オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

スマートフォンOS別の世界シェア: AndroidとiOSのみで市場の90%以上

アメリカの調査会社IDCが16日、スマートフォンOS別の世界シェアを発表しました。調査対象期間は2013年1〜3月です。AndroidとiOSのみで市場の90%以上が占められていると述べられています。

Android and iOS Combine for 92.3% of All Smartphone Operating System Shipments in the First Quarter While Windows Phone Leapfrogs BlackBerry, According to IDC

IDCによると、スマートフォンOS別の世界シェアのトップは、Google の Androidです。実に75%のシェア。

次は、Apple のiOSです。17.3%。

IDCの記事ではこの二つのOSだけで92.3%ものシェアを占めていることを指摘しています。スマートフォンOSの世界では、Android と iOSが二強です。

この点については、特に新味があるところではありません。従来レポートされていることと変わらずです。

続いて第三位がMicrosoftのWindows Phoneで、3.2%、第4位がBlackBerryのBlackBerryで2.9%。ついにMicrosoftがBlackBerryを抜いたと記事では指摘しています。

IDCの調査マネージャーRamon Llamas氏は、「AndroidとiOS以外のプラットフォームをよく吟味してみると、その他OSに対する需要があるのがわかる」と述べています。

「Windows Phone はノキアの参加により恩恵を受けました。BlackBerryのBB10は100万台出荷しました。これらは数字の上では小さいものの、見逃せない」とレポートされています。

日本においてはWindows PhoneもBlackBerryもプレゼンスは相当低いので実感するのは難しいですが、グローバルでは潮目が変わった第1四半期となったようです。個人的にはWindows PhoneもBlackBerryも是非とも日本で盛り上がって欲しいと思います。(特にBlackBerryはもう一度日本に参入して欲しいですね。)

さてAppleのiOSのハイライトについてです。このレポートの中でIDCは次のように述べています。

「AppleのiOSはiPhoneの多くの出荷台数のおかげで、同社最大の第1四半期はボリュームを記録しました。しかしOSは、市場シェアにおいては前年比で減少を示し、マーケット全体よりも前年比で出荷の伸びが低いことを示しました。iOSは依然として世界中で強い需要があるけれども、iOSのもたらすエクスペリエンスは2007年に登場した初代iPhoneから大きく変わってはいません。ウェブでの噂や推測がiOS7のデビュー時の大幅なUIの改良を予測しているように、iOSのエクスペリエンスを変更する準備ができているようです。」

Apple iOS marked its largest ever first quarter volume on the strength of its iPhone shipment volumes, yet the operating system posted a year-over-year decline in market share and lower year-over-year shipment growth than the overall market. Although demand remains strong worldwide, the iOS experience has remained largely the same since the first iPhone debuted in 2007. That appears ready to change as online rumors and speculation predict a massive overhaul of the user interface when iOS 7 debuts.

***

いよいよ来月WWDCが開催されます。Appleの上級副社長フィル・シラーさんが述べているように、WWDCでは新しいiOSについて披露されます。いったいどんなものがでてくるのか。開発者はもとよりスマートフォンに関心のある一般ユーザも注目しています。

私個人としては、新しいiOSはガラリと変えて欲しいと思っています。AppleはこれまでiPhoneのハードウェアをたくさん改良してきました。噂されている次期iPhoneは、基本的にはiPhone 5を踏襲するのでしょうが、ソフトウェアは全く変わってもいい頃です。

消費者をして「こんな携帯電話、見たことがない!」と言わしめるような、そんな新しいOSの登場をいまからワクワクして待ち望んでいます。 ^^

Return Top