オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

【レビュー】iPhone 7は私たちにとって欠かすことのできないデジタルデバイスだ

Appleが2016年9月16日、新しい iPhoneが発売されました。

私はこのiPhoneの「iPhone 7 256GB (ブラック)」をApple銀座で購入しました。SIMフリーモデルです。

購入から2週間が経ちましたが、iPhone 7に魅了されています。何をさせても快適だからです。

iPhone 7は、シャッター音がうるさいなどの欠点があるものの、総じて5つ星の製品であると私は評価しています。

私は、iPhone 7が私たちの生活の中で中核的な役割を担うデバイスであると考えています。

 

20161004iphone7

「神機」iPhone 6sを越す iPhone 7の性能

思い起こすと、昨年2015年9月に発売された「iPhone 6s」は私にとって「神機」でした。

Apple A9やM9、 第二世代Touch ID、新色のローズゴールド、カメラが12MPなどなど様々な魅力が詰まっていたからです。

iPhone 6sをこの1年間ずっと愛用し続けました。満足度はとても高かったです。

そして今年、iPhone 7を購入したところ、iPhone 6s以上の感動がありました。A10 Fusionは速いわ、写真のレンズはF1.8と明るいわ、LTEも高速だわ、と非の打ち所がない基本性能を持っています。ちょっとゾクゾクしますねw

さらに日本の消費者にとって嬉しいことは、モバイル決済のアップデートが約束されていることです。「Apple Pay」の仕組みにSuicaが乗っかります。今月10月下旬にはSuicaがiPhone 7で使えるようになることでしょう。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

様々な魅力を一身にまとったiPhone 7はまさに今「買い」といっていいでしょう。

▶︎▶︎iPhone 7をApple公式サイトで見てみる

iPhone は新型が出たら買うのが私のポリシー

「新型iPhone は、出たら買う」

iPhone 3Gを購入して以来、過去9年ほど私はこのポリシーでいます。つべこべ言わず、買うのです。

例外的にiPhone SEは買いませんでしたし、Plusを選んだ時は無印を選ばなかったり、あるいはその逆だったりしたことはあります。ただ1年おきに新型iPhoneを買っているのが私の購買パターンです。

2008年7月11日、日本でiPhone 3Gが発売されました。「Appleが作った携帯電話が日本で発売される」と聞き、私は発売当日、ソフトバンク表参道の1500人以上の行列に並んで、「iPhone 3G 16GB ホワイト」を購入したのでした。iPhone 3Gは、私にとって忘れられないデバイスです。

翌年2009年6月、iPhone 3GSが出ると聞き、私は発売当日購入しました。触って感じたのは「iPhone 3GSは速い! これは携帯電話ではない。高速なポケットコンピュータだ!」ということでした。

かつて私たちはパソコンのCPUやメモリ、グラフィックボードの速度にこだわっていたことがありました。

しかし、iPhone 3GSに触れてそのスピードを体感した時、ハードウェア性能に対する渇望はパソコンからiPhoneに移ったと私は確信しました。

パソコンの世界は、ゲーマーや動画を扱う人を除き、性能はもう行き着くところまでいった感じがありますが、iPhone は毎年新しい感動をもたらしています。iPhone 7を手にしてなお、まだまだこの製品ができることはあるなと感じさせられました。

iPhone 7こそが私たちの生活の中心的な存在である

iPhone及びスマートフォンは、現代生活を生きる私たちにとって欠かすことことができないデバイスになっています。

パソコンでもなく、タブレットでもなく、フィーチャーフォンでもなく、スマートウォッチでもなく、ゲーム機でもなく、デジタルテレビでもありません。iPhone及びスマートフォンこそが私たち一般消費者にとって中心的な存在になっています。

2000年頃のAppleは「デジタルHub」という概念を提唱し、Macがその中心的な存在になると言う構想を掲げていました。

Macは依然として魅力がありますが、現代の多くの人にとって意味があるのはiPhoneやスマートフォンの方です。

我が国においては、特にiPhoneが人気を誇っています。50%のマーケットシェアを占めていると言われてます。これは驚くべき数字です。

iPhone 7は日本の消費者にますますアピールする要素を備えています。1つはFelica対応。もう1つは耐水・防塵です。

Androidスマホに慣れている多くのユーザも「iPhone、隙がなくなったな!」と感じているのではないでしょうか。

このiPhoneこそが、デジタルHubとしての座にあります。その他のデバイスは全てiPhoneの方向を向いているといっても過言ではありません。

iPhone 7は私たちにとって欠かすことのできないデジタルデバイスです。

iPhone 7は綺麗な写真が簡単に撮れるし、比較的重たいアプリでも軽々と実行できるほどのポテンシャルがあります。ホームボタンも改善され、使いやすくなっています。

AppleはiPhone 7で優れた仕事をやってのけたと私は感じます。このiPhone 7をますます使い倒そうと考えています。そして、iPhone 7 Plusも気になってきましたw

▶︎▶︎iPhone 7をApple公式サイトで見てみる

Return Top