オーケーマック

すでに販売中止になったApple Keyboard を修理する方法

すでに販売中止になったApple Keyboard を修理する方法

本記事では、Apple が2007年から2015年まで販売していたApple Keyboard を修理する方法について述べます。

Apple 純正キーボードとしてはMagic Keyboardが販売されている

本記事で取り上げるApple Keyboardはすでに販売中止となっております。まずこの点をご留意いただきたいと思います。

Apple Keyboardの後継機種は「Magic Keyboard」であり、現在Apple が販売しております。

Magic Keyboard (テンキー付き)US配列
Magic Keyboard (テンキー付き)US配列

Magic Keyboardは、単品として販売されているほか、iMac や iMac Pro、Mac Pro にはというワイヤレスキーボードが添付されます。

Magic KeyboardはBluetoothでMacと接続し、Lightning ケーブルで接続・充電が可能です。シザー構造により、快適にキータイプできます。

Magic Keyboardは2015年に発売開始しました。現在はテンキーの付いていないモデルと、テンキー付きモデルがあります。さらにテンキー付きモデルにはスペースグレイのモデルがあります。

私は Macで数字を打ち込むことが多いので、テンキーを重宝してます。

Magic Keyboardで、テンキーのついたモデルは、矢印キーの周りが十分スペースがありきは押しやすいデザインになっています。

▶︎▶︎ Mac用Magic Keyboard(テンキー付き)をApple公式サイトで見てみる

Magic Keyboard以前は Apple Keyboard が販売されていた

この Magic Keyboardの一つ前の世代が「Apple Keyboard」です。iMacのフレームとおなじアルミニウムでできているキーボードです。

Apple Keyboardのパッケージ
Apple Keyboardのパッケージ

また「Apple Wireless Keyboard」も販売されておりました。

これらのキーボードは2007年から販売されておりますが、macOSの変更にあわせて、キーボードも前期モデル・後期モデルがあります。

前期モデルでは、ファンクションキーにExposéとDashboardが割り当てられていましたが、後期モデルはその機能がSpaces とLaunchpadに変更されています。

Apple純正キーボードの中で、私は次の2つを評価しています。

  • Magic Keyboard (テンキー付き)US配列
  • Apple Keyboard(テンキー付き) US配列 MB110LL/B

Apple Keyboard(テンキー付き) には様々なメリットがあります。USB接続なのでMacと確実に繋がります。これは Mac の再インストール時にわりと安心できます。バッテリーの持ちの心配がありません。

Apple Keyboard(テンキー付き、US配列)
Apple Keyboard(テンキー付き、US配列)

Magic Keyboardと同様、Apple Keyboardは打鍵感がよく、自宅でもオフィスでも気に入って使っておりました。(Apple Keyboardの方がストローク深め)

US配列については、個人的な好みであることを承知の上ですが、かな/英数キーがないところが気に入っています。conrtol + スペースで言語ソースを切り替えています。

キーボード配列として、左隅にcontrol・oprion・command と並んでおり、右側には command・oprion・conrtrolと対称性を意識して配置されております。

Apple Keyboardには左隅にcontrol・option・commandが配置されている
Apple Keyboardには左隅にcontrol・option・commandが配置されている

またApple Keyboardには両端にUSBポートがついています。こちらにさまざまなUSB機器を接続することができます。隠れたメリットです。

私が2008年頃に購入したApple Keyboard (US) MB110LL/A(テンキー付キーボード)は 6,400円 (税込)でした。

また後期モデル Apple Keyboard (テンキー付き – US) MB110LL/B は、Amazon.co.jpで3,990円(消費税込)でした。(Apple Storeでの価格は4,800円(消費税抜))

現在の Magic Keyboard は9,800円~ですから、先代のApple Keyboard はかなり安かったです。Apple Keyboard はUSBで線でつながるタイプなので、無線機能が乗っていないため、お安く販売することができたのでしょう。

壊れたApple Keyboard を修理対応してもらった

先日、私の Apple Keyboard (テンキー付き – US) MB110LL/B が壊れてしまいました。

原因は水没です。ウェットティッシュでキー全体を強めに拭いたところ、水滴がキーボードに入ってしまって一部のキーの入力を受け付けなくなってしまいました。

私は私の不甲斐なさを呪いました。

ああ、わずかに湿らせた布で清掃していれば・・・

内部に水分や湿気が入ってはいけないのです。余計なことをしてしまいました。

そこで、Apple のサポートセンターに問い合わせました。こちらの症状を伝えました。

水没で一部のキーが動かないのです。

すると、アドバイザーから修理を受け付けるとの回答がありました。驚きました。私はすでに販売中止となって久しいので、修理は不可能だと思い込んでいたのです。

利用している macOSのバージョンと動かないキーについて聞かれたあと、Apple Keyboardを修理の手続きを案内してくれました。

修理代金の見積もり

品名:Keyboard, Extended, Wired, US(2011)

修理代金:4800円+消費税480円 合計5,280円

修理代金の見積もり
修理代金の見積もり

修理手配の方法は「在宅自己交換修理(お届けした玄関先で交換)」と「店舗持ち込み」があるとのことで、「在宅自己交換修理」を希望しました。

Appleさんにすぐにキーボードを出荷していただき、クロネコヤマトさんが持ってきてくれました。

キタワァー!

Apple Keyboard が生き返りました。いやはや助かりました!

匂いを嗅いでみると、いつものApple製品特有のアレでした。

最後に

Apple Keyboard をいまだに愛用しているMacユーザのみなさんがいらっしゃるかもしれません。

調子が悪いとか、壊れてしまったが再びApple Keyboard を使いたいならば、Apple サポートやApple Storeのジーニアスに相談してみてはいかがでしょうか。5000円ちょっとの修理代金はかかりますが、ちゃんと動作するキーボードを入手できます。

私自身修理できてよかったです。多分最後のチャンスだったのかな、という気がしています。

現行の Magic Keyboardと同様、旧型のApple Keyboard も優れた製品だと私は考えています。これからもApple Keyboardを継続してご利用になりたい方に本記事が役に立てば幸いです。

▶︎▶︎ Mac用Magic Keyboard をApple公式サイトで見てみる
▶︎▶︎ Mac用Magic Keyboard(テンキー付き)をApple公式サイトで見てみる

▶︎▶︎ Mac用Magic Keyboard 英語(US)をAmazon.co.jpで見てみる
▶︎▶︎ Mac用Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 英語(US) – スペースグレイをAmazon.co.jpで見てみる
▶︎▶︎ Mac用Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 英語(US) – シルバーをAmazon.co.jpで見てみる

この記事が気に入ったら「いいね!」


いいね!を550件いただきました。ありがとうございます!
Return Top