オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

イオンモバイルの「050かけ放題プラン」は1500円で通話し放題

イオンモバイルの「050かけ放題プラン」は1500円で通話し放題

イオンモバイルが、IP電話サービス「050かけ放題プラン」を開始しました。

この「050かけ放題プラン」はIP電話サービスです。IP電話というと、NTTコミュニケーションズの「050 plus」が有名ですね。あれのイオンモバイル版です。

この記事では「050かけ放題プラン」の魅力や料金などについてお伝えします。電話をよくかける方に読んでいただきたいです。

▶▶イオンモバイルの公式サイトを見てみる

「050かけ放題プラン」の魅力

「050かけ放題プラン」の魅力は、電話がかけ放題であること。国内に限定されますが、携帯電話や一般電話へ、いつでも通話し放題です。

スマートフォンで通話をよくする方にとって、この固定料金1500円を支払うことで、通話し放題というのはかなり魅力です。

最近では無料通話アプリが結構浸透しておりますが、両者ともアプリを持っている必要があります。

しかし、「050かけ放題プラン」であれば、携帯電話への通話し放題です。アプリに縛られることなく、自由度が高いです。

この「050かけ放題プラン」は、iPhoneとAndroidスマートフォンにアプリをインストールする形で利用できます。

電話をかける時はこのアプリを起動します。相手はアプリをインストールする必要がありません。

「050かけ放題プラン」はiPadやiPod touchでも利用可能

「050かけ放題プラン」の面白いところはiPadやiPod touchでも通話できるところです。

iPadやiPod touchには電話機能は付いておりません。しかし、IP電話の仕組みを使えば、iPadやiPod touchからでもアプリ経由で電話をかけたり、受けたりできます。

もちろん端末はパケット通信ができる状態であることが必要です。セルラーモデルだったり、Wi-Fiが使えたりすることが必要です。

「050かけ放題プラン」はどれぐらいパケットを使うの?

050かけ放題プラン」はIP電話です。パケット通信を行うことで、音声を相手に届けてくれます。

では一体どのぐらいパケットを消費するのでしょうか?

1分間の通話で約250KB消費します。これを1時間に直すと15MBです。かなり少ないと言えます。

ちなみにYouTubeで8分間ぐらいのビデオを再生すると、だいたい15MBぐらいです。

またイオンモバイルは、契約で決められたパケットを使い切ったり、スイッチで切り替えることで低速モードになります。

この低速モードになった状態でも、通話が可能です。

「050かけ放題プラン」の料金はいくらなの?

イオンモバイルの「050かけ放題プラン」は、オプション費用として1,500円/月で提供されます。

これに基本プランがかかります。イオンモバイルの一番安いプランはデータ1GBで480円/月です。

すなわち、毎月1980円から電話かけ放題の環境が手に入ります。電話をよくかけるという方にとって魅力的なサービスですね!

▶▶イオンモバイルの「050かけ放題プラン」を公式サイトで見てみる

Return Top