オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

「iPhone SE」は小さなiPhoneを好むユーザへの福音だ

「iPhone SE」は小さなiPhoneを好むユーザへの福音だ

Appleが本日2016年3月22日、新しい4.0型iPhone「iPhone SE」を発表しました!

このiPhone SEは、現行のiPhone 6s と極めて似た機能を有しております。4.0インチをこれまで愛用してきたiPhone ユーザはもちろん、6s・6s Plus ユーザも無視することができない製品になっています。

iPhone SEは、iPhone 6sや6s Plusと同じA9 とコプロセッサM9を搭載。現行のiPhone 5s の2倍のスピードと言われております。

さらにグラフィックスは、iPhone 6s と同等です。つまり、iPhone 5s の3倍ものGPUパフォーマンスを持っています。

背面のカメラは12メガピクセルで写真が撮れたり、4Kビデオが撮れたりします。 Live Photos も撮れます。

またより高速なLTEに対応したり、802.11 ac Wi-Fiに対応しております。

色は従来のゴールド・スペースグレイ・シルバーに、ローズゴールドが加わりました。これはとても重要なことです。

またiPhone SEの容量は16GBモデルと64GBモデルが用意されております。

価格は16GBモデルが399 USD (日本の価格は52,800円)、64GBモデルが399 USD (日本の価格は64,800円)です。*いずれも税別

3月24日から注文を受け付け、3月31日に発売が開始されます。

iPhone SEは低価格ながら機能をふんだんに備えている

この新しいiPhone SEですが、私はとても素晴らしいと思いました。まず第一に399USDという低価格であること。日本円でも52,800円で購入できます。

1ドル130円程度なので、少々高く感じられるのは事実です。けれど、iPhone 6s や 6s Plus と比べたならば、3分の2程度で購入することができます。これはとてもいいことです。

それでいて最新のA9が搭載されています。メモリも2GBです。これは驚きです。

iPhone SEの4.0インチの手に収まるサイズ感

iPhone SEで最も素晴らしいと感じるのは4.0インチであること。AppleはiPhone 5sのフォームファクタを変えてきませんでした。

中にはこのデザインを古臭いという人がいるかもしれません。「これは2012年秋のデザインの使い回しではないか!」なるほど、そう主張したがる人もいるかもしれません。

けれど、私はこのデザインで良いと思います。いまだに優れたデザインだと思います。

そしてAppleはiPhone SEの価格を落としてきました。先代のiPhone 5s よりも安くなっているのです。これは素晴らしいですよ。

仮に4.0インチでフォームファクタが変わったら、価格が高くなるのではないかと思います。けれど、筐体はそのままでチップセットを刷新して、ミッドレンジのスマートフォン市場に殴り込みをかけてきたAppleの姿勢は賞賛に値します。

またiPhone SEは重量が113g。それに対して iPhone 5sは112g。たった1gのみ増加しました。ほとんど無視できる程度です。

ユーザ事例:4.0インチサイズは手の小さい人にうってつけ

一つ、ユーザ事例をご紹介したいと思います。

私のブログに毎月イラストを寄稿してくださっているイラストレーターさんと先日打ち合わせを行ったときのことです。

イラストレーターさんは、いまiPhone 5を使っています。そして彼女のお母さんは iPhone 6 を使っています。

過日、お母さんに「ツムツムを進めておいて」と言われたイラストレーターさんはiPhone 6でプレイしていたのだそうです。彼女の小さな手からiPhone 6を何度もポロポロ落としてしまったとのこと。

iPhone 6 の4.7インチのサイズが彼女の手にはどうにも合わないそうなのです。「iPhone 6 は 5 よりも性能がいいかもしれないけれど、手にしっくりくるiPhone 5の方が好きだなぁ」と実感したそうです。

スマートフォンは毎日使うものです。だから、自分が一番心地よいと思うサイズのものから選ぶべきです。

なおイラストレーターさんの絵は下記のページに掲載しております。どうぞご覧ください。

>> オーケーマック「ギャラリー」

iPhone SE に搭載されていない機能について

さて、iPhone SEについて取り上げてきましたが、最新の6sや 6s Plus にはあって、SEにはないものをチェックしておきましょう。

  • Touch IDが第一世代のままであること。
  • 3Dタッチがないこと。
  • 広視野角のためのデュアルドメインピクセルがないこと。
  • 拡大表示/簡易アクセスがないこと。
  • 光学手ぶれ補正がないこと。
  • セルフィーカメラが5MPではないこと。(1.2M )
  • 気圧計がないこと。
  • 4G LTE-Advancedがないこと。
  • MIMO対応がないこと。

iPhone SEは399USDの廉価版であることに注意する必要があります。iPhone 6s は649USDの高価な機種です。250ドル分やすいので、その分機能は落とされています。

とはいえ、それほど気にする必要はないかもしれませんね。Touch IDが第一世代のままなのは気になりますね。

iPhone SE購入前に、このリストは是非ともチェックしておいてください。

iPhone SE のストレージについて

iPhone SEは、ストレージが16GBから始まっています。iPhone はすでに私たちのパソコンのようなものになっています。ここは大きい容量の64GBモデルを求めたいです。

中には4.0インチで128GBモデルが欲しかったという方もいらっしゃるかもしれません。これまでiPhone 4s や5、5s で64GBを使ってきた方は、128GBにしたかった方もいらっしゃることでしょう。残念ですが、ここは妥協しなくてはなりません。

私個人としては、Apple Musicの登場で128GBモデルは不要と感じています。私はもうiPhoneに音楽を入れなくなりました。ただ、ビデオをたくさん見たいとか、撮りたいとかいう方は物足りなく感じることでしょう。

もちろん電話やウェブ、メール中心の方は、16GBで事足りる方もいらっしゃることかと思います。

まとめ:「iPhone SE」は小さなiPhoneを好むユーザへの福音だ

以上、iPhone SEについて取り上げてきました。

iPhone SEは低価格ながら、最新のiPhone 6sの機能をふんだんに取り入れています。

特に4.0インチを今お使いの方は、iPhone SEを検討する価値があります。iPhone 5や5c、あるいはそれ以前の4sなどをお使いならば、iPhone SEはうってつけの後継機種です。手の小さい女性はきっとこのiPhoneが好きになるでしょう。

私はiPhone 6sを使っていますが、小さくて手にぴったり収まるiPhone SEがとても気になっています。

なお、iPhone SEの香港版が以下のサイトから仮予約が始まっています。

▶︎▶︎エクスパンシス「iPhone SE coming soon」

現時点で価格は未定です。このサイトでは仮予約は無料でキャンセルができます。とりあえず私は iPhone SE 64GB ローズゴールドを仮予約しました。

Return Top