オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

ApertureがMac App Storeで購入できなくなるとのお知らせが掲載されている

ApertureがMac App Storeで購入できなくなるとのお知らせが掲載されている

AppleのAperture のページにて、「この春にOS X用の「写真(Photos.app)」がリリースされると、ApertureはMac App Storeから購入できなくなります。」とアナウンスされています。

Apertureの終了がいよいよ近づいてきたなという感じがします。Apertureは、Appleの写真管理ソフト。エントリユーザには iPhoto がありますが、よりアドバンスなユーザ、RAWを扱いユーザにはApertureがあります。

私はこのApertureの大ファンです。このApertureを使うがために、Macを買っているといってもいいぐらいです。

Apertureに写真を撮り込みさえすれば、iPhone や iPad のフォトストリームに自動的に入ってくれます。これが超便利なのです。

そのApertureが、OS X用の「写真(Photos.app)」の登場とともにMac App Storeから姿を消すというのはなんとも寂しい気がします。

Apertureは、Apple自身が言うように iPhoto の簡潔さを持ちながら、プロも使える細かい機能が搭載されています。非常に優れたソフトウェアです。

タグをつけたり、お気に入りの写真にレーティングしたりする管理機能や、スキントーンでポートレートを仕上げたりする編集機能などなど、使いやすい機能がたくさんあります。

私自身は、ApertureはAppleの製品を買うインセンティブの大きな一つなのですが、当のAppleにとってみれば「お荷物」ということなのでしょう。

AppleはApertureを切り捨て、いまPhotos.appをどう成功させるかに注力しています。

なおApertureがMac App Storeから購入できなくなるからといって、すぐに使えなくなることはありません。すくなくとも Yosemite では使うことができます。ただし次期OS Xではサポート対象外になるだろうと私は想像しています。

ただしXデーはいつかはきます。

Apertureユーザにとって乗り換え先はどこか。いろいろな選択肢が考えられますが、AdobeのLightroomがベストだと考えます。

まずPhotosはエントリユーザ向けなので、プロ向けであるApertureのニーズを満たすことはできないでしょう。デジカメメーカー各社から出ている現像ソフトもありますが、やはり業界スタンダードのLightroomがいいです。

私も先日よりLightroomの試用版をダウンロードして使っています。いつ本格移行すべきかと考えています。

ApertureAperture ¥7,800
カテゴリ: 写真, 仕事効率化
販売元: iTunes K.K.

アプリをダウンロード
Return Top