オーケーマック

 

Macや、iPhone 、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。

Adobe、Lightroom CC 2015.2.1 / 6.2.1をリリース。読み込みやクラッシュするバグを改善

Adobe、Lightroom CC 2015.2.1 / 6.2.1をリリース。読み込みやクラッシュするバグを改善

Adobeが2015年10月9日、Lightroom CC 2015.2.1 / 6.2.1をリリースしました。これは10月7日にリリースされたばかりのLightroom CC 2015.2 / 6.2に置いて、読み込みにおけるパフォーマンスの問題や、クラッシュするバグを改善するものです。

Lightroom CC 2015.2 / 6.2をお使いの方はすぐにアップデートすることをお勧めします。

アップデータのダウンロードリンクはこちらです。: Mac | Win

LightroomCC 2015.2 / 6.2がリリースされるとすぐに公式フォーラムにユーザからの怨嗟の声が書き込まれるようになりました。

AdobeはLightroomでユーザが写真データを読み込む際の複雑さを解消したいという問題意識があり、ユーザにとってわかり易い読み込み画面を新たに作り直しましたが、それが仇になりました。

Lightroomの開発責任者Tom Hogartyは謝罪文を公表するという事態にまで追い込まれました。

私自身はLightroom 6のスタンドアロン版を利用しております。Mac OS X El Capitan にてLightroom 6.2にアップデートしたところクラッシュしまくり、面食らいました。6.1.1まではクラッシュすることはまずありませんでしたから。

さらに、読み込み画面があまりにも簡略されており、驚きました。

Lightroomのパワーユーザほど、この変更は受け入れがたいと感じるのではないでしょうか。私自身、Lightroomを6.1.1に戻そうかと考えています。

Lightroomユーザは、Lightroom CC 2015.2.1 / 6.2.1にいますぐアップデートしないことをお勧めしたいです。

Return Top