オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

どこでも My Mac を使えば外出先からTime Capsuleにアクセスできる

どこでも My Mac を使えば外出先からTime Capsuleにアクセスできる

どこでも My Mac を使えば、自宅の Mac やTime Capsule、Time CapsuleにUBSで繋いだ外付HDDにアクセスし、ファイルを簡単に手に入れることができます。なんの苦労もいりません。

そもそも「どこでもMy Mac」とは、遠隔地にあるMacをインターネット越しで、画面共有でコントロールする機能で、iCloudが実現しています。先日、Mac から Windows を操作するMicrosoftの「Remote Desktop Connection」を紹介しましたが、いわばそのMac版です。

さらに「どこでもMy Mac」では、Mac のみならず、Time Capsuleの中身をのぞくことができます。これが実に便利なのです。

どこでもMy Macの設定方法

設定は簡単。

1. まず AirMac ユーティリティを起動し、ベースステーション から、どこでも My Mac の設定をしてやります。
201304TCA

201304TCB

2. つぎに Mac のシステム環境設定から iCloud、どこでも My Mac にチェックを入れます。

201304TCC

これだけです。よくぞここまで簡素にしたものです。これぞAppleの真骨頂であります。

詳しくは下記設定マニュアルをご覧ください。

AirMac ベースステーションまたは Time Capsule を使う場合に「どこでも My Mac」を設定して使う

(参考情報)
なお私の環境ですが、フレッツ光のマンションタイプのものを使っています。ルータ: RV-230SEは工場出荷状態にしており、Time Capsule に PPPoE をしゃべらせています。当初ルータ側にその設定をしていて、Time Capsule 側をブリッジにしていたのですが、これではだめでした。

これにより、外出先の Mac の Finder に自宅の Time Capsule とそれに繋いだ外付HDD が現れました。ファイルをいつでもどこでも参照できます。これは素晴らしい。

201304TCD

201304TCE
(外出先から、自宅の Time Capsule にアクセスして、パスワードを入力するところ)

難点はちと通信速度が遅い点。メガバイト単位でちょっと遅くなります。キロバイト単位のファイルをおいておくと威力を発揮しそうです。

しかしその難点を凌駕するメリットが「どこでも My Mac」+Time Capsule の組み合わせにはあります。

***

日本においては、iPhone 5/iPad mini セルラーにおいてiOSデバイスでのテザリングが解禁されました。これは MacBook Air を外に持ち出す大きなインセンティブとなりました。

テザリングしたMacBook AirからLTEを使って、インターネットごしに自宅のTime Capsule にアクセスする。

特殊な道具など、なにも必要ありません。私たちの身の回りにある Mac や iPhone/iPad さえあればこんな夢のようなことがあっさり実現できてしまう。この簡単さに素直に驚いてしまいます。^^

Mac はスタンドアロンでも面白いですが、ネットワークを使いこなすと楽しみが飛躍的に高まります。コンピュータのたのしさの本質はネットワークにあります。

なお私は2009年3月にTime Capsule(第2世代)を購入しました。以来、まる4年経ちましたが、いっこうに壊れる気配がしません。たしかに初代は生産上の問題はあったのかもしれませんが、第2世代以降の Time Capsule は大丈夫ではじゃないのでしょうかね。

私はいまの2GBのTime Capsuleが欲しいですね。

Return Top