オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

【悲報】「Apertureに関するお知らせ」がAppleから届いた。移行先はどうすべきか

【悲報】「Apertureに関するお知らせ」がAppleから届いた。移行先はどうすべきか

本日2015年3月6日、Appleから一通のメールが届きました。タイトルには「Apertureに関するお知らせ」とあります。

20150306aperture
*クリックすると大きくなります。

Apple の写真管理アプリ「Aperture」は大変優れたソフトです。そのアプリが新しい写真管理ソフト「Photos」がリリースされるに伴い、Apertureが Mac App Storeより買えなくなるという内容です。これは当サイトでもすでにお伝えした内容です。他に新しい情報はなにもありません。

Photosはすでに Public ベータがリリースされておりますから、希望者は無料で試すことができます。その声がチラホラ聞こえてきますが、どうやらかなり出来が良いようです。この春に正式版がリリースされるので、iPhoto ユーザにとっては大変楽しみな内容に仕上がっているそうです。

しかしApeture については、今後のアップデートは不透明です。Appleが何も語っていないので詳細は不明ですが、次期 OS X のリリースではサポートが打ち切られると考えるのは極めて自然です。

Apertureは Apple の作った優れた写真編集ソフトです。その優れたソフトウェアをあっさりとゴミ箱に捨てさろうとするAppleは、Appleらしくていさぎ良いといえば聞こえがいいです。けれど、Apertureが好きでずっと使ってきた私としては実に残念でなりません。

Appleはプロアプリケーションを見捨てて、iOSやコンシューマよりの事業に比重を移しているわけですが、これは決して目新しい内容ではありません。Apertureのディスコンは従来の流れのなかに位置付けられるわけですが、そうはいってもユーザとしては大変寂しい気がしますね。

Apertureの移行先はどうすべきか

私自身、サブマシンの MacBook Airには Photos.app をインストールするつもりです。iCloud Photo を閲覧したいためです。だからPhotos.appはとても楽しみです。

いっぽうメインマシンについては、当面 Aperture でいくつもりです。Yosemite を使っている限り、Apertureは使えます。

しかし、どこかのタイミングで移行しなければならないのが明らかなので、さっさとAdobeのLightroomを全面的に導入すべきではないのか、と考えています。 LightRoomはまもなく新しいバージョンが出るようですので、そちらも気になっています。

なお Apertureはもう間もなく販売が終了します。購入を希望される方はお早めにどうぞ。

ApertureAperture ¥7,800
カテゴリ: 写真, 仕事効率化
販売元: iTunes K.K.

アプリをダウンロード

Return Top