オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

iPhone 6 Plus を12ヶ月使ってわかった、良いところ悪いところ

iPhone 6 Plus を12ヶ月使ってわかった、良いところ悪いところ

私はiPhone 6 Plus を2014年9月19日に入手しました。

iPhone 6 Plusを入手して以来、ちょうど12ヶ月が経ちましたので、実際の使用感を述べます。

まもなく iPhone 6s・iPhone 6s Plus が発売されるにあたり、iPhone 6 Plusとはなんだったのかをまとめておきたいのです。まず iPhone 6 Plus に関しての私の結論を述べます。

それは ★★★★★ のプロダクトだということです。iPhone 6 Plusは五つ星です。

iPhone 6 Plusの優れた5.5インチ大画面

iPhone 6 Plusは5.5インチというサイズは使いやすく、大画面の iPhone でみるSafariやアプリは非常に見やすいです。

たしかにiPhone 6 Plusはポケットに気軽に入るような大きさではありません。したがって、気軽に持ち運ぶということはできないかもしれません。いつでも電話を受けたり、iMessageやラインの返信を頻繁にしたい人にはこの点が許しがたいと感じる人もいらっしゃると思います。けっきょくのところ、iPhone 6 Plusはサイズの点で従来型iPhoneとは一線を画すのです。

iPhone 6 Plusの5.5インチの大画面という独自のメリットはそのマイナス点を十分補うと思っています。

iPhone 6 Plusは光学手振れ補正が付いているため、写真をとてもシャープに撮ることができます。その写真を5.5インチの大画面で楽しめる。素晴らしいですよ。

iPhone 6 Plusでの文字入力は、私は shiology 方式の「2本指フリック入力」を採用しています。

「2本指フリック入力」の方法はとても簡単です。iPhoneを押さえる指の各ポジションをひとたび決めたなら、あとは自然と指が動き出します。だから、大画面5.5インチでも文字入力については苦労していません。

iPhone 6 Plusはバッテリーが1.6倍

スマートフォンの性能を決める大事な要素の一つはバッテリーです。地味ですが、ユーザが不満を感じやすいのがバッテリーです。

iPhone 6 Plusはバッテリーはかなり持ちます。私はiPhone 6 Plus1台のみを持って1日を過ごす時、家を出てから帰るまででだいたい50%程度の使用量です。これはすごいことです。

iPhone 5sはすぐにへたって100%なくなるということがしょっちゅうだったので、この大容量バッテリーには大変満足していまあす。

私のiPhone 6 Plusはプチフリーズする

いっぽう気になる点があります。

私のiPhone 6 Plus 128GB はプチフリします。原因はまだ特定するにいたっていません。

iPhone 6 Plusで写真を撮ろうと思ってさっと取り出した時、すぐにカメラモードをオープンすることができないというトラブルに何度も遭遇しました。

このことが私の個体固有の問題であるか、そうでないかは私にはわかりません。

ただ、噂で言われているのは128GBモデルのストレージは、安価なTLC(NANDフラッシュメモリのコントローラーICが不具合を引き起こしているらしいということ。せっかく高価なiPhoneをかったのにプチフリが起こってしまうのは、とても残念なことです。

またiPhone 6 Plusはメモリが1GBです。ちょっと少ないのではないでしょうか。せめて2GBほしいと思います。

iPhone 6 Plusはホライゾンモードが徹底されていない。

iPhone 6 Plus の利点の一つは、ホライゾンモードの採用です。iPhoneのホーム画面がぐるっと横90度に回転します。まるでPSPみたいな感じになります。

ただ、それは幾つかのアプリにおいてのみ有効であり、一貫して横モードが採用されているというわけではありません。これは残念な点だと思います。

私はiPhone 6 Plusを常にホライゾンモードで使いたいのです。ウェブを見たり、メールを書くときだけではなく、電話するときもTwitterアプリを使うときもずっと横モードでつかいたい。

iPadが横向けである程度使い続けられるのと同じように、iPhone もまたホライゾンモードにこだわってほしい。そんな個人的な思いがありました。

しかし、iPhone 6 Plusのホライゾンモードは限定的でした。iOSのバージョンがあがってもやっぱり縦モードがiPhoneの基本です。そこをもっといい意味で逸脱して欲しかったので、とても残念です。とはいえ、私がホライゾンモードにこだわりすぎているのかもしれません。

最後に:iPhone 6sを私が選ぶわけ

iPhone 6 Plusは五つ星のプロダクトであることをお伝えしました。

iPhone 6 Plusのもつ5.5インチは表現力に優れ、バッテリー性能も素晴らしいです。光学手振れ補正もあります。

いっぽう、私のiPhone 6 Plusはプチフリするのが残念です。さらにホライゾンモードをもっと徹底してほしいと感じます。iPhone 6s Plusになれば、このようなマイナス点が潰されることを期待しています。

まもなく iPhone 6s・iPhone 6s Plusが発売されますが、私は4.7インチのiPhone 6sを買います。理由は簡単です。Androidスマホとの二台持ちをしたいからです。

4.7インチの iPhone 6sと、5インチ超の Android スマホを私は選びたいのです。小さなiOSスマホと大きなAndroidスマホという組み合わせが私には良いように思われました。

Android スマホとは、具体的には Google の新しい Nexus シリーズです。今私が使っている Nexus 4 はもう随分とオンボロになってきましたw

5インチの超のスマホとして iPhone 6s Plusを選んで、5インチの未満のAndroidを選ぶという選択肢もありましたが、5インチの未満のNexusはおそらくもう出てこないと思います。

iPhone 6 Plusは素晴らしい端末でした。1年間ありがとう!

(最終更新:2015年10月21日)
Return Top