オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

Office for Mac 2016がついに登場! Office 365 Soloユーザが対象

Office for Mac 2016がついに登場! Office 365 Soloユーザが対象

日本マイクロソフトが Office for Mac 2016 のリリースを発表しています。

Office for Mac 2016はかねてから今年夏にリリースするとアナウンスされておりました。今回、Office 365 SoloユーザがOffice for Mac 2016を利用できるとしています。

Office 365 Soloは、マイクロソフトの月額定額サービス。加入者はいつでも最新バージョンのオフィスが利用できます。さらにタブレットやスマートフォンでもOfficeのフル機能を利用できます。

Office 365 Soloに加入すれば一般的なMacユーザにとっては、ノート型Macとデスクトップ型MacにOffice for Mac 2016をインストールでき、さらにiPhone 2台までと、iPad2台まででモバイル版Officeの全ての機能を利用できる、というものです。

office-for-mac

 

前バージョンのOffice for Mac 2011 が出たのは2010年10月のこと。それからおよそ5年弱を経て Office for Mac 2016 が出てきました。

今回のバージョンアップで、Word・Excel・PowerPoint・Outlookが2016と銘打たれております。

Office for Mac 2016 は OS X Yosemiteおよびこの秋にリリース予定の El Capitanに対応。今回、マイクロソフトは、Windowsと同じ機能をMacにも用意したそうです。

また Widowsで作成されたドキュメントを Mac でも同じに様に開けるようにしたとのこと。どこまで再現されるか試しみる必要がありますが、これは気になります。

さらにOffice for Mac 2016 はRetina ディスプレイに対応しています。Office for Mac 2011も対応していますが、Retina対応は部分的でしたから、これは嬉しいです。

Office for Mac 2016がインストールできるMacは下記の通りです。

  • iMac(Mid 2007以降)
  • MacBookの(アルミニウム Late 2008年以降、Early 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Airの(Late 2008以降)
  • Mac miniの(Early 2009 以降)
  • Mac Pro(Early 2008 以降)

新しい Office for Mac は、Office 365 Soloユーザにリリースされております。1ヶ月あたり1,274円の購読型サービスです。また年一括払いにすると12,744円です。これは16%お安くなる計算です。

Office 365 Soloは1 TB のオンライン ストレージ サービス (OneDrive)も付いてきます。

Office 365 Soloを購入する方はコチラ

Return Top