オーケーマック

 

【レポート】SIMフリーiPhoneを発売したビックカメラの販売の様子

【レポート】SIMフリーiPhoneを発売したビックカメラの販売の様子

2019年11月22日、SIMフリー iPhone が量販店で販売開始されました。

東京都内においては、ビックカメラ有楽町店・ビックロ ビックカメラ新宿東口店・ヨドバシカメラマルチメディアAkibaでSIMフリー iPhone の取り扱いがあります。

今回、SIMフリー iPhone の取り扱いを始めたビックカメラ有楽町店を訪れたのでレポートします。

ビックカメラでSIMフリーiPhoneを発売開始

▼ビックカメラ有楽町の様子

▼店内に入ると、「Apple SIMフリー iPhone 取り扱い始めました」の文字が。お一人様2台限りと注釈がついています。

▼SIMフリー iPhone の売り場は1階に設けられています。

▼販売されているSIMフリー iPhone は、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11、iPhone XS、iPhone XR、iPhone 8、iPhone 8 Plus です。

▼商品にはそれぞれカードが準備されています。

▼中にはお取り寄せのものも・・・。

 

ビックカメラでSIMフリーiPhoneが販売される意味とは

量販店でSIMフリーiPhoneが販売されることは大きな変化です。

それは、購入時にポイントをもらえたり、量販店のポイントを利用して SIMフリーiPhoneを買えるということだけにとどまりません。

ビックカメラの幅広いお客さんがSIMフリーiPhoneを検討する機会

私がビックカメラを訪れたとき、多くのお客さんがSIMフリーiPhoneのコーナーにいました。気が付いたのは、Apple Storeとは客層が異なること。年配の方が販売員の説明を聞いていました。

もちろんSIMフリーiPhoneは Apple Storeで販売しています。ビックカメラ有楽町店からほんの少し歩けばApple 銀座がありますし、さらにもうちょっと歩けば Apple 丸の内があります。

しかし、ビックカメラにはApple Storeでは見かけないような年齢層のお客さんが多数います。普段 Apple Storeに足をはこばないような年配のおじさんでもSIMフリーiPhoneに購入する機会を提供する大きな変化です。

ビックカメラでは格安SIMを多数扱っている

さらに、ビックカメラでは格安SIMを扱っています。

いまビックカメラでSIMフリー iPhone を購入すると先着500名に IIJmio のeSIMをプレゼントしています。これはApple Storeではなかったサービスです。

Apple Storeでは三大キャリア(ワイモバイル含む)を扱っていますが、ビックカメラではSIMフリー iPhone+格安SIMの提案ができます。これは消費者にとって選択肢が大きく広がることを意味します。

▼ビックカメラ独自の「iPhoneアップグレードプログラム」の案内

ビックカメラのソフマップの買取サービス

またビックカメラは、グループ内にソフマップを有しています。

ソフマップでいま使っている携帯電話を売却して、そのままビックカメラでSIMフリーiPhoneを購入するということができます。Apple公式で売却するよりもお得かもしれませんよ。

ビックカメラならではのお得な買い方

ビックカメラでは多様な支払い方法を利用できます。これはデカイですよ。

選べるお支払い
ビックカメラの選べるお支払い

例えば、私自身はドコモの「d払い」を利用して支払いをすることがよくありますから、ビックカメラでd払いでSIMフリー iPhone を買えるのはありがたいと感じます。

またヤフオクでPayPayのポイントを溜めている人が、PayPayを利用してビックカメラでSIMフリー iPhone を買うこともできます。

このような例は枚挙いとまがありません。消費者にとって最も有利な買い方を利用して、SIMフリー iPhone を量販店で買う選択肢が増えます。

ビックカメラで販売されているSIMフリーiPhoneの価格について

▼ビックカメラで販売されているSIMフリーiPhone 11の価格

▼ビックカメラで販売されているSIMフリーiPhone 11Proの価格

▼ビックカメラで販売されているSIMフリーiPhone 11Pro Maxの価格

▼ビックカメラで販売されているSIMフリーiPhone 8の価格

▼ビックカメラで販売されているSIMフリーiPhone XSの価格

他にも iPhone 8 PlusやiPhone XRの価格表がありましたが、割愛します。

最後に

以上、2019年11月22日にSIMフリー iPhone の販売を開始したビックカメラ有楽町店の様子をレポートしました。

この日、Appleにとって非常に大きな転換点を迎えました。SIMフリー iPhoneがApple Store以外でも購入できるようになったのは重要な変更です。

日本国内においては、三大キャリアによるロック済み のiPhoneが多数売られています。

しかし、今年10月の総務省令により大幅な割引はできなくなってしまいました。MNPで iPhone が一括一円で購入できるのはほぼあり得ません。

キャリアショップではiPhoneが売られていますが、Appleや量販店ではSIMフリー iPhoneが安く販売されています。自分でSIMを入れ替えるので、機種変更の料金も不要です。料金プランも変える必要がありません。

今後は、キャリアショップで機種変更するのではなく、Appleや量販店でSIMフリー iPhone を購入する流れが加速するでしょう。キャリアショップは今後相対的に地位が低下していくことになるでしょう。

MNPによる大幅な値引きが期待できないのは残念ではありますが、SIMフリー iPhoneの普及自体は消費者にとって大きなメリットになります。

ビックカメラ有楽町店などでSIMフリー iPhoneをお得に購入し、音声には手持ちのキャリアSIMを利用しながら、データ用にIIJのeSIMを契約するというスタイルを選ぶ消費者が増えてくると思われます。

SIMフリー iPhoneがどんどん面白くなってくる時代が到来しました。

この記事が気に入ったら「いいね!」


いいね!を540件いただきました。ありがとうございます!
Return Top