オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

中学生が安くiPhoneを使う方法

中学生が安くiPhoneを使う方法

本記事では、中学生がiPhoneなどのスマートフォンを安く使う方法について紹介します。

私たちが生活を営むにあたり、携帯電話は非常に重要な機器となっています。大人だけではなく未成年者にとってもそうです。

ことに中学生は携帯電話を持っているのが当たり前の時代です。いわゆるキッズケータイではなく、あるいはガラケーでもなく、ハイエンドなスマートフォンです。

電話ができるだけではなく、ウェブを見れたり、写真を撮ったり、ゲームができたり、そしてコミュニケーションツールとして利用出来るスマートフォンに中学生は憧れを抱いているのかもしれません。

ことに、我が国においては iPhone の人気が著しいです。

ただ、iPhoneはお高いです。たとえば NTTドコモでiPhone 6sを購入すると、毎月の料金のイメージは下記の通りです。

20160607docomo

「毎月8,883円」と聞くと、そんなもんかなという気がしますが、年ベースで考えると106,596円です。いくらなんでも中学生には大きな金額だなというのが私の金銭感覚です。

もし私ならSIMフリーiPhoneとMVNOを選ぶ

そこで、iPhone を安く使う方法をお教えいたします。ポイントは2つです。

  • ポイント1:iPhone はSIMフリーのものを選ぶ
  • ポイント2:格安SIMを選ぶ

SIMフリーiPhone はApple公式サイトで購入できます。最新のiPhone 6s、6s Plusやひと世代前のiPhone 6、6 Plus。そして4.0インチのiPhone SEが販売されております。これを買います。

とくにiPhone SEは46,800円から販売されているので、かなり安く、中学生に向いています。

▶︎▶︎Apple公式サイトでiPhoneを比較する方はコチラ

そしてMVNOのSIMを指します。MVNOは幾つか魅力的な会社がありますが、一番のオススメは格安SIMの mineo (マイネオ)です。

mineo (マイネオ)は月額1310円で、音声・データ通知が利用可能です。さらに今なら3カ月×864円(税込)割引です。

▶︎▶︎格安SIMの mineo (マイネオ)の公式サイトはコチラ

まとめ:中学生が安くiPhoneを使う方法

以上、中学生が安くiPhoneを使う方法をご紹介しました。

昨今の中学生はiPhoneをはじめとしたスマートフォンに憧れているようです。生活必需品である携帯電話ですから、これも無理からぬこと。

もしiPhoneをはじめとしたスマートフォンを買うなら、キャリアの携帯電話だけではなく、格安SIMのMVNOにも着目することを強くお勧めします。

中学生ならアタマをつかって携帯電話業界のことをあれこれ調べて見ることです。携帯電話の購入を通じて、現実社会からたくさんのことを学べるとてもいい機会だと私は考えています。

今流行りのMVNOの価格体系を知り、メリットデメリットを調べてみることで、月額料金を最小限に押さえながらユーザとしての便益を最大化する方法を模索してみたら楽しいでしょう。契約とはなにか、中学生にとって生きた教材がそこにはあります。

▶︎▶︎Apple公式サイトでiPhoneを比較する方はコチラ
▶︎▶︎格安SIMの mineo (マイネオ)の公式サイトはコチラ

Return Top