オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iPhone Xの魅力はアニ文字。新しいメッセージ表現の登場だ

iPhone Xの魅力はアニ文字。新しいメッセージ表現の登場だ

Apple が2017年11月3日に iPhone X を発売しました。私はこのiPhone Xを入手し、あれこれ試しています。とても満足度の高い製品に仕上がっていると感じています。

iPhone Xにはさまざまな魅力があります。例えば、全く新しいデザイン。優れたカメラ機能。そして新しい顔認証などなど。

どれも簡単には語りつくせない深い機能性を有しています。

iPhone Xの魅力の一つはアニ文字だ

その中で、私が取り上げたいのは「アニ文字(Animoji)」です。私はこの アニ文字 を触って、かなり大きな衝撃を受けました。

アニ文字 とは、自分の表情をアニメにすることができるアニメーション絵文字のことです。iPhone X には3Dで顔認識をさせるカメラが備わっており、その新技術によりこのアニメ絵文字の作成が可能になっています。

実際にアニ文字を試してみたところ、その表現力の高さに私は驚きました。顔の筋肉の動きをとてもよく捉えているためです。

「完成度が高い・・・。」

手にとって試してみて、この機能が非常に洗練された形に仕上がっているので私は脱帽しました。他社では新機能を生煮えの状態で出してくることがよくあるのですが、Appleのアニ文字はそんなドッグフードのようなことはありません。そこに新鮮な風を感じました。

アニ文字は、メッセージアプリを利用して録画・送信できます。

アニ文字を支える技術について

例えばこんなアニ文字を作ってみました。

*タップすると再生します。

目やまゆ、ほおの動きが、iPhone X のTrueDepth カメラで、高い精度で捉えられています。この表現力を見て、Apple のソフトウェア技術の高さに驚きました。

アニ文字の開発には、もしかしたらディズニーやピクサーの技術者も絡んでいるのではないか、と想像しています。

またこのアニ文字は保存したり、ステッカーにしたりできます。

iPhone のメッセージでアニ文字を楽しもう

アニ文字では細やかな感情表現が可能になります。新しい時代の絵文字の登場です。

自分の顔をビデオにして送るとなるとちょっと抵抗があります。けれどユーモラスなキャラクターに乗せて、アニ文字にして送るならば抵抗感は薄れます。

Appleは過去2、3年、メッセージングアプリに大きな力を注いできました。例えばiPhoneのドック(一番下のエリア)にはメッセージのアイコンが標準状態で設置されています。

メッセージを使えば、通常のテキストメッセージはもちろん、絵文字、写真、ビデオが遅れます。さらにステッカーを添えたり、メッセージエフェクトをつけたりすることもできます。手書きの文字も送れます。位置情報なども遅れます。

iPhone Xの登場で、アニ文字が送れるようになりました。これはとても強力な機能です。

いま多くの人が LINE を使っているようです。確かにLINEは便利なサービスです。Androidユーザが周りにいたりすると、LINE が有用に感じられることもあるかもしれません。

けれど、アニ文字はLINEでは利用することができません。

そこで、私はLINEはサブにして、Apple純正のメッセージアプリをメインで使うことをおすすめします。

特に日本ではiPhoneユーザがとても多いので、メッセージアプリで困ることはそれほど多くないです。メッセージアプリの優れた機能を使わないのはもったいないです。

なお受け手側は、iPhone X ではなくても構いません。iPhone 7でも8でも再生できます。さらに、iOSのバージョンは iOS 10でも再生可能です。

さらに、Apple Watch のセルラーモデルがあれば、iPhone がそばになくてもどこでもアニ文字を受信可能です。

iPhone Xでアニ文字を作成し、メッセージで送る。これほど楽しいことはありません。

アニ文字という新しいコミュニケーション機能をますます楽しみたいと考えています。

 

Return Top