オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

編集家・竹熊健太郎さんのApple製品を用いた執筆スタイルについて

編集家・竹熊健太郎さんのApple製品を用いた執筆スタイルについて

編集家の竹熊健太郎さんがツイッターで、Apple製品を用いたご自身の執筆スタイルを紹介しています。

iPad AirかMacBook AirにiPad miniを組み合わせて、書きながら調べるという2台体制が竹熊さんの活用スタイルです。

竹熊さんはiPhone 5sもお持ちですが、それよりも一回り大きいサイズのiPad miniをお使いでいらっしゃるのは、スクリーンサイズによる情報量の差だと思います。iPad miniのほうが有利です。

このたびAppleが iPhone 6 と 6 Plus を発表したことを受けて、竹熊さんはiPhone 5s + iPad miniよりも、iPhone 6 Plus のほうが気になるご様子です。

 

 


竹熊健太郎さんは、以前にも喫茶店での原稿執筆スタイルをツイートされていたことがあります。 竹熊さんはiPad miniに外付けのキーボードをつないで原稿を送ったりしているそうです。

やはり外付キーボードなのですね。私も長文を書くならば物理キーボードがよいと思っています。

【追記】

竹熊さんからご返信をいただきました。原稿を書く用途では、大きな画面を持つデバイスがよいそうです。

【追記おわり】

竹熊さんのようなメディアの一線で活躍される方がデジタルデバイス、Apple製品をどのように活用されているかを拝見するのはとても興味深いです。

**

私はビッグコミックスピリッツに連載されていた「サルでも描けるまんが教室」(1989年〜)からの竹熊ファンです。「サルまん」が単行本化される以前、コンビニでスピリッツの連載を立ち読みしていたとき、笑いすぎてお店の床をのたうち回っていたことがあります。

また「ファミ通のアレ(仮題)」も『サルまん2.0』も読んでおりました。多感な頃、竹熊さんに大いに影響を受けました。

そんな24年近く前からファンだった方に Twitter で話しかけられる時代になったとは・・・。ちょっと恐れ多い気がしますけど・・・。

現在、竹熊さんは無料Web漫画雑誌「電脳マヴォ」編集長としてご活躍されており、現代におけるマンガのあり方を最前線で活動されています。

電脳マヴォ : 竹熊健太郎責任編集の無料オンライン・コミック・マガジン

「電脳マヴォ」は私も楽しませていただいております。面白いので、上記リンクから見てみてくださいね!

Return Top