オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

Apple WatchのSuica機能で電車に乗れる!快適すぎるよ(笑)

Apple WatchのSuica機能で電車に乗れる!快適すぎるよ(笑)

Appleは2016年9月から新しいApple Watchを発売しました。

この新型Apple Watchは、「Series 1」というモデルを除き、Apple Payで「Suica 機能」が使えます(ただし日本で発売されているモデルのみ)。

SuicaはJR東日本の決済サービス。Suicaがあれば電車や地下鉄、バスに乗れますし、コンビニなどの買い物が簡単にできます。

このApple WatchのSuica機能が、めちゃくちゃ便利なんですよー!

ひょっとするかも iPhone 7のSuica機能よりも便利かも(笑)。

この記事を読んだら、実際に使ってみてわかったApple WatchのSuica機能と、その大きなメリットがわかります。

下はJR品川駅の様子。

20161114apple-watch-suica-2

Apple Watch Nike+で Suica を使ってみた

私は先日、「Apple Watch Nike+」というApple Watchを購入しました。

20161114apple-watch-suica-1

Nikeのデザインがキラリと光るニクい奴。

このNike+モデルでもSuica 機能を使うことができます。早速試してみました!

まず私の iPhone にSuicaアプリをダウンロードします。

アプリ上でSuicaを新規で作成し、あらかじめ登録したApple Payで入金してやります。

するとApple Watchに残額が転送されます。これで準備は完了。めっちゃ簡単です。

そして駅に行きました。改札でApple Watchを近づけると、ピピっと反応して通過できます。とても便利です!

20161114apple-watch-suica-3

腕時計で電車に乗れてしまう・・・。

「あー、ウェラブルデバイスってこういうことだったんだー!」

Apple Watchで Suica を使ってやっと実用的な機能に出会えました。世の中ここまで進化してるのかー。ちょっと感動します。

▶︎▶︎Apple Watch Nike+をNike公式サイトで見てみる

Apple Watch のSuica機能はオートチャージにも対応

Apple WatchのSuica機能は、オートチャージにも対応しています。

私はクレジットカードとして、ビューカードを登録しています。このビューカードを利用すれば、オートチャージできます。

20161114apple-watch-suica-7

オートチェージを使えば、残高が一定の金額以下になった場合、自動的にチャージしてくれます。

これでわざわざ券売機やアプリでチャージする手間が省けます。めっちゃ便利!!20161114apple-watch-suica-8

Apple Watch Nike+は袖で隠れていてもバッチリ反応する

さて、Apple WatchのSuica機能で誤解されていることがあります。

それはApple Watchのディスプレイ面を改札につける必要があるのではないか? という誤解です。

そんなことは全く不要です。手首を返して、Apple Watchを下に向ける必要などありません。

普通に手首を近づけるだけで、Apple Watchは改札にバッチリ反応してくれます。

20161114apple-watch-suica-4

さらに、Apple Watchが袖で隠れていたとしてもバッチリ反応してくれます。

下の写真のような状態であっても問題なく反応してくれます。

20161114apple-watch-suica-6

Apple Watch のおかげで財布やiPhoneをズボンに入れておく必要がなくなった!

Apple Watchで電車や地下鉄、バスを使うようになって、気がついたことがあります。

それは、プラスチックのSuicaカードを持つ必要が全くなくなった、ということ。

これまで私はSuicaカードを財布に入れており、これまでズボンのポケットに入れていました。いわゆる「ケツポケ」していました。

しかし、もはや財布をケツポケする必要が全くなくなりました。

電車に乗るときは、Apple WatchでOKです。飲み物が飲みたくなれば、Suica対応の自販機で買えます。

お昼休みにランチを食べに行っても、レストランはSuica決済に対応しているとことがあります。たいていの事がApple Watchで決済できます。

だから、財布やiPhoneをズボンに入れておく必要が全くなくなりました。財布やiPhoneはカバンの奥にしまっておけばいいのです。

「ケツポケ」がなくなると、めちゃくちゃ快適なんですよー!

このことはスーツを着ているサラリーマンに申し上げたいです。スーツのポケットにはモノを入れる必要がなくなったことで、服が型崩れしないですし、カッコよく見えるようになります。非常に身軽です。

Apple Watch は旧型iPhoneでもSuicaを使える

繰り返しになりますが、Apple Watch にはSuica機能が搭載されています。

Apple Watchには必ず親機として iPhone が必要なのですが、最新の iPhone 7/iPhone 7 Plusが必要ということはありません。

iPhone 5 以降であれば、Apple Watch でSuica機能が使えます。

例えば、iPhone 6 をお使いの方であっても、Apple Watch があればSuica機能が使えます。

オススメ海外版iPhone 7に日本版Apple Watchを組み合わせる

私個人的には、海外版iPhone 7にはApple WatchのSuica機能を組み合わせることをオススメしたいです。

海外版iPhone 7はSuica機能に対応していません。しかし、日本版Apple Watchと組み合わせることで、Suica機能が使えるようになります。

シャッター音の鳴らない海外版iPhone 7のメリットを生かしながら、Apple WatchのSuica機能を楽しむという組み合わせです。

海外版iPhone 7を手っ取り早く入手するならば、秋葉原のショップイオシスがオススメです。香港版が多数販売されています。

▶︎▶︎香港版iPhone 7をイオシスで見てみる

まとめ:Apple Watch のSuica機能について

以上、Apple Watch のSuica機能がいかに快適であるかについてお伝えしました。

Apple Watchは今年、2回生まれ変わったと私は考えています。

まず最初の生まれ変わりは、watchOS 3.0です。Apple Watchは、watchOS 1.0とwatchOS 2.0は使いづらかったです。

しかし、watchOS 3.0では劇的に改善しました。さすが Apple と言ったところです。

そして次の生まれ変わりは、Suica機能の搭載です。この新機能により、手首で決済ができるという新しい価値を提供しています。

いわゆる「おサイフケータイ」を、Apple Watch の Suica機能は凌駕しているのではないか、と私は考えています。

財布やiPhoneはカバンにしまって置けるというのが快適なんです。

Apple Watchは、実に魅力的な変貌を遂げたと言えます。Apple Watchは今が買い時です。

▶︎▶︎Apple WatchをApple公式サイトで見てみる

(なおApple Watch のSuica機能は、旧型のApple Watchや、Series 1では使えませんのでご注意ください。)

ところで、私はApple Watch Nike+を使用しています。こちらの商品は人気で品薄です。Appleの公式サイトでは数週間も待たされます。

けれど、Nike公式サイトであればApple Watch Nike+の在庫があります。価格はまったく同じ一緒。Apple Watch Nike+の購入を検討している方は、ぜひNike公式サイトでの購入がオススメです。

▶︎▶︎Apple Watch Nike+をNike公式サイトで見てみる

 

Return Top