オーケーマック

 

iPhone 7やiPhone 7 Plus、シャッター音の鳴らないiPhone、白ロムiPhone、海外版iPhone、
格安iPhone、Mac、iPad、Android Nexus、中古スマホなどをトコトン楽しむ
レビューサイト「オーケーマック」です。
徹底的な消費者目線でレビューをお届けします。
ガジェットが世界を制す!!

インプレスの「できるシリーズ」が「OneNoteブックサービス」になる!

インプレスの「できるシリーズ」が「OneNoteブックサービス」になる!

日本マイクロソフトとインプレスが、書籍「できるシリーズ」OneNote形式で電子書籍化した「OneNoteブックサービス」を提供するそうです。

[via OneNoteで「できるシリーズ」解説書が無償で読める「OneNoteブックサービス」 ~電子書籍をOneNoteで読む初の試み – PC Watch]

マイクロソフトのノートアプリ「OneNote」が超便利なアプリであることは当サイトでもこれまでにお伝えしてきました。そのノートアプリのなかで解説書が読める。これはかなり面白い試みです!「OneNoteブックサービス」は11月1日より提供開始されます。下記の5冊が無償でダウンロードできるそうです。

「できるポケット Excel関数全事典」
「できるポケット OneNote 2013 基本マスターブック」
「できる PowerPoint 2013 Windows 8/7対応」
「できる Word & Excel 2013 困った&便利技パーフェクトブック」
「できる Office 365 サービス Office Premium & Office 365 Solo対応」

なお対象となるのは「Office Premium」搭載PCおよび、「Office 365 Solo
」の購入ユーザーだそうです。

これはなかなか美味しいじゃないか・・・と思っていたら、落とし穴がありました。この「OneNoteブックサービス」はWindows版Officeを利用する必要がある点です。ダウンロードファイルはOneNoteの.onepkg形式であり、OneDriveにあげることで他のOneNoteがインストールされたデバイスで利用できるとのこと。

うーん。これ直接OneDriveにマイクロソフト側が放り込むことができなかったのかなあという気がします。

いまモバイルファーストとさかんに呼ばれます。デスクトップよりもモバイル、iPhoneやAndroid, Windows Phone のOneNoteが主体となって、このような面白いサービスを展開したほうが私は良いように思います。

またMac版OneNoteはローカルのOneDriveファイルを扱うことができませんから、OneNoteブックサービスを直接は利用できません。

ただWindowsを中心に使っている人にとってはメリットがあります。「OneNoteを使って電子書籍を読めるようにするというのは、世界でも初の取り組み」とのこと。こういう日本独自の試みは好感が持てます。

OneNoteは非常に良くできたアプリなので、私自身も是非試してみたいと思います。

Return Top