オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDの質感はサイコーだ

【2017年4月9日更新】

Appleが2017年3月25日よりiPhone 7/7 Plus (PRODUCT) RED の販売を開始しました。

人気のiPhone 7/7 Plusに新たな色 RED が追加されました。こちらはスペシャルエディションと銘打たれています。

私は今回、 (PRODUCT) RED なiPhone 7 Plusを注文しました。質感、ハンパないです。

この記事では、iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDを使ってわかった魅力についてお伝えします!

▶︎▶︎iPhone7・iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDをApple公式サイトで見てみる

iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDを開封する

Apple が(PRODUCT)REDな特別エディションのiPhone を出すと聞いて、私は驚きました。

Appleが期の途中で新色を加えたことなどなかったからです。

例外はiPhone 4 のホワイトモデルでしょうか。少し古い話になってしまいますが、iPhone 4 のホワイトが発表されたのは2010年6月でした。しかし、実際に出たのは2011年4月でした。

最初はブラックモデルしか出ておらず、ホワイトモデルを望んでいたiPhoneファンは随分とやきもきさせられたものです。

2017年は iPhone に(PRODUCT)REDバージョンが出るという、サプライズから始まりました。

「なに!? スペシャル版なiPhoneだと?! ポチりますわ・・・」

2017年3月26日、我が家にiPhone 7 Plus (PRODUCT) REDが届いたのです。

REDなApple製品はこれまでiPodやiPod touch、Apple Watchなどで採用されてきました。

RED なiPhoneが発売されたのは今回が初めてのことです。

「もしかしたら、Apple はREDなiPhoneを出してくるかもしれない。」

そのように考えたAppleユーザは決して少なくなかったと思います。

その夢がようやく実現しましたよ!!

PRODUCT REDの印がパッケージに刻まれています。

はやる心を抑えてどんどん開封していきます。

きたわ・・・。

きたわ・・・。

キタワ、iPhone 7 Plus (PRODUCT) RED!!

ヤッベェ〜。この赤色、スッゲーカッケー。

これまでiPhoneはホワイトやブラックが基調でした。そしてiPhone 5cでいくつかのカラフルな色を採用しました。

またiPhone 6以降は、ゴールド、ローズゴールドを採用しました。

どれも人気色であったのは、記憶に新しいです。

しかし、iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDは負けず劣らず素晴らしい発色です。

これ、ケースつけるのもったいないわ・・・。

(PRODUCT) REDは、iPhone 7/7 Plusのジェットブラックのような光沢ではありません。マットな仕上がりです。

AppleのこだわりはSIMトレイにも表れています。

SIMトレイまでこだわるパーソナルデバイスメーカーは、Apple以外にないですよ。本当に。ものづくりの執念を感じますよ。

日本で言うところの「職人魂」をiPhone 7 Plus (PRODUCT) REDに感じます

すごく綺麗なので、傷をつけずに大切にしたいと思いました。

▶︎▶︎iPhone7・iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDをApple公式サイトで見てみる

iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDはiOS 10.3ですごいベンチマークを叩き出した

iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDがリリースしてから2日経った、2017年3月27日、Appleが iOS 10.3をリリースしました。

iOS 10.3には様々な改善機能が含まれています。

そこで、iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDでベンチマークを走らせてみました。Geekbenchというアプリです。

マルチスコアが5958ですと・・・! かなり高いスコアがでました。A9Xを積んだiPad Proよりもはるかに高い数字を叩き出しました。

別にiPhone 7 Plus (PRODUCT) REDの性能が高いというわけではありません。違いは色だけであって、性能は全く一緒です。

今回高い数字が出たのは、iOS 10.3. で最適化が進んだからだと考えられます。大きな要因は、新たに採用されたファイルシステム「APFS」であろうと考えています。

iOSのバージョンも上がったし、iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDは一層快適に使えるようになりました。

まとめ:iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDの質感はサイコーだ

以上、iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDについてお伝えしてきました。

商品到着後、1週間じっくりと触ってみましたが、REDは非常に良い色です。

「なんでこれを昨年9月に出してくれなかったのか」と思いました。

iPhone 7というと、ブラック・ジェットブラックが思い浮かぶ人が多いと思います。

けれど、今回発売されたREDはいいですよ〜。

(PRODUCT) REDなiPhoneを買えば、購入金額の一部が世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)に寄付されます。

私自身、正直にAIDS問題について詳しく知っているわけではないですし、深く考えたこともありません。難病だという程度の知識しかありません。とても意識が低いです。

でも、(PRODUCT) RED製品であれば、商品を購入するという形でチャリティに参加するので、どこかで社会に貢献しているのかな、と思います。

そして、会社の同僚や友人たちと(PRODUCT) REDなiPhoneを話題にしたいです。

「(PRODUCT) REDへの支援活動をAppleは10年以上やってきた。企業の社会的責任として、1億3,000万ドル以上寄付してきた。こんなIT企業がAppleのほかにあるだろうか?

ともあれ、iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDはとても綺麗な赤です。

iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDの質感はすごくいいです。

この記事ではたくさん写真を掲載しました。その魅力が読者の方に少しでも伝わるといいなぁと思います。

私はこれからiPhone 7 Plus (PRODUCT) REDとiPhone 7 ジェットブラックの両刀使いで、iPhoneを楽しみたいと持っています。

iPhone を購入するならば、Apple公式サイトがおすすめです。SIMフリーなので、どのキャリアのSIMを刺しても使えます。話題の格安SIMも使えますよ!

▶︎▶︎iPhone7・iPhone 7 Plus (PRODUCT) REDをApple公式サイトで見てみる

Return Top