して iPhone 5s/5c に乗り換えるか、157に電話してLTE契約を解除して、電話専用の iPhone として使用した方が幸せになれるのではないか、と考えます。毎月5985円支払うならば 800MHz 対応機種でないともったいない気がします。

私は iPhone 5 を2台使っており、1台は iPhone 5c に機種変更しました。もう一台の方をどうしようか、いま悩んでいます。当Blogの読者様はいかがお考えでしょうか。。。

(上記テストで用いた結果のスクリーンショットは下記の通りです)

iPhone 5c

2013092603

iPhone 5

2013092602

iPad mini

2013092604

2013092605

→ Apple公式サイトのSIMフリーiPhone 5sはこちらSIMフリーiPhone 5cはこちらSIMフリーiPad mini Retinaディスプレイはこちら

Return Top