オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

Microsoft、Outlook for Macの新バージョンを公開(次期Office for Macは2015年下半期にリリース予定)

Microsoft、Outlook for Macの新バージョンを公開(次期Office for Macは2015年下半期にリリース予定)

Microsoftが本日2014年10月31日、新しいOutlook for Macを公開しました。

新しいOutlook for Macは性能と信頼性が改善されており、ルックアンドフィールは紛れもなくMicrosoft Office です。

このリリースにより、パソコン版Outlook、ウェブ版Outlook、そしてiPadやiPhone、Androidデバイス用Outlook Web App (OWA)においてより親しまれた、一貫性のある体験がもたらされます。新しいOutlook for Macは次が含まれています。

  • 向上した性能と信頼性(これは新しいスレッディングモデルとデータベースの改善に起因するもの)
  • 新しいモダンなユーザーインターフェイス。リボンのタブを移動する際にスクロールと機敏さが改善された。
  • オンラインのアーカイブサポート
  • マスターカテゴリーリストのサポートと、カテゴリーリストへのアクセスを提供する拡張機能
  • Office 365のプッシュ型メールサポート
  • 起動時やメールのダウンロードの際により高速化になった

新しいOutlook for Macは本日からダウンロード可能となっております。ただし、新しいOutlook for MacはOffice 365コマーシャルカスタマーと、 Office 365 Home、Office 365 Personal、Office 365 Universityの購読者に提供されます。いずれも日本未提供です。これはとても残念であります。

またこのブログ記事の中では、Office for Macの次期バージョンについても述べられています。2015年の上半期にパブリックベータがリリースされるそうです。また下半期には最終版がリリースすることを予定しているそうです。Office 365の購読者は次期バージョンを追加費用無しで利用できるそうです。またサブスクリプション式ではないOffice for Macも同時期にリリースるする予定だそうです。

私の見方

次期Office for Macについて、Microsoftによる公式のアナウンスがでてきたということで、大変胸が高まっています!

次期Office for Macは、Word・PowerPoint・Excel に加えて、OneNoteも含まれます。また新しいOutlook for Macももちろん含まれるでしょう。

すんげー楽しみっすわ!!!

私は最近のMicrosoftの動きに注目しています。現在のサトヤ・ナデラCEO、そして前CEOのスティーブ・バルマーによる、これまでのデバイス型製品からモバイル・クラウド型製品への舵取りを明確にしています。Office 365, OneNote, Surfce Pro、Azureなどなど、Microsoftはかなり力を入れています。

ただ次期Office for Macの製品版リリースまではあと半年以上はかかりそうです。それまでは現行のOffice for Mac 2011を使い続けようと思います。もちろんMicrosoft OneNote for Macもね!

Return Top