オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、
海外版iPhone、iPad、Apple Watchなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

もし史上最高のiPhoneを選ぶとしたら、iPhone 7 ジェットブラックはその筆頭候補に挙がると思う

もし史上最高のiPhoneを選ぶとしたら、iPhone 7 ジェットブラックはその筆頭候補に挙がると思う

iPhone 7 を愛用しています。私が愛用しているのはiPhone 7 のジェットブラックモデルです。

私のiPhone 7は容量は128GBです。SIMフリーであり、キャリアはNTTドコモを使っています。

iPhone 7 は2016年9月に登場しました。もう2世代も前のモデルという位置付けになってしまいました。しかし、いまだに私は大切に使っています。

もし史上最高のiPhoneを選ぶとしたら、あなたは何を選ぶでしょうか?

初代 iPhone を推す人もいるでしょう。「いやいや、iPhone 4 のホワイトが至高だよ」という人もいるかもしれません。「何を言ってるんだい、iPhone XS Max のゴージャスな輝きがナンバーワンですわ」とのたまう人もいるんじゃないかと思います。

私は、といえば、iPhone 7 ジェットブラックを是非とも推薦したいですね。iPhone 7 と iPhone 7 Plus はジェットブラックという特別な塗装方法で製造されました。傷はつきやすいですが、しかし美しさの点では類を見ない出来です。これは iPhone の歴史の中でもそうですし、また他のスマートフォン、あるいはデジタルデバイス全般と比較してもそのようにいうことができると思います。

残念ながら、ジェットブラックの製法は現在は行われておりませんが、しかし私はこのiPhone 7 ジェットブラックが大好きでたまらないのです。

iPhone 7 は軽量で薄く持ち運びにも便利です。私はケースはつけずにそのまんま使っています。傷もまた味であると開き直って楽しんでいます。

iPhone 7を3年前のモデルでしょ、という人もいるかもしれません。しかし、iOS 12の最新バージョンをインストールして使っている私としては、何の不都合も感じません。A10 Fusionチップが非常に優秀なんだと思います。

iPhone 7は日本的な視点でいうと、SUICAも使えます。耐水性能もあります。日本の消費者にとって必要なものは全て入っています。

ただし、iPhone 7は高速充電には非対応です。ワイアレス充電も非対応。この辺りを重視するならば、iPhone 8 を選ぶということになりましょう。

iPhone 7 ジェットブラックは、今では販売されていないのが残念です。またジェットブラックをやってほしいですよ。

 2019年1月3日

この記事が気に入ったら「いいね!」


いいね!を540件いただきました。ありがとうございます!
Return Top